スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
須川温泉 栗駒山荘 探訪記 まとめ
これまで11回にわたって『須川温泉 栗駒山荘』の探訪記をリポートしてきました。そこでこれまでのまとめと、【総括】を記述しておきます。

【宿全体の印象】
すっきりとしたデザイン性のある建物ですが、外観・内観とも木の温もりを感じる造りになっていて落着きます。1枚ガラスにこだわったロビーや客室は、眺望が非常に良いです。詳細は下記探訪記をご覧ください。

宿の印象について(探訪記1へ)


【部屋】
部屋の“内部”自体は、色合いが落着いた感じで統一感があるのですが、そこまでの特徴があるわけではありません。しかし1枚ガラス窓の向こうに広がる自然の景色、この開放感がこの部屋を十分特徴のあるものにしています。詳細は下記探訪記をご覧ください。

特別室(和洋室)について(探訪記2へ)

部屋からの眺望について(探訪記3へ)

和室について(探訪記4へ)



【温泉】
日本でも稀な泉質の豊富な源泉が掛け流されています。本当に素晴らしい温泉だと思います。浴槽は内湯・露天風呂共、横長で広々と入浴できます。また部屋と同様、眺望が本当に素晴らしい!!
ただし、難点が1つ。入浴できない時間が長いことです。深夜0時から4時は温泉の湯を張り替えるために、午前8時から9時までは浴室清掃のために入浴できないことです。
詳細は下記探訪記をご覧ください。

泉質・風呂の種類

○泉質等
泉質:強酸性明礬緑礬泉-源泉48℃-源泉掛け流し

○風呂の種類
「仙人の湯」
 -内風呂と露天風呂があります。
※館外に足湯があります。

内風呂について(探訪記5へ)

露天風呂について(探訪記6へ)

足湯について(探訪記10へ)


【食事】
食事について探訪記でかなり厳しく書いてしまいましたが、公共の宿としては献立の工夫もあり、十分な内容だと思います。しかし、お風呂とお湯と眺望が最高なだけに、同レベルの食事を求めてしまい、辛口コメントが出てしまいます。不味いわけではなく可もなく不可もなくでした。
品数を減らして、量より質で勝負して欲しいと思います。あと、変に凝らないで良いと思います。素材を大事にシンプルに美味しい物を出してくれればと思います。実際、シンプルなものだと美味しいものがありましたから。盛付けなどいつも季節感を大事にし、お客さんを楽しませようという気持が感じられるのはうれしく思います。


詳細は下記探訪記をご覧ください。

食事(夕食1)について(探訪記7へ)

食事(夕食2)について(探訪記8へ)

食事(朝食)について(探訪記9へ)


【これがうれしい】
『1年中休前日、平日問わず宿泊料金が同額の所』
『岩手県側にあるお隣“須川高原温泉”の無料特別入浴券を宿泊者にくれる所』
『女性の宿泊者には宿の手作りしおりをくれる所』

詳細は下記探訪記をご覧ください。

この宿のうれしかった点(探訪記11へ)


【総括】
とにかくまずここは宿泊して欲しいです。露天風呂、内湯、温泉、眺望が本当に素晴らしいです。部屋も良いと思います。私があまり良く記述しなかった食事についても、3年間1年に何回か行っていますが、その度に改善されてきています。12,000~16,000円という宿泊料金を考えると非常にコストパフォーマンスの高い宿だと思います。コンスタントに稼働率が90パーセント以上というのもうなずけます。公共の宿とは本当に思えません。是非多くの人に宿泊していただきたいと思います。
宿のある立地を最大限に活かして、春夏秋(冬は営業なし)の季節を目や肌などで感じることができる最高の宿だと思いますから。

後は、(かなりしつこいですが)深夜0時~4時と午前8時~9時まで入浴できない点を本当に改善して欲しいです。もしできないのであれば、足湯をつくったように簡単な貸切・家族風呂をつくってくれると良いな~と思ってしまいますが・・・(かなり欲張りですね)。


【宿情報】
公式Webサイト-http://www.akitakurikoma.com/
住所-〒019-0803 秋田県雄勝郡東成瀬村椿川字仁郷山国有林(栗駒国定公園内)
問い合わせ
TEL: 0182-47-5111
FAX: 0182-47-5300
アクセス
今回も宿の公式サイトが上手くまとまっているのでそちらをご覧ください。
http://www.akitakurikoma.com/

宿泊料金等は宿に直接お問い合わせください。
※11月初旬~4月下旬は、国道342号線の冬期通行止めのため冬期休業となります。
スポンサーサイト
2006/10/17(Tue) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

はじめまして、ハマーと申します。
僕も主に露天風呂付客室のある温泉宿を巡ってます。
ちゃろさんのブログ経由お邪魔したのですが・・・。

レポートの濃度がすごいですね!!!!!!!!
栗山山荘、僕は知らなかったのですが、ユルネバさんのレポートを見れば、
全部分かってしまいましたw

僕も絶景系のお宿が好きなんですが、ここの露天風呂は正しく絶景ですね!
是非訪問してみたいと思いました。

また色々拝見しに来ますね~。
by: ハマー * 2006/10/22 13:57 * URL [ 編集]
--こんにちは--

ハマー様

こんにちは、ユルネバです。コメントありがとうございます。
栗駒山荘のレポを読んでくださってうれしいです。
ここの露天風呂はとにかく眺めがよいので、なんとかその良さを伝えたく
いつもより写真も沢山載せてしまいました。
是非また遊びにきてください。ハマーさんのブログにもお邪魔させていただきますので、よろしくお願いします。
by: ユルネバ * 2006/10/22 14:37 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/51-62ac159e
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。