スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
さわんど温泉 渓流荘しおり絵 探訪記その10
本日は夕食についてリポートします。
(体調を崩していまして更新が遅くなりすみません)

まず夕食自体の前に食事処の雰囲気から。
しおり絵の食事処は部屋毎にブースわけされているようになっています。
渓流荘しおり絵 夕食 食事処


他のお客さんが見えるのですが、結構落着いて食事ができる雰囲気です。逆にこういった方が騒ぎづらいのかもしれませんね。話は聞こえてきますがそんなに気にならないでしょう。

その部屋毎にわかれた食卓の上にはそれぞれ花が飾られています。
渓流荘しおり絵 夕食 食卓の花


もちろん、生花です。ちょっとした心遣いがうれしいですね。

次にお品書きの写真を。
渓流荘しおり絵 夕食お品書き


ちょっと見えづらいかもしれませんが、真ん中に絵が描かれていて、その周りに夕食内容が書かれています。こうしたことからもこの宿の暖か味を感じました。
では食事自体のリポートに入ります。

まず前菜から。
渓流荘しおり絵 夕食


内容は左から「沢蟹 黒胡麻麩」「衣かつぎ雲丹焼」「天子南蛮酢」「軽井沢印元胡麻醤油」「冷し夕顔 梅肉」「バイ貝エスカルゴ風」です。どれもとても美味しかったのですが、私は特に“黒胡麻麩”と「バイ貝エスカルゴ風」が美味しかったです。後者は和風でなく意外でしたが、とにかく美味しい。

次にお造里です。
渓流荘しおり絵 夕食


「岩魚の叩き」です。新鮮でプリプリしていました。川魚の臭みは全くなかったです。あまり付け合せで見かけない南瓜の千切りも美味しかったです。

お椀です。
渓流荘しおり絵 夕食


「甘鯛東寺蒸し」です。上品な味でした。中の甘鯛がそこまでしっとりとしていなくて、お出汁と一緒に食すと丁度良い感じがしました。

焼物です。
渓流荘しおり絵 夕食


「大鱒香草焼」です。セロリっぽい香りがしました。実は妻がセロリが苦手なのですが、これは非常に美味しいと食していました。言葉ではうまく表現できないのですが、この香草の香付けが絶妙で、もっと食べたくなるような後味でした。食べれば食べるほど美味しくなってくるのです。

次は地物料理です。「千代幻豚の角煮」か「信州の和牛の蕗味噌焼」を選択することになっていました。チェックイン時にどちらかを決めました。ではまず「信州の和牛の蕗味噌焼」から
渓流荘しおり絵 夕食


蕗というとちょっと苦味があると思っていたのですが、そんなことはなく、さっぱりとさせるのにコクは残してくれる絶妙なアクセントを牛肉に添えてくれました。この料理は本当に美味しかったです。

では「千代幻豚の角煮」です。
渓流荘しおり絵 夕食


こちらはちょっと残念でした。このもの自体は美味しかったのですが、豚肉自体の美味しさがわからないものになっていたのです。プラチナポークとかイベリコ豚なんかだとローストにして味付けは塩だけというのがよくあると思います。そうするとその美味しいとされる豚肉自体の味の違いがよくわかるわけです。そういったものがこの料理にはなく、ただの美味しい豚の角煮になってしまっていた、若干味も濃かったですし。豚好きとしてはちょっと残念でした。

凌ぎのお蕎麦です。
渓流荘しおり絵 夕食


「女将の手打蕎麦」です。これがウマい!!信州で手打蕎麦を何度か食べたことがあるのですが、それよりウマい!!正直ビックリしました。

次に揚物です。
渓流荘しおり絵 夕食


「季節の天婦羅」です。内容は「三つ葉・金時草・ヤングコーン・ズッキーニ・赤紫蘇・つるな・うどの花」です。どれも美味しかったのですが、若干冷めている品がありました。直ぐに運んでくれていると思うのですが、薄い小さいものだと直ぐ冷めてしまうのかと。写真を撮っている間に冷めたのかも・・・ということで直ぐに食べましょう。

酢の物です。
渓流荘しおり絵 夕食


「順才の酢の物」です。絵には“飲む酢の物”と描かれていました。ということで行儀悪くジュルジュルと二口で全て口に運び味わってみました。酸味が丁度良く口の中がサッパリとするのですが、後味が残りません。絶妙でした。

食事です。
渓流荘しおり絵 夕食


「蓮根と茗荷の御飯」、「みそ汁」と「香の物」です。「みそ汁」と「香の物」は普通です。「蓮根と茗荷の御飯」は凄く美味しかったです。正直茗荷と梅肉はあまり得意な方ではないのですが、これは本当にうまい!!

しかもこんな感じでおかわりを出してくれました。
渓流荘しおり絵 夕食


これを全部二人でたいらげてしまいました。

あとあまりに女将の手打蕎麦がうまかったので、追加料理で蕎麦を揚げた物を頼みました。
渓流荘しおり絵 夕食


これは美味しいけど、普通の蕎麦の方が良いかなと。蕎麦をおかわりさせてもらえば良かったかと思いました(できるかわかりませんが)。

ではデザートです。
渓流荘しおり絵 夕食

渓流荘しおり絵 夕食


「水菓子」です。季節の果物と本日のデザートということで、スイカとブルーベリーのシャーベットがでました。スイカを私は苦手としているので感想はなしとして、シャーベットは普通です。可もなく不可もなくといった感じです。

最後に朝食等に関するアンケートです。
渓流荘しおり絵 朝食等アンケート(夕食時)


朝のおめざに「牛乳」か「コーヒー牛乳」のどちらか、また朝食時の卵料理を「生卵」、「温泉卵」、「玉子焼き」のどれにするかを選択できるようになっています。
これもうれしいサービスです。

次回は夕食時のお酒などについてリポートします。


※『渓流荘しおり絵』その他の探訪記へは下記からどうぞ。2006年11月22日追記


宿の印象について(探訪記1へ)

パブリックスペースについて1(探訪記2へ)

パブリックスペースについて2(探訪記3へ)

和室全体について(探訪記4へ)

書斎風スペースや洗面等について(探訪記5へ)

備品などについて(探訪記6へ)

露天風呂について(探訪記7へ)

貸切風呂について(探訪記8へ)

部屋付露天風呂について(探訪記9へ)

夕食時のお酒などについて(探訪記11へ)

食事(朝食)について(探訪記12へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記13へ)


スポンサーサイト
2006/11/18(Sat) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (0) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/77-d28c2361
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。