スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
上林温泉 湯宿 せきや 探訪記 その7
本日は「深山亭 部屋付露天」をリポートします。
源泉掛け流しで、湯量もそれなりにある方だと思います。しかも今回は源泉の湯温がそこまで高くなかったので(前日雨が降ったからと宿の人が言っていました)、うめき声をあげることなく静かに入浴できました。

まず、部屋側から見た部屋付露天の写真をご覧ください。
深山亭部屋付露天1

屋根があるため貸切露天同様こちらも半露天に見えますが、右に洗い場があり、その先に森林が広がっているためしっかり開放感があります。

では浴槽の全体写真をご覧ください(テラス側より撮影)。
深山亭部屋付露天2

大きさは大人2人が入浴するには少々厳しいが、1人だったらゆった~り入ることのできる大きさです。しかも総檜だそうです。

入浴目線
深山亭部屋付露天5

前述しましたが、テラスの先に森林が広がり開放感を感じることができます。そして、蜩(ひぐらし)、蝉の音、涼しい風と自然を体感しながら非常に気持ち良く入浴できました。

源泉掛け流しアップ(温泉のなめらかさが伝わると良いのですが)
深山亭部屋付露天3

温泉はなめらかで、かすかに硫黄臭がし(感じる時とそうでない時がある程度)、肌に非常に良さそうな感じがしました。妻に聞いた話では、以前宿泊した際、スタッフの女性の方の肌がきれいだったのでご本人に尋ねてみたところ、地元の温泉効果ではないかとのことでした。

夜の印象はこんな感じです。
深山亭部屋付露天4


2003年「遊季亭」に宿泊した際、部屋付露天の湯温があまりにも熱すぎて入浴できず、結局後で加水して入りました。とにかくこの宿の源泉は通常熱いので、加水するか湯量調節もしくは一旦掛け流しをとめるなどしないと入浴できないのです。私はせっかくの源泉掛け流しなのだからなるべく自らの手で加水をしたくないと考えてしまいます(供給者側での加水はどうしようもないですが)。そこで湯量を調整するバルブ等がないか宿の人に確認をしておきました。「深山亭」「遊季亭」ともあるそうです。次回、湯温がまた熱すぎた場合は一旦掛け流しをとめて、ぬるくなったら入浴するようにしようと思っています。

次回は夕食をリポートします。




※『上林温泉 湯宿 せきや』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。2006年10月4日追記


宿の印象について(探訪記1へ)

和室について(探訪記2へ)

寝室について(探訪記3へ)

部屋の設備等について(探訪記4へ)

内風呂・檜露天風呂・露天岩風呂について(探訪記5へ)

貸切露天風呂(ジャグジー付)について(探訪記6へ)

夕食について(探訪記8へ)

朝食について(探訪記9へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記10へ)

探訪記まとめへ

スポンサーサイト
2006/09/30(Sat) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ひまわりです。

記事の冒頭の「うめき声」で大笑いしてしまいました(笑)
湯温の状態がわかりやすいです^^
(確か前の記事では、熱くて「あげていた」と書かれていたので・・^^)

やっぱし、温泉はお肌がきれいになるのですね。
最近、みなさんの記事を読んでいて成分にも目が行くようになってきました^^v
ユルネバさんの、掛け流しへのこだわりも凄く分かります^^
by: ひまわり * 2006/10/02 16:39 * URL [ 編集]
----

ひまわり様

ユルネバです。重ねてのコメントありがとうございます。
私はもともと湯舟につかるのが苦手だったので、やや熱めのお湯でも結構うめいています…しかし、いいお湯に加水するのが勿体ない気持になり、ひとり『ザ・ガマン』(古い…)の心境で入っております。
お湯重視で温泉を開拓するのであれば、日帰り施設も攻めていきたいところですね!
という訳で、ひまわりさん達の進行中レポートの行方を楽しみにしております。
by: ユルネバ * 2006/10/03 01:19 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/34-2afc48dd
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。