スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
小豆温泉 花木の宿 探訪記 その4
本日は離れの和室と備品や設備等をリポートします。
離れの和室は10畳あり、4人でもゆったりできると思います。
では、写真を見てください。

花木の宿 離れ 和室


やはり民家をイメージした簡素な感じで、非常に落着く良い雰囲気です。簡素というのは無駄なものがないという意味で、必要十分な仕様となっています。離れ自体のつくりは結構重厚感があり、包まれる感じがします。だから落着くのかもしれません。

別の角度からの写真もアップしておきます。
花木の宿 離れ 和室


本当にシンプルで気が休まります。

板の間と同様に屋根の構造をウマく使い、天井が高くなっています。
花木の宿 離れ 和室 天井


天井が暗い色なので暗く感じるのではと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。下の写真を見てください(ちょっとピンボケですが)。

板の間から和室を撮影した写真です。
花木の宿 離れ 板の間からみる和室



右斜め上に大きな窓があるのが見えると思います。ただ、天井を高くとるのではなく、2階の高さから光が差込むようにしてくれているのです。これも部屋の雰囲気を良くしている要素だと思います。照明の明るさではなく自然の明るさだからリラックスできるのです。

次に備品や設備等についてです。
まず、スリッパです。
花木の宿 スリッパ


あせび野と同じ様な感じです。やっぱり自分専用の履物は喜ばれるのでしょう。ただ、冬は寒いのでちょっと厳しいかもしれません。そんな配慮からか、サンダルもあります。

花木の宿 サンダル


風情がないサンダルですが、下駄など転びそうになる履物より良いと思います。宿の中はちょっとアップダウンがありますから。年配の方にはこの方が良いでしょう。

それからアメニティーです。
まず女性用から
花木の宿 アメニティ(女性)


普通といえば普通ですが、宿泊料から考えると頑張ってる感があったので掲載しておきます。

男性用です。
花木の宿 アメニティ(男性)


洗面や浴衣、タオル類は普通ですが、写真だけアップしておきます。
花木の宿 洗面


花木の宿 浴衣など


花木の宿 タオル類



部屋の清潔さ、囲炉裏部屋+和室の組合せ、アメニティーの品揃えから、宿泊者の満足度をいろいろ考えて運営されている宿であると感じ、その心意気に感激しました。

次回から、温泉についてリポートします。


※『小豆温泉 花木の宿』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。2006年10月29日追記


宿の印象について(探訪記1へ)

パブリックスペースについて(探訪記2へ)

板の間について(探訪記3へ)

大浴場等について(探訪記5へ)

露天風呂について(探訪記6へ)

部屋付露天風呂について(探訪記7へ)

食事(夕食)について(探訪記8へ)

食事(朝食)について(探訪記9へ)

この宿のうれしかった点(探訪記10へ)

スポンサーサイト
2006/10/22(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
--こんにちは。--

ユルネバさん、こんにちは。
花木の宿も、暖かみのある宿っぽい雰囲気ですね。
お写真を拝見する限り、コスパにも優れているよう
ですね。お部屋も落ち着いた感じですし、天井が
高いお部屋は気持ちよいので、個人的には好き
です。福島方面には、ほとんど行ったことないので
行く際には参考にさせていただきたいと思います。
私は、1万円台の宿から高級宿と言われている宿
まで行くタイプですが、高いからといって満足度が
高い訳ではないので、自分に合う宿を見つけた時は
喜び倍増です。冬になると素朴な宿に行きたくなり
ます。長野好きな私は、なごみ野・桃山あたりを
検討しています。
by: フィガロ * 2006/10/23 11:36 * URL [ 編集]
--こんばんは--

フィガロ 様

こんばんは、ユルネバです。
フィガロさんの“自分に合う宿を見つけた時は
喜び倍増”、“高いからといって満足度が高い訳ではない”、激しく同意です!!そうなんですよね~~。
あせび野にはじまり、幾つかの宿に宿泊して本当にそう思いました。コンセプトやホスピタリティーなど色々あるのでしょうけど。宿泊料が結構高い宿で、もう二度と行かないと思った宿も幾つかありましたから(探訪記は記述しませんが・・・)。

私も1万円台の宿から高級旅館(3万円ちょっとが限界ですが・・・)まで、口コミ情報や、写真等での雰囲気、雑誌などを参考にして宿泊しています。
『花木の宿』はまさに自分に合う宿でもあり、非常にコストパフォーマンスの高い宿だと思います。
後日リポートしますが、中華料理というのもなかなか良かったですし。

なごみ野、先ほどWebサイト見ました。
15室しかないのに貸切風呂入れて7つもあるし、料理が自慢ときて、2万円を切るのは凄いコスパ高い気がしますね。妻がここは評判が良いと言っていました。

今さら12月か1月宿泊する宿を探しています。
多分見つけることができないような気がするのですが、キャンセルがでるかもしれないのであきらめず探してみます。

ではまた遊びに来てください。
by: ユルネバ * 2006/10/23 22:38 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/56-323ea1d1
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。