スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
須川温泉 栗駒山荘 探訪記 その1
本日から秋田県と岩手県の県境にある、須川温泉「栗駒山荘」についてリポートしていきます。本日は宿の印象についてです。
車で8時間程かかるにも関わらず、今年で3年連続宿泊しています。1年に何度か、どうしてもここの展望露天風呂に入浴したくなるのです。一関インター(岩手県)から車で約1時間20分、しかも最後の30分くらいはかなりうねうねした山道を進むことになります。それもそのはず、「栗駒山荘」は標高1,126メートルに位置する宿なのです。いよいよ宿に近づくと、硫黄の匂いが立ち込めてきます。栗駒国定公園の雄大な自然の中に佇むその全景は、木の温もりを活かしながらよくよく見ると、すっきりとしたデザイン性のある建物になっています。なお、東北建築賞審査員特別賞を受賞しているそうです。

それでは写真をご覧ください。
栗駒山荘全景1


逆からみるとこの様になっています。
栗駒山荘全景2


右側が露天風呂で、左側が客室棟になっています。客室棟は弧を描いていて、面白みのある建物となっています。

その客室棟の写真をご覧ください。
栗駒山荘全景3

どの部屋の窓も大きくとられていることがおわかりになると思います。

ちなみに入口はこんな感じです。
栗駒山荘入口


そして玄関を入ると、左にフロント、右にお土産屋さんがあります。(夜の写真です)
栗駒山荘パブリックスペース2

ロビーは吹抜けになっていて開放感があります。フロントより手前の左側には休憩所のような所があります。(夜の写真です)
栗駒山荘パブリックスペース3

日帰り客の人達が結構座っていました。

フロントから部屋の方に行くと、食事処の吹抜けから丁度良い目線に自然が飛び込んできます。
栗駒山荘パブリックスペース1


外観・内観とも木の温もりを感じる造りになっていて落着きますし、1枚ガラスにこだわったロビーや客室は、眺望をさらに良くしてくれています。

次回は部屋についてリポートします。特別室である和洋室と、通常の和室に宿泊しているので、3回か4回にわけてのリポートになると思います。

※『栗駒山荘』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。


特別室(和洋室)について(探訪記2へ)

部屋からの眺望について(探訪記3へ)

和室について(探訪記4へ)

内風呂について(探訪記5へ)

露天風呂について(探訪記6へ)

食事(夕食1)について(探訪記7へ)

食事(夕食2)について(探訪記8へ)

食事(朝食)について(探訪記9へ)

足湯について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点(探訪記11へ)
スポンサーサイト
2006/10/06(Fri) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (4) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
--栗駒山荘--

ユルネバさま
どうもこんにちは、立ち寄らせていただきました。

色々と計算されてつくっているんですね。旅館の建物のつくりを調べるのも面白いです。

応援クリックして帰ります。では!
--ありがとうございます--

松田 様

こんばんは、ユルネバです。
まず、再訪&応援クリックありがとうございます。

確かに宿の建物って面白いですね。露天風呂や部屋もそうですが、本当に個性が大事だけど主張しすぎてもNGだと思いますし・・・。周りの景観とのバランスを大事にしているのは当然なのかもしれませんが、形・色などによって印象がだいぶ違いますから。

では、また遊びに来てください。
by: ユルネバ * 2006/10/06 23:03 * URL [ 編集]
--お邪魔します。--


どうもこんにちは、松田です。先ほどは私のブログにきて頂きありがとうございます。

外観の色はとても大事みたいです。周囲の景観とマッチしない色あいの建物すると台無しになってしまうおそれがありますから。

PS:ブログにいただいた、ご質問ですが、長くなりそうなので、あとでまとめてお話しようと思います。しばしお待ち下さい。

なお本についてですが、参考になる本のところで紹介しているこちらの本から勉強しました。

□『温泉で健康になる』 飯島裕一著 岩波アクティブ新書
--ありがとうございます--

松田 様

こんにちは。ユルネバです。
外観の色はやっぱり大事ですよね。周囲と外観の調和がとれていないと、どんなに宿内部の調和がとれていても、ちょっと残念な気持ちになるでしょうから。

あと、本の件ありがとうございます。ちょっと書店で見てみます。

それから質問の件ですが、本当にすみません。松田さんのブログを拝見していたら、丁度今探している泉質に近い内容の記事を発見したため、思わず書いてしまいました。ご負担にならない程度でお願いします。

では、また遊びにきてください。こちらも遊びにいきます。
by: ユルネバ * 2006/10/07 10:15 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/40-91f75171
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。