スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
無雙庵枇杷(むそうあんびわ)
無雙庵枇杷にはオープン数日後に訪れました。まだスタッフの方は慣れていない感じでしたが、非常に頑張っているのが伝わってきて好感がもてました。オープンが2005年3月3日ですから、現在はこなれたサービスが受けられると思います。

【宿全体の印象】
古民家風モダンで、非常にセンス良くまとまっていると思います。一言でいうと『地方のお坊ちゃんが故郷に帰省した』という疑似体験ができるといった感じでしょうか。
こちらもあせび野のように、最初から全室露天風呂付客室の宿としてオープンされていることもあり、宿全体に統一感があります。どの部屋からも広がる海が眺められ、ベランダや露天風呂では海風を感じ、心地よくすごせます。しっかりとしたコンセプトをもってオープンした宿だと思います。


↓一番上の写真は部屋からみた海の景色です。

biwa1


biwa2



【部屋】
平屋タイプ5室と吹抜けメゾネットタイプ3室になっています。
私は平屋タイプの橙に宿泊しました。広さ、過ごしやすさ等、部屋が素晴らしい所がこの宿の最大の魅力だと私は思っています。箱根にある有名な宿のように、部屋の種類が色々あるのも良いかもしれませんが、どこに泊まっても趣きが違うだけで、そこまで差がなく満足が得られる感じがするのも私は好感が持てました。

【温泉】
○泉質等
泉質:塩化物泉
感想:前日雪が降ったのでぬるかったのですが、なめらかでまぁまぁでした。ぬるくなければ良かったと言えたかなぁ~と、断定できない微妙な感じです。
  
○風呂の種類
「部屋付露天」
深さ、大きさ等ちょうど良く、すっぽり収まる感じでした。やっぱり私はあせび野と比較してしまうのですが、あせび野は目と耳で楽しむのに比べ、こちらは目で楽しむ露天と言えるでしょう。あせび野の渓流のせせらぎのように、波の音を楽しむことはできないけど、開放感はこちらの方があると思います。

「貸切露天」
・かっぱのあつらえ
 御影石の湯舟です。
・てんぐのふくべ
 岩の湯舟です。

※大露天風呂はありません。
※気になったこと
 どのお風呂も「源泉掛け流し」らしいのですが、貸切露天が塩素くさく感じました。泉質が塩化物泉だからそのように感じるということはあるのでしょうか。宿に確認したわけではないので、塩素が絶対入っているとは言えません。気になる方は確認されると良いかもしれません。

【食事】
個室のお食事処でいただきます。可もなく不可もなくといった感じです。月替りの創作懐石料理なので、行く時期により感想は違うかもしれません。お刺身や鯛飯は美味しかったです。ただ前菜が普通で、メインが烏賊の鍋ということもあり少々寂しかったです。
ただ、現在もやっているかわかりませんが、朝食はうれしい点が1つありました。干物の魚の種類が選択できるところです。スタッフの方が実物を持ってきて、どれにするか聞いてくれるのです。土肥という海の近くならではの気の利いたサービスだと思います。

【これがうれしい】
○貸切露天での牛乳飲み放題
貸切露天の脱衣所には何本か牛乳とコーヒー牛乳が置いてあり、自由に飲めるようになっています。天然水や麦茶より私はうれしかったです。すっきりするのは天然水や麦茶なんでしょうけど、何といってもお風呂=牛乳という感じが良かったもので。
○滞在可能時間の長さ
チェックインが14:00~でチェックアウトが11:00までと、普通の宿より1~2時間くらい長く滞在できます。上述した素晴らしい部屋で沢山時間を過ごせ、部屋付露天に浸かれるというのはうれしいです。

【総括】
上述したように素晴らしい所が沢山ある宿です。ただし、他人に勧めるのに引っかかる所がある宿でもあります。それはソフトで少々満足できない所があったからではありません。ここにはそれを打ち消してくれる素晴らしいハードがありましたから。
では何に引っかかっているかというと、『料金設定』です。
同プランで休前日料金が平日より30~40%アップ(例-平日:26,400円/休前日:36,900円-4人宿泊の場合)というのはどうかと思います。普通10~20%ぐらいのアップでしょう。休前日と平日の料金が同一価格の宿というのは少ないかと思いますが、あまりにも価格差があるとサラリーマンのように休前日しか宿泊できない人間にとっては、足元をみられているような気がしてしまいます。
昔は平日と休前日料金が違うのは変だなと思っていましたが、現在では休前日料金が正規料金で平日はサービス料金なのだと思うことにしています。というより、実際そう感じることができる宿があるのです。そういう考えを持っていても、この金額の差はないと思ってしまいます。他の人はどう感じるかわかりませんが・・・。平日料金をかなり安くしてくれていると考える人もいるでしょう。

私はこの宿に頑張って欲しいと宿泊時に思っていました。それはスタッフの方、特に女性でエステも担当して、朝には新聞も配っている方の頑張り、ホスピタリティー精神には感動しました。正直、体がもつか心配したくらいです。しかし、この『料金設定』や『個別の部屋を指定する場合、3,150円×人数分の別料金をとるということ』からオーナーに疑いの目を持ってしまい、今はそういった気持ちが薄れてしまっています。

ただ、オーナーの宿に対する思い入れが非常に素晴らしいから、ハードにもそれが反映され、ソフトだってある程度の満足が得られる宿になっているのだと思います。全8室だけのあれだけ豪勢な施設で利益をだすのは非常に難しいことだと思います。貸切温泉を有料にしていないことから、単純に金儲けからではないとも考えられます。ならば、もう少し違うやり方があるのではないかと思うのです。今後、『料金設定』については改善を期待しています。

あと、『料理』について一言。『料理』は人気のある温泉宿としてはややパンチが足りない感じがしました。まだ、これぞ温泉宿の料理というやや荒削りな料理の方が良いかなと思ってしまいました。

こうしたことから『総合的におすすめ』ではなく『部分的におすすめ』にしました。こういった部分が気にならなければ十分満足できるお宿だと思います。

追記1
義母の都合上、私は平日に宿泊したため休前日料金を後から知りました。
追記2
念のためですが、他の『部分的におすすめ』の宿について『料金設定』に疑問を感じていません。ここをもう少し頑張って欲しいという部分があるのは確かですが・・・。

【宿情報】
無雙庵 枇杷
住所-〒410-3302 静岡県伊豆市土肥259-1
連絡先-TEL.0558-97-3123 FAX.0558-97-3124
公式Webページ-http://www.izu-biwa.jp/

アクセス
*車
沼津IC~三島(R1経由)~修善寺(R136・伊豆中央道・修善寺道路経由)~土肥約80分
*電車(新幹線等で三島駅到着後)
三島駅~修善寺(伊豆箱根鉄道約35分)~土肥(バス約50分)

宿泊料金等は宿に直接お問い合わせください。
※G/W、お盆、年末年始、週末、季節、花火大会等で料金が変わります。最安26400円~5万円代と様々(確か花火大会の時はもっと高値だったような・・・)

**************************
2006年8月27日に一部文章を変更させていただきました。
**************************
スポンサーサイト
2006/08/27(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (8) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
--はじめまして--

はじめまして。
無雙庵枇杷の記事、興味深く読ませていただきました。
今、友達と温泉旅行を計画中ですが、無雙庵枇杷も候補の1つです。
是非参考にさせていただきたいと思います。

その他の記事もこれからじっくり読ませていただきますね^^
by: さくら * 2006/09/03 17:29 * URL [ 編集]
--さくら 様--

コメントありがとうございます。
無雙庵枇杷の記事は、ちょっと嫌な文章になっていたかと気になっていたのですが・・・。
ご参考にしていただけること、本当にうれしく思います。また、ネット上で無雙庵枇杷は賛否両論ですから、他の情報と合わせてご検討されると良いと思います。

明日、さくらさんのブログも読ませていただきますね。
これからも宜しくおねがいします。

by: ユルネバ * 2006/09/04 01:14 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、はじめまして。
さくらさんとひまわりさんのブログからきました、
くじらといいます。
37で去年までサッカーをやっていましたよ。
何気に共通点が・・・
枇杷について読ませていただきました。
ずっと行きたいと思っていた宿なのでとても参考になりました。
金額については、私も?と思っていたんです。
伊豆に泊まりに行った帰りに、土肥まで足を延ばしてパンフレットをもらいに寄ったこともあります。
修善寺の菊屋に行ってからは、
私の中では下火になっちゃいましたけどね。
でも、温泉に浸かりながらの夕日はいつか見てみたいとは思っています。
これからも顔を出させていただきますので
よろしくお願いします。
by: くじら * 2006/12/09 09:37 * URL [ 編集]
----

くじらさん、はじめまして。ユルネバです。

サッカーやってらっしゃったのですか!!
サッカー、私はサークルレベルで、実は昨年までフットサルを5年くらいやっていました。

“去年まで”というのも偶然ですね。
私はキーパーをやっていたのですが、毎週行けなくなってから反応が鈍ってきて納得のいくプレーができなくなりまして・・・(年をとったからという説もありますが)

枇杷の金額、やっぱり“?”となりますよね。
『休前日料金設定』や『個別の部屋指定時に、3,150円×人数分の別料金をとるということ』はどうじても納得がいきません。

くじらさんは「菊屋」に行かれたのですね。やっぱり良いんですね!!
ずっと気になっているのですが、車での遠出を自粛してから伊豆方面に最近足が向かなくなっていまして・・・。やっと行っても良いかなと思ったら、(初心に帰るではないですが)「あせび野」に再訪してみたくなってしまいまして。いずれ行ってみたいと思っています。どこかお勧めのお部屋があったら是非教えてください。

ではまた遊びに来てください。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
by: ユルネバ * 2006/12/09 15:41 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、こんばんは。
びっくりです! 私もキーパーだったんです。
元々は違ったんですが、チームの事情でキーパーになって10年くらいやってました。
地元と神奈川県の社会人リーグでやってたんですが、
今は頚椎椎間板ヘルニアでできなくなってしまったんですよ。
今は彼女と温泉に行くのと、友達と格闘技観戦が趣味ですかね。
温泉はまだそれほど多く行っていないのですが、
これからもいいところを探して行きたいと思ってます。
あまり高い所は行けないですけどね。
でも菊屋の離れはまた行きたいです。
by: くじら * 2006/12/09 23:48 * URL [ 編集]
----

くじらさま

ユルネバです。なんと、キーパーつながりですか!
しかし、社会人リーグとは・・・参りました。
キーパーは本当に腰に負担が来ますよね。

我が家(私と妻)の温泉旅行は、
当然のことながら同じ財布から経費を出費するため
×人数分で家計が堪えうる範囲の予算で
宿選びをしております。
1~3万円台といったところですが、3万も後半となると
2倍にしたときの総額に泣きが入ってくるので(笑)
なるべくコストパフォーマンスの良い宿を探しています。
コスパの点では、
四万温泉「積善館」や小豆温泉「花木の宿」が
素晴らしかったという印象があります。

くじらさんからのおすすめ情報がありましたら
また教えてください。
(菊屋は、くじらさんのおすすめにより
気になっていた度が倍増してしまいました…)

お互いこれからも良い宿にめぐり合えると良いですね。

追伸
格闘技は総合ですか?立ち技、寝技とか種別系ですか?私はそこまで詳しくないですが、プライドの放送がなくなってちょっと寂しいです。
by: ユルネバ * 2006/12/10 12:17 * URL [ 編集]
----

キーパーつながり珍しいですね。
格闘技ですが、総合が一番好きで、プライドはほぼ毎回観戦に行ってます。
当然大晦日もさいたまに行ってきますよ。
スカパーでも毎回録画してます。
コストパフォーマンスのいい宿がやっぱりいいですよね。
それでたまには高めの宿に行けたらと思ってます。
私もこれから×人数分になるので…
by: くじら * 2006/12/10 15:00 * URL [ 編集]
----

こんばんは。ユルネバです。
ハマーさんのブログで拝見しました。ご婚約されたのですね、おめでとうございます!!!!!

夫婦で旅行にでるというのは、レジャーを楽しむという以外の利点もあります。
例えば、夕食・朝食づくりや、風呂掃除などから開放される、人にサービスしてもらいお風呂でゆっくり寛ぐことができる・・・などなど。
ただ、難点は懐がいたむことですね~(笑)。

格闘技の件ですが、今年の大晦日楽しみですね。
個人的にはヒョードルとミルコの対戦をもう一度見たいのですが・・・。
あとシウバ対吉田も。
私は海外で試合をしていた時の須藤元気が大好きでした。腕をとる時など普通の人がやれない感じがあって。ユーチューブでも見ることができたので、何回も見てしまいました。

と、すみません。サッカーと格闘技の話をするとついつい長くなってしまうので、これくらいにしておきます。

ではまた遊びにきてください。
by: ユルネバ * 2006/12/10 23:16 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/8-acb05b46
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。