スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
あせび野
あせび野にはこれまで4回宿泊しました。自然に囲まれた宿なので、春・秋・冬に訪れましたが、季節によって違った趣きがあります。ロビーが2階、レストランが1階、大浴場は地下1階という作りで、部屋は1階~3階にあります。

asebino

asebino


【宿全体の印象】
最初から全室露天または半露天風呂付客室の宿としてオープンされていることもあり、宿全体に統一感があります。どの部屋からも、川岸の木々の景色が眺められ、ベランダや露天風呂では渓流の音を大変心地よく感じることができます。ちなみに内湯は1つもありません。都会の喧騒から離れ、自然と一体になる心地よさを味わい、宿から一歩も出ずに温泉を満喫し、のんびりと過ごすのには大変素晴らしい宿といえるでしょう。

【部屋】
谷の蔵・山の蔵・花の蔵・木の蔵というゾーンにわかれていて、谷・山が和室(谷には1室洋室あり)、花・木が和洋室です。
さらに露天風呂の形も2種類あったり、掘りごたつのついている部屋もあったりと様々です。私達は、和洋室を好んで選択しますが、ご家族で行かれるなら和室が良いかもしれません。
○和洋室について
畳はもちろんのこと、フローリング(板幅の広い天城杉)が大変気持ち良かったです。セミダブルサイズのベッド、木製の椅子・テーブルなどがあり、テラスにはゆったりとした椅子2脚とテーブルがあります。また、テレビが和室と寝室それぞれにあります。
部屋付露天風呂については【温泉】で記述します。

【温泉】
○泉質等
泉質:無色透明のナトリウム硫酸塩泉(源泉掛け流し)
感想:かなりさらっとしている。様々な温泉に行っている人には物足りないかもしれません。個人的には姉妹館の嵯峨沢館のお湯の方が好きです。 
  
○風呂の種類
「世古の湯」(大露天風呂)
25メートルくらいあるでしょうか。この露天風呂だけでも宿としてやっていけると思うくらい素晴らしい露天風呂でした。ちなみに『旅サラダ』情報ですが、湯番頭さんというのがいらっしゃるみたいで、5本ある源泉を使用して湯温を見事に調節してくださっているそうです。男湯には洞窟ジャグジーがあり、気持良かったです。
また、お休み処があって麦茶や冷水を飲んだりできます。そこにはタオルやアメニティーが用意されています。冬はタオルがヒーターで温められていて、本当にうれしい。こういったところも、あせび野の素晴らしさでしょう。ちなみに利用者が少ないのでのんびり入浴できます。私が利用した際、他の宿泊者に会うことは数回しか無く、貸切気分で温泉を満喫できました。

「川の湯」(貸切露天風呂)
川沿いに3つの貸切(半?)露天風呂があります。
 『かわせみの湯』は石と桧を組合わせた六角形の湯舟
 『やませみの湯』は石をひょうたん型に並べた湯舟
 『寝湯』…使用したことがなくわかりません。
     (公式Webページをご覧ください)
 
大露天より川の景色が楽しめ、私は結構好きです。川に鳥が飛んで来て遊んでいるを眺め、ゆるりと長い時間浸かっていました。
 
「部屋の露天風呂」
花の蔵と木の蔵でお風呂のタイプが違います。よく雑誌で使われているのは、花の蔵のタイプだと思います。開放感があるのは、花の蔵だと思います。木の蔵は半露天タイプといえるでしょう。どちらが良いとは言えません。2階の花の蔵と3階の木の蔵では比較が難しいのです。眺めが良いから木の蔵の方がとか、風呂の形がお洒落で、開放的だから花の蔵の方がなど、人によってどちらが好みか結構分かれてしまうでしょう。
秋は紅葉を楽しみたいから木の蔵、夏は渓流のせせらぎをより近くで感じたいから花の蔵なんていうチョイスなら良いかもしれません。

【食事】
私はおいしいと思いましたが、掲示板や個人のWebページで、酷評とはいかないまでも、悪く言われているのを見かけます。確かにここよりおいしい食事をだす宿もあるでしょう。しかし、そんなにまずかったり、物足りなかったりするでしょうか。
もしかしたら、メインが寂しいと全体の印象が悪くなってしまうということはあるかもしれませんが・・・。私もメインが鶏鍋で少々さみしいと思ったことはありました。他の時は和風ローストビーフがでたりしました(旅サラダでみやちゃんが食べていました)。こちらの食事で一番ピックアップされるのは、やはりお刺身でしょう。新鮮でおいしく、その日に採ってきたわさびが丸々一本付いてきます。ちなみに焼物や煮物もおいしかったです。

【これがうれしい】
○タオルを持ち歩かないでいいところ
貸切露天に行く際には、フロントでバスタオル・足拭マットセットが渡されます。大露天にはお休み処があり、そこにバスタオルをはじめ、アメニティー類がいっぱい用意されています。もちろん、部屋にはタオル類が用意されています。つまり、部屋と貴重品ボックスのカギ以外何も持ち歩かなくて良いわけです。しかも毎回ふかふかの新しいタオルを使えるのが、非常にうれしいです。

○部屋のカギが2つあるところ
2人だと必要性はあまりないかもしれませんが、4人で2つのグループで行動といった時にはうれしいでしょう。例えば、1つのグループが貸切露天に行っている時に、大露天に行きたくなった。カギが1つしかないと待っていなければなりませんから。

○スリッパ
部屋に用意されているスリッパは白のタオル地で、マジックが用意され、名前や絵を書き込めるようになっています。お風呂場などでも間違われることがないようになっています。

【総括】
一言でいうとハード・ソフトともにスキがありません。
立地条件、館内設備、そして客室などのハード面は素晴らしく、全ての面において高いレベルの宿です。また、『ちょっとしたことがうれしい』をいくつも積み重ねてくれます。この『ちょっとしたことがうれしい』が、さりげなく随所にちりばめられているのが心にくいです。
接客は良い意味で必要以上に構わないという感じで、部屋への案内時以外放っておいてくれます。従業員の方の客への距離感は非常に心地良かったです。本当に素晴らしい宿でした。

【宿情報】
公式Webページ-http://www.asebino.com/
住所-静岡県田方郡天城湯ヶ島町湯ヶ島1931-1
問い合わせ・宿泊予約(予約センター)
TEL: 0558-85-1926
宿泊当日の問い合わせ(あせび野直通)
TEL: 0558-85-1313
アクセス
(車で)東名高速沼津ICから約1時間20分
(電車で)JR修善寺駅下車、バスで約30分      
     湯ヶ島温泉下車
宿泊料金等は宿に直接お問い合わせください。
※G/W、お盆、年末年始、週末(金・土・日)と料金が変わります。
 だいたい1人3万円~4万円弱と考えておくといいと思いますが・・・
スポンサーサイト
2006/08/19(Sat) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (18) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

はじめまして^^
枇杷の記事にコメントした、さくらに教えてもらい
立ち寄らせていただきました。

あせび野、やっぱり素敵なのですね~♪
評判がいい宿なので
何度かチェックしてるのですが、なかなか機会がなくて行けません。

↑のお風呂入りたいです^^

また、じっくり読ませていただきますね♪
by: ひまわり * 2006/09/03 19:30 * URL [ 編集]
--ひまわり 様--

コメントありがとうございます。
あせび野は本当に良い宿だと思います。部屋のタイプが色々ありますが、最初に宿泊されるのは(ベッドがお嫌いでなければ)花の蔵をおすすめします。やっぱり花の蔵が一番人気みたいですので。
先日、今回は花の蔵に宿泊したいと思い予約電話をしました。しかし、「花の蔵以外でしたらご用意できるのですが・・・」と何日分か確認をする度に言われました。是非さくらさんとご検討ください。

明日、ひまわりさんとさくらさんのブログを読ませていただきますね。
これからも宜しくおねがいします。
by: ユルネバ * 2006/09/04 01:35 * URL [ 編集]
--はじめまして!--

ハマーさんのブログからお邪魔いたしました!
私も「あせび野」大好きです!
今年は蛍目的で6月に予約しました!
前回は山の蔵でしたが(一休で予約したからでしょうか?)、6月は花の蔵を先方が選んでくださいました。花の蔵が人気なんですね!

また。お邪魔させていただきます!

by: パンダ * 2007/02/15 20:54 * URL [ 編集]
--こちらこそ、はじめまして!--

パンダさん、はじめまして!ユルネバです。
蛍の季節に「あせび野」とは、うらやましいですね~
以前、あせび野の姉妹館の「嵯峨沢館」に宿泊したことがありますが、それが丁度蛍の季節でした。ほたる祭りをやっている公園まで宿から送迎の車を出していただき、蛍をゆっくり楽しむことができました。
花の蔵は雑誌で紹介されるときに良く使われる和洋室+岩風呂の組合せのため、一番先に予約が埋まってしまう印象があります。蛍+花の蔵のあせび野、ぜひ満喫なさってきてください!
by: ユルネバ * 2007/02/15 23:18 * URL [ 編集]
--お久しぶりでございます--

ガラガラガラガラ…ガサガサ…ゴト…。
ごめんください、すっかりご無沙汰しております鼻がガビガビのちゃろちゃんでございます。

今日、12ちゃんで「あせび野」取り上げられてましたね。
というか今夜のゴールデンタイムはあちこちのTVを見るのに忙しかったですw
16分割で見ていたら気持ち悪くなりましたw

「あせび野」をTV映像で見るのは初めてのことだったので新鮮に見えましたw
ハードはまぁあの通りなのですが、(個人的には客室の脱衣場+洗面台がもう少し広ければ嬉しいですがw)驚いたのが食事です。
ちゃろちゃん達が泊まった時より全然(゚д゚)ウマーそうに見えましたw
朝食も和食・洋食から選べるようになってるんですね…しみじみ…隔世の感が…orz
ただ、個人的にフレンチとかのダイニングを除いて食事するということが苦手なので、再訪は二の足を踏んでいる状態です。
前回宿泊した時、通路突き当たりの一番奥の個室だったのですが、横のお客様方(オバ3名ほど)がものすごくデカイ声で話をしていてあまりの五月蝿さに辟易してしまったという苦い思い出があります。
あの個室が完全に壁の状態で仕切られているのであれば…とも思いますが、宿ばかりの責任ではなく利用する側の人間にもモラルが求められるところなのですが…。
宿としては夫婦二人なので配慮してくださって奥の眺めがいい個室にしてくださったんでしょうが、ちょっと残念でした。
話が少しずれますが…こちらのブログでも話題になっていらした「箱根吟遊」に数年前宿泊した際の話なのですが、吟遊はお子不可の宿ではないので、ちゃろちゃん達の隣の部屋はお子連れの家族の方が宿泊なさっておいででした。
テラスの風呂でまったりしていると隣のテラスで子供が大騒ぎ、部屋にいても少し聞こえる状態でした。
それも夜更けだったので…。
意見として部屋割りを考えてもらいたい旨をお伝えしたところ、翌年からはきちんと部屋割りを考えてくれているようで毎回静かに過ごすことが出来ています。
何気ないことかもしれませんが、そういう対応をしてくださることが非常にありがたかったな、と今でも思います。
まぁ、あとはいろいろと気働きしてくださってのんびり過ごせるように配慮してくださってるんでしょうけど。
それが当たり前だと思わずにちゃろちゃん達も宿にとっていい客でありたいと思っています。

リニューアル後の「嵯峨沢館」も行きたいと思っていますが、これまた、なかなか予定が入りきらず…。
鮎の一夜干しが目当てなんですがw(修善寺に逝ってゲトしてますがw)

ユルネバさんをはじめ皆さん北に南へと大活躍で羨ましい限りですw
そんなちゃろちゃんは地味に関東近郊をローラー作戦です。
by: ちゃろちゃん * 2007/03/25 01:26 * URL [ 編集]
--これはこれは、ちゃろ殿ではありませんか・・・--

ガラガガラガラ・・・ぬぬっ、客人か?・・・な、なんと、真っ赤なお鼻の
トナカイさん、いやちゃろさんではありませんか。ささ、まずは
保湿ティッシュでチーンとひとかみどうぞ・・・
ややっ、私もひとかみ失礼・・・

テレ東の番組、ちゃろさんもご覧になっていたんですね!我が家
では妻が見ていたようです。でも、16分割とは、見てないチャ
ンネルがないんじゃないかという気が・・・あせび野ですが、
ああいった番組としてはずいぶん時間をとって紹介されていたよ
うですね。
確かに脱衣場と洗面台あたりは狭いですよね。最近、いろいろな
宿で和風モダンな和洋室をしつらえていることを考えると、部屋
自体もかなり狭い部類となってしまうかな?と思います。
部屋食でなく食事処でいただく場合でセミオープンスペースにな
っていると、隣人の存在が場の雰囲気を左右しますね。ほのぼの
いい感じの会話が漏れ伝え聞こえてきたりすると、こちらも和や
かな気持ちになれることもありますが、その逆もしかりで・・・
近々、ひさびさに同宿を再訪する予定です。公式サイトに「いよ
いよ5周年」なんてご挨拶があったりして、いい意味で裏切って
もらえるといいな~と期待しています。

「箱根吟遊」の件、こちらで噂させていただいていたので、花粉
症以外にくしゃみが出てしまったでしょうか?もしやそれでお気
づきになられたとか・・・箱根吟遊をふくめ、ちゃろさんの記事に
お邪魔させていただこうと思っておりましたが、自分のブログ記
事の更新もままならずご無沙汰してしまって失礼しました。そん
な折、ちゃろさんの方からお立寄りいただき、まさに鴨がねぎ背
負ってやってきた・・・いや、ちゃろさんが伊豆・箱根情報を背負っ
てやってきてくださったことに深謝申し上げます。

箱根吟遊がお子様不可でないというのは意外ですね!はじめて知
りました。でも、そういわれて見れば、小さなお子を伴った吟遊
宿泊レポをどこかで見かけたことがあります。お隣のテラスで大
騒ぎだった際は残念でしたが、そのことについてリクエストを入
れたことに対し、きちんと次回の宿泊に生かされているのは流石
ですね~。そうそう、このあたりの吟遊のホスピタリティについ
ては、本家ちゃろさんの最近の記事で拝見しておりますので、つ
づきはそちらにお邪魔しますね。ちゃろさんやみくさんから
ディープな?吟遊情報を伝授いただき、ちょっとした吟遊耳年増
となっているユルネバでした。

リニューアル後の嵯峨沢館ですが、先日勢いでいってきちゃいまし
た(笑)今回は珍しく自分の実家の家族水入らずでしたが・・・だいぶ
後日にはなりますが、ブログでリポートしますので、その際はTB
やコメントしちゃいますのでよろしくです。

ちなみに私も、嵯峨沢館の鮎の一夜干し大好きだったのですが、前
の方が美味しかったような気がしました。ただ、時期のためだと思
います。前行った時は、部屋付露天から鮎釣りの人々が多く見える
季節だったので(笑)

現在、南の方へ気持ちも体も向かっています。
これも、宮○県警のお陰です。昔は交通費がかかると思い、近場で
良い所ばかりを探していたのですが、公共機関を使うようになって
から、交通費+宿泊費で考えるようになりました。以前はガソリン
代と高速代だったので、そこまで交通費に意識があまりいきません
でした。そうすると、九州と東北ってそこまで変わらないとなって
きて、色々と検討した結果、雑誌でみていつか行ってみたいと思っ
ていた九州の幾つかの宿に行き、完全にハマってしまったのです。

ただそろそろ禊も終わり、愛車にどこかに連れて行ってもらう時期
になってきたので、関東近郊でどこか良い宿を探そうと思っていま
す。そう言ってる側から、妻が九州温泉雑誌を買ってきてるんです
が・・・ 懲りない夫婦です(笑)
by: ユルネバ * 2007/03/25 21:55 * URL [ 編集]
--(´・ω・`)つ□←鼻セレブ--

びえっくし…ズルズル…ちんちーんッ←誤解なきように…。
ガラガラガラガラ…ごめんください…本日もお邪魔させて頂きます…。
早速「鼻セレブ」ありがとうございます。
ワテクシの指定銘柄でございます。

背中にティッシュを背負ってやってまいりました。
…なんですって!
す、すみません…嫌な間の取り方をしてみました。
「嵯峨沢館」再訪なさっていたんですね!
てやんでー。
…コンセプトがガラっと変わったように評判をお聞きするのですが。
3世代で楽しめるとか?
てことは夫婦二人にはキツイのか?とw
ただ、そうすぐには伺えないと思うのでここ数年というところでしょうか。
鮎は初夏のモノがウマイですよね。
落ち鮎も捨てがたいのですが…。
川魚で唯一好きな魚です。
うちのジズーは岩魚と虹鱒が好きみたいですw
鮎を食べに狩野川周辺ウロウロしてもいいかなぁと思っていますが…悩みます。

吟遊マイスターまでにはなりきれておりませんが、なんでも結構です、ぜひともお立ち寄りください。
ただ、上手く伝わっているかはナゾなんですが。
吟遊のご近所で昔の奈良屋の跡地にエクシブ箱根離宮がようやく建ちます。
オープンは11年?だったか…ちょっと失念。
会員制ではありますが、箱根の雰囲気がまた変わります。
え?
会員権ですか…?
あはは…。

公共交通機関を上手に使っていらっしゃるユルネバご夫妻、尊敬せずにはいられません。
某凋落航空会社株主として反省せずにはいられません。
利益確定後は速攻金券ショップへ逝ってしまう小市民なのです。
それとどうしても仕事の関係でなかなか遠くに離れるワケにも行かないし、なおかつ荷物の多さが最大のネックになっておりますw
関東ローラー作戦もなかなかバカにしたもんでもありません。
我が大本営発表によりますと行こうと食指が動く宿が多過ぎですw
遠くは目指せ!early retireなのですが、retireした暁には思う存分そこらじゅうを旅してみたいです。
ただし実弾が続いてジズーが生きていることが前提ですw
by: ちゃろちゃん * 2007/03/26 01:04 * URL [ 編集]
--□□◇□□◇←用意しておきました--

ちんちーんッ ん!? 誤解してしまいましたよ。
これこれはちゃろ様、2箱目の「鼻セレブ」用意しておきました。
とりあえず、甜茶で一服してください。

えぇそうなんですよ・・・ フフッ 嵯峨沢館再訪してきたのですぉ
コンセプト確かに変えたように見えるかもしれません。ただ、入口やフロント
を変え、テラスを造ったりと何かあせび野で良かった点を盛り込んだというか
・・・ ただ、風呂の雰囲気やロビーの温泉宿にありがちな雰囲気などは変わって
いませんでしたよ~ ここは風呂をアトラクションのように楽しむ! という
宿だと思っているので、私は十分に楽しんできました。条件付というのは、例
の新規で出来た和洋室ですが、2人だと贅沢だと思いました。贅沢なスペース
の取り方をしているため、2人だと価格的に・・・ 4人なら価格も3万円くらい
になるので、コスパ的にもまぁ納得がいく部屋だと思います。
そう、これが3世代で楽しめるということなのでしょう。夫婦2人だとちょっと
キツイ部分になってしまうのかなぁと思いました。
2人でいくなら、従来のこれぞ温泉宿という部屋で良いと私は思いました。
今回は家族4人で行ったので十分に満喫しましたよぉ~

あの夏の鮎の一夜干しは本当に美味しかったので、夕食を食べながら朝食を楽し
みにしてしまいました(笑)
川魚は美味しいと感じるのと、一口食べてもうお腹一杯と帰ってきたQちゃんの
ように言いたくなるものもありますです。

え、エクシブ箱根離宮って何でしょうか・・・会員制リゾートホテルですか。会員制な
んて、庶民のあっしにはTSUTAYAくらいしか経験がありません・・・これまた失礼・・・
流石、吟遊のみならず箱根マイスターとお呼びしたいところです。
知合いに伊豆・箱根旅館情報を聞かれると、ひそかにちゃろさんのサイトをリソ
ースとしていますから。そういった意味で、日々お世話になっております。

ちゃろさん、信頼の翼の折れたエンジェルカンパニーの株主でおられるのですね。
個人的に盛り返してほしいとおもっている会社です。あの昔のマークが好きだっ
たんですけど、描ける職人がいなくなってしまったのでしょうか?(そんな訳あ
りませんね・・・)CIって、変更前の方が良かったってことの方が多い気がします。
○京メトロなんて、以前のマーク、秀逸だったと思いますが・・・
関東の宿では、群馬方面が気になっているところです。私にはまだあさばや柳生
の庄、蓬莱などの旅館は敷居が高いので、ちょいエロ、もとい、ちょい粋オヤジ
を気取れるようになる日がきたら伺ってみたいですね。ジズーさんのように・・・
by: ユルネバ * 2007/03/27 00:12 * URL [ 編集]
--□⌒ ヽ(´ー` ) 鼻をかんだらゴミ箱へ--

ズルズルズル…ゴソゴソ…パサッ…。
毎晩「鼻セレブ」ありがとうございます。
(´・ω・`)つ旦<甜茶いただきまつ

嵯峨沢館のチラッとした情報ありがとうございます。
こうなれば早くユルネバレヴューが待たれるところです!
楽しみにしております。
リニューアル後の写真何点かを見たのですが、確かに「あせび野」でヒットした要素を加味したような雰囲気が感じ取れました。
石井設計という稀代の旅館マイスターによるリニューアルなのでしょうね。
サービスの点とかはいかがでしたか?
おやつが前みたいに山ほど出るのでしょうか?w
ただあの当時、接客が少し頂けない気がしました。
接客ならあとで比べると「あせび野」の方が断然よかった気がします。
接客は個人差にもよることでしょうが。
ここと下加茂の「南楽」は死の行軍でしたねw
お風呂が多すぎw
欲張って入ろうとするもんだから1箇所5分でもスゴイ勢いで汗をかきました。
ともに冬場でよかったとw
それと小出しですみませんが、食事はどうでしたか?
ちゃろ家的にはとても不発だったのですが…。
やたらに数あわせの料理のような気がしました。
挙句の果てに食事中次の間に布団を敷かれる始末で…トホホという感じでした。

エクシブ箱根離宮…会員制リゾートホテルですね。
東京ベイコートなんかでもっと露骨な高級路線を打ちたてましたがw
箱根の歴史は「富士屋ホテル」と「奈良屋」に作られたといってもいいくらいの双璧でしたが、この「奈良屋」は、よんどころない事情で宿を閉められてしまったのです。
建物は今となっては建てることが不可能なほどの豪奢な数寄屋造り。
その趣ある佇まいが跡形もなく叩き壊されて建つのは現代建築の贅を凝らしたリゾートホテル。
栄枯盛衰とでも申しましょうか、あの辺りを散策する度にちょっと感傷的な気分になります。
箱根の地元の方は「今ひとつ元気がない箱根が活性化するのでは?」と期待しておられるそうですが…。
まぁ、どこに行っても町並みは変わっていくワケで、そうそう感傷的になってもいられないのですがw

群馬…う、少し鬼門かもしれませんw
お湯は好きですが、食べ物が苦手です…二人揃って。

J○Lはナショナルフラッグですから潰れることはないと思うのですが…@日本人的希望的観測
海外の例を見ると厳しいですね。
まぁ、retireしたときのためにも抑えで塩漬け状態で株持ってる気もしますw

粋を気取らずとも気兼ねなく訪れることが出来る雰囲気を自然と醸しだしている宿が高級旅館ではないでしょうか。(金額の面だけでなく)
懐に入ってみて懐の深さが感じられる。
自ら「高級」を名乗るところにアタリなしですw
まぁ、自分が行きたいから行く…というスタンスだけなんですが、最後はw
安かろうが高かろうが行きたければ行く、これですねw

by: ちゃろちゃん * 2007/03/27 01:47 * URL [ 編集]
--甜茶おかわりいかがですか?--

鼻セレブとはいえ、私のように強くかみすぎますと鼻血がでますのでご注意を。
さぁさぁ、甜茶のおかわりなどいかがでしょうか。

嵯峨沢館リポまだまだ先になりそうです。すみません、がんばりますです。
嵯峨沢館に「あせび野」でヒットした要素を、もう1つ加えて欲しい部分がありました。
タオル類を大浴場に置いて欲しいなぁと思いました。
館内のセンスは部分部分で良くなっていましたよ! ただ、全部を改装したという
感じはしませんでした。お金かかりますからね~
サービスの点ですが、多分ついてくれる人によると思いました。
私達についてくれた方は、話も面白かったですし楽しく食事をしたりすることがで
きました。ただ、うん?という人もいると思います。ちょっとだけ接したスタッフ
の方でそう感じた人がいましたので。ちゃろさんがおっしゃるように個人差もある
と思います。あせび野は2回目以降、妻のお気に入りのスタッフの方がいて、こち
らから声をかけるようにしています(現在もいらっしゃればうれしいのですが・・・)
その人の心地よさが素晴らしいので、私もあせび野の方が接客に関しては上かなぁ
と感じてしまいます。
おやつ類はやはり結構多かったですね~ 全部の写真を撮ってきてないような(笑)
食事ですが、夕食は以前より○で、朝食は以前より△かなぁ~と感じました。
朝食に関しては鮎の一夜干しの印象がかなり強かったというのも影響しているかも?
ですが・・・
ちなみに現在は部屋食ではなく、こちらもあせび野要素でしょうか、食事処で頂く
ので、食事中の脇での布団敷きはないのでご安心を(笑)

ナルナル、箱根の歴史、勉強させてもらいました。奈良屋旅館は業績順調にもかかわらず
閉館せざるを得なかったのですね・・・文化財に指定された建物も壊されてしまうと
は・・・うーぬ、取り壊しの業者の方もためらわれたんじゃないでしょうか。
そうでした、ちゃろ家は山のもの嗜好でなく、海のもの嗜好でしたね。私は昔、好き
嫌いの嵐だったんですが、年をとるにつれ何故か色々食べられるようになってきまし
た。サバイバルへの本能でしょうか(笑)

余談ですが、先日スカイネットアジア航空を初めて利用して驚いたのが、機長が外国
人だったってことです。国内線なのに、機長からの挨拶が英語で、海外で国内線に乗
っているような錯覚に陥りました。頑張れSNA!

>自ら「高級」を名乗るところにアタリなしですw
これ、激しく同意します!

高いと感じるとやはり躊躇してしまうのですよね~
行きたければ行くと宿泊料が高いとまだまだ言えないユルネバです。

ちなみにあさばや蓬莱などは宿泊料ではなく、あの醸し出す良い
雰囲気が、まだ気兼ねしてしまうんですよね・・・
伝統的な日本文化がうまく凝縮されているように感じる少し煙った
ような空気が、まだまだ人間的に薄い自分には、濃密な感じがしま
して・・・ 今の自分が宿泊しても落着けないような気がします。
by: ユルネバ * 2007/03/29 00:47 * URL [ 編集]
--(´・ω・`)つ旦<おかわり頂きまつ--

ユルネバさん、こんにちは。
暖か過ぎてまだまだ鼻がズルズルです。
我が家の庭の春の花も順序を違えてしまったように一斉に春を謳歌しております。

嵯峨沢館レポはのんびりとw
プレッシャーをかけるつもりは毛頭ございませんよ。
ご自分のペースでアップしていってください。
見ているほうの楽しみでもありますw(ここ暫く出る予定がないので他人事状態で皆さんのブログを拝見できるこの幸せw)

タオル類、大浴場になかったですか?
リニューアル前はどうでしたっけ?
あったようななかったような…はて…?
この記憶力のいい加減さ。
そうですね、大浴場にはタオルはもちろんアメニティ類は揃えておいて欲しいですね。
毎度書いてしまうのですが、歯ブラシは絶対置いて欲しい派ですw
意外と置いてらっしゃらないところが多くてちょっと残念だったりします。

夕食、よくなったんですか。
季節や好き嫌いにも寄るんでしょうが、それはいいかも。
でも、朝食のレベルが下がるのもどうかと思いますが…。
個人的には、夕食は当然なのですが、朝食でなんとなくその宿を評価してしまうのですが…。
夕食との落差が大きい宿がほとんどですが、朝食も夕食の流れのような感じだと非常にこちらとしてもやる気が出るんですがw(つか、どんなやる気やねんw)
朝食だからこそかえって手を抜いて欲しくない気が…。
とにかく食事時の布団敷きがないだけでも相当いいかも、ですw

山のもの…山菜とか茸とかは好きですよw
秋には松茸暴れ食いしてこようかと思ってます。
上手く表現できないませんが、山のものの料理って意外と被っちゃうじゃないですか。(海もかw)
とかバリバリ郷土色豊かになりすぎてしまうと異文化コミュ状態になってしまうのです。
アフリカでクスクスを食べてビックリした感じでしょうか←わかんないですよね、すみません。
見た目正体不明なモノに弱いかもしれません。
素材から判断できるわかりやすい料理が好きかもw

高級旅館と言われる旅館だけでなく、自分の感性に訴えかけた宿は行きたいですね。
アタリが出るかハズレが出るかはわからないですがw
人間的に薄いか濃いかは死ぬときに答えが出るでしょうw
今の状態を大切に、周りにいてくれる人に感謝です。

by: ちゃろちゃん * 2007/03/29 17:39 * URL [ 編集]
--ハクション大魔王繁忙期ですね!--

ちゃろさん、こんばんは!
鼻がカピカピで目もショボショボするユルネバです。
クシャミはそこまでではないのに・・・
大好きだった春が少しキライになってしまっています・・・ トホホ

自分のペース・・・ 自分の計画だともう藤もと終わっているはずな
んですよ(汗)はぁ、やはり文章が苦手ということもあり直ぐに
リポート作成できないんですよね~ 仕事や送迎会などで最近遅い
ということもあるのですが・・・

タオル類ですが、写真を見返してもみたのですがやはり無かったと
思います。
リニューアル前もなかったような・・・ 実は私もあったようななかっ
たような?という感じですが・・・ 記憶って、と改めて思います。

大浴場にアメニティ類を揃えてくれているとやはりうれしいですよ
ね~ ちゃろさんは歯ブラシ絶対置いて欲しい派ですか。
中々置いてある宿ってないような気がしますね。私が行った宿では
どこも無かったかもしれません。

夕食はメインらしいメインというのが無かったのですが、全体的に
よくまとまっていたというのか・・・ 丁度良かったんですね。
確かに朝食って大事ですよね。やはり宿での最後の一大イベントで
すから。チェックアウト後に印象を語る際に最初に思い出してしま
いますから。
夕食との落差が大きい宿が、やはり多いですか。なぜなんでしょうね。
料理長が朝食はチェックしていないなんてこともなさそうですが・・・
先日も夕食と朝食の落差が少々大きな宿がありました。それで評価印
を少し落としました。温泉に関しては非常に大満足だったのですが。
夕食や接客も。だから、私としてもなぜか悔しくなるといいますか、
もっと評価したいのだが・・・ という感じになりました。

松茸暴れ食いですか・・・私の分もちょっと残しておいてくださいね(笑)
山菜OKなら、これから春の山菜がおいしい季節ですね。
そういえば、最近「つくし」って見かけなくないですか?

自分の感性に響く宿と言えば、年を経るごとに宿の好みが変わってきて
いるのを自分で感じます。宿だけじゃなく、旅のスタイル自体の好みも
変わってきているかも・・・以前は他のお客さんと接触する機会がすくない
ことが心地よかったのですが、近頃、パブリックスペース等で
他のお客さんとコミュニケーションをとるのが楽しみのひとつになりつ
つあります。

by: ユルネバ * 2007/03/30 23:51 * URL [ 編集]
--。・゚・(ノД`)・゚・。--

こんばんは、ユルネバさん。
私も目がかゆいです。
鼻もですが、目が痒いのもなんとも…。
空気清浄機2台に掃除機はダイソンでガンガンやっているのですが、どこからともなく進入してくる花粉に蹂躙されるがままのちゃろちゃんが来ました。

朝食談義しに来ましたよ。
普段、朝食はプロテインで済ませているのですがw
旅に出るとなんとなく食べてしまいます。
どうせなら量を食べるのではなく、朝起き抜けの身体が欲しているモノを食べたいですね。
旅館ではありませんが、「神戸北野ホテル」の朝食、同じ山口シェフ監修の「プライムリゾート賢島」の朝食は美味しかったです。
旅館では「蓬莱」金沢の「浅田屋」が秀逸でした。
思いっきり出来合いの朝食という宿もありましたが、さすがに目が点w
本当に落差が大きいと辛目になってしまいます。
初めてユルネバさんとお話するきっかけになった「枇杷」も朝食、残念でした。
夕食も私的には非常に完成度が低かったのですが、翌朝の朝食は追い討ちをかけられたような感じがしました。
水菓子のメロンがカピカピに乾いていちゃったりなんかして…ものすごく残念。
あとは細かい項目挙げていけばキリがないのですが…。
朝は忙しいでしょうし、板場も全部が揃って仕事しているわけではないのもわかるんですが、なんとなく手抜き?みたいに思えてしまうと残念でなりません。

山菜任せてくださいよw
山菜採りや茸採りするんですよwwwww
ユルネバさん、「つくし」ご覧になられませんか?最近。
我が家のガレージ、アスファルト加工してありますが、アスファルトを食い破って…というかそれぐらいの勢いで生えて来てますw
それを摘んで料理して一杯のアテにしますよw
ふきのとうもタラの芽とかも。

確かに旅の目的も旅への自分自身のスタンスも変わって来ますね。
ただ変わらないのは自分と相手がいかにいい時が過ごせるか、ということです。
もちろん、自分達の旅の道中で関わった人ともいい時を過ごしたいと思っています。
なんとなくようやくこの歳にして「百代の過客」の意味が薄ぼんやりと判り始めたような気がします。
by: ちゃろちゃん * 2007/03/31 21:10 * URL [ 編集]
----

ちゃろさん、こんにちは!
ユルネバです。
今日もギャフンギャフンしてますよ。

旅先ではなぜ朝食を食すことができるのか、ちょっとした謎ですね。
私は中学生頃から朝食を食べないことが習慣づいてしまっているので、普段は朝、
水分しか摂らないのですが、旅館でいただく朝食では、たいていお櫃を空にする
勢いで白米おかわりしまくっちゃうんですよ。温泉効果で胃腸の働きが活発に
なっているのかな?とも思いますが・・・
なので、ごはんのおいしい宿の朝食は嬉しいですね~。さらに、おいしいごはんのあてが
あれば最高です!

ちゃろさん、山菜採りも守備範囲とは・・・参りました。つくし、私が気付かないだけなの
かな?
久しくつくしを見かけていないこと自体に気付いてなかったですよ!
きのこも、小学生のころ「これって毒キノコかよっ?」とかやった以外、摘んだことない
ですね(笑)ふきのとうやタラの芽に至っては語るに及ばず、めっきり旅先限定のおかず
となってます・・・

こうして旅の話題をみなさんと共有する時間も、私にとって旅の一部分となりつつあるの
かな?と思います。いろいろな情報をいただいて、その情報をもとに自分が旅をする妄想
につかるのも、また楽しみとなっています(笑)
by: ユルネバ * 2007/04/01 14:49 * URL [ 編集]
----

ユルユルことユルネバさん、こんにちは!
みくです。

ユルネバさんのおかげで、ちゃろさんとお話できるようになったので、
すこ~しユルネバさんを楽にしてあげようかなあ~と思ったけど
やっぱり「みくワールド」は休館できそうにありません・・・。

4月も歓迎会とか何かと忙しい時期だと思いますが、またやってきたこの女に付き合ってくださいね。
九州に詳しい「きれいで女らしいくーさん」がお仕事になってしまって心細いでしょうけど、
しばらく破天荒みくで我慢しておくれやす!

ユルネバさんとちゃろさんのお話を見ていて、また「あせび野」に行ってみたいなあ~と思っていたら、
「ふらふら温泉日記」で「あせび野」がアップされましたね!もう見ましたか?
洋朝食の写真もしっかり載ってますよ!私が豪華と言ったおかずや寝湯の写真もありますね。

11月、10月に行ったので今度は季節を変えて、来年の4月くらいがいいかな~
初めは友達と平日訪問だったため以外と簡単に予約できて「花の蔵」の二間の部屋、ゆったり贅沢に過ごしました。
次は私のベストの部屋はぜったい「花の蔵」219号室と思って、6ヶ月前の朝8時に予約の電話をしました。
二間の部屋よりはもちろん狭いけど、この部屋は最高ですね!
川がすぐ下を流れていて目でも耳でも楽しめるし、部屋の前にはなんにもない、
隣の部屋だともう川から離れてしまって貸しきり風呂の屋根が前にあるもの、今度はどの部屋にしようかなあ?

ユルネバさんは5回も行くのだから、新たな「あせび野」探訪記では今までのお部屋紹介もして欲しいです。

ただあせび野は私にとって一番頑固な宿でもあります。

(1)アウト10時30分厳守!(30分以上前に部屋案内してくれるならアウトを30分遅くして欲しい)
(2)アウト後の部屋見学ノー! (これは仕方ないか、見せた方が再訪意欲が湧くのにね)
(3)一緒に行く人が急に都合が悪くなっても、一人宿泊駄目! (ゆえに友達2人と予約しにくい、平日だけでも一人宿泊料金設定してくれたら私は全蔵制覇してるかもです)

食事の時の仲居さんは私が運が悪かったんですよね、今度は若い人がいいなあ~
特に人を重視するユルネバさんが何も言わないからずっと疑問だったけど、何となく聞きにくかったのです。

ユルネバさんにとっての「あせび野」は私の「だいこんの花」みたいなものですものね!
ダイニングの感じがよく似てますよ、だいこんの方が少しゆったりしてるけど。

那須塩原は5月初めなので、新緑には少し早く芽吹きの時期ですって、朝晩はまだまだ寒そうね。
「雪月花」に何度も行ってるユルネバさんなら詳しいですよね。

「山水閣」も候補?一昨年の7月に行ったけど、昼間は暑くても夜はすご~く涼しくなって驚きました。
新しい部屋が5室もう完成してるでしょうね(別邸 回)
ここは部屋露天の他は景観のない大浴場と貸し切り風呂だけで露天風呂がないので、なかなか再訪できずにいます。
お風呂重視の眺望マニアみくですね!

ちゃろさんからも「ブログ作成」を薦められました、
誰か一緒に手伝ってくれる人がいればいいけど、全く私一人ですものね・・・
ワードの勉強もしないでパソコンを始めたので、まったく何もできないんですよ~恥ずかしいくらい。
でもちゃろさんの言われるように、ついこの前まで知らない人とこうして話ができること、こんなにスゴイことありませんよね!このスゴイことに私はすご~く救われているのだからほんとにスゴイですよね!!!
by: みく * 2007/04/02 14:36 * URL [ 編集]
----

みくさん、こんばんは!
ユルネバです。

みくワールドは全開でお願いします! くーさんがそうしないと来てくれないのでは?と
心配しています(汗) ご姉妹での会話、情報の宝庫でもあり、良い空気感を与えてくれ
ていると勝手に思っていますので!

4月の歓迎会ですが、早速ブッチしました。次の日から温泉旅行なので(笑)社会人失格
と言われようが知ったことありません。写真を撮ったりと結構忙しい部分もあり仕事並み
に疲れる時間もあるので、万全の状態で行きたいので(汗)

破天荒でも何でも、是非来てください! 我慢なんてすることはないですから~ みくさ
んが元気ならば、ドシドシコメントくださいね!

あせび野・・・ みくさん情報のお陰で、見てみました。実は気付いていませんでした。
最近ネット情報にも疎いところがあって・・・ 妻が検索の鬼となり情報収集してくれてい
るので、私は完全にサボっています(汗)あの方は写真が上手で、サイト作成もできるの
でうらやましいです。脱帽ですね~ 

みくさんも秋に行ったのですね! 私は冬と5月と秋に宿泊しました。秋、良いですよね
~ やはり、「花の蔵」219号室って良いんですね! 私は215号室と217号室と
「木の蔵」1回の宿泊経験です。ちなみに、215号室が1番私には合っていたような。
職場の先輩は木の蔵が気にいったみたいですよ~
今までの部屋も紹介したいのですが、写真が数枚しかないんですよ。正直私の文章力では
難しいです(汗)もちろん、次回のリポートで少しは触れるつもりではいるのですが・・・

アウト、10時30分厳守とアウト後の部屋見学がNGというのは、推測ですが、3時間
30分くらいで清掃するのが本当にギリギリなのかなぁ~と。部屋の広さとしてはそこま
で広いわけではないですが、結構ツライと思いますので・・・
1人宿泊NGは・・・ う~んちょっとわからないですね~ 宿泊料金が高くなってしま
う? …何ででしょうね?

接客ですが、私の時も仲居さん、フロントスタッフの方でみくさん風に言うと“運が悪か
った”と感じる人、いましたよ(笑)でも、素晴らしい!と感じる人がその日その日で1
人いることで忘れるくらいの程度でしたが・・・ 特に2泊目からか、同じ人に接客しても
らうことが殆どで(1回お休みの時があり)、その人が素晴らしいんですよ!妻が大のお
気に入りで。確かにみくさんにとってのだいこんの花のような感じの宿だと思います。今
度行った時にもそう感じることができるとうれしいのですが・・・ 最近ほたるの長屋やか
やうさぎ等、ヒットな宿が続いているので、評価厳しくなっているかもです(笑)

雪月花に何度か行っていますが、那須は実は詳しくないんですよ(汗)訳のわからないミ
ュージアム系が沢山あるので、観光はほとんどしていないので・・・

山水閣は準候補と言えばよいでしょうか。関東より北でいうと、やはり湖山荘の離れが第
一候補で、だいこんの花が次かなぁと思っています。ただ、今は北より南へという状況な
ので・・・ やはり転職や異動とかしたら九州は中々行けないと思いますからね。

ブログですが、メイがいるじゃないですか! それに1人でできると思いますよ。Web
サイト作成は中々難しいなぁと思いますが(私も出来ていません(笑))ブログはテンプ
レートがあり、誰でもできるようになっていますから。
私もワード・エクセルなどできない状態で就職しました。人間みんな最初は赤ちゃんとい
うことで、やってみればできること、結構多いでしょう? もちろんできないことも沢山
あります。でもブログはやればできる系です。できなかったら相談してください。現状な
ら時間もまぁまぁありますから。返事が遅くなることはお約束で(笑)

ついこの前まで知らなかった人とこうして会話ができる、確かにこれって凄いことですよ
ね。そういった意味ではブログではなく、SNSやサイトの掲示板とかでも可能なことで
すので、ブログを作成しなくても良いとは思います。SNSを私が始められれば良いので
すが・・・(汗) 
by: ユルネバ * 2007/04/02 21:14 * URL [ 編集]
--ユルチューのみくより--

ユルネバさんへ!
みくで~す、おはようございます!

昨日のタイトル、こう書いたのに何故か消えてました???

それからこれも言い忘れ!表紙の写真が新しくなりましたね!
この赤茶色もすごく好きです!!!いいですね~
探訪記も私の大好きなお風呂になって、またそちらにもお邪魔しますね!

くー姉は仕事とお子らの世話で今は大忙しでしょうね~時間ができたら顔だしてちょ!(名古屋弁)

温泉の前日の歓迎会?当然欠席ですよ!社会人として探訪記優先です!(ユルネバさんの職場の皆さんごめんなさい)
4月はどこにお出かけですか?と聞いても答えてくれないユルユルでした。

「ふらふら温泉日記」さんの写真は色が鮮明できれいですよね!
2人で温泉旅行なんて最高の仲良し父娘だこと、微笑ましい~
サイト作成ってどこで??

「あせび野」219の次は215がいいですよね!(一番初めの部屋写真がそうですね)
露天風呂の周りに囲いがないから開放感があって得してる感じ。
「木の蔵」は景色はよさそうだけど、露天風呂に閉鎖感がなかったですか?

「アウトを11時まで延長できませんか?」と聞いた答えが2回共同じでした(2年あいてます)
「掃除をしてから全室チェックするので無理なんです」でした。
じゃあイン15時アウト11時にして欲しいのになかなか叶いませんねえ~

一人宿泊は駄目な所の方が多いのよ、ユルネバさん!
(確かに時々 明後日の方向いてること言ってる・・・www)
でもあせび野の部屋の広さや雰囲気は、一人宿泊に最適なんだけどなあ~残念。

私も観光はゼロと言ってもいいくらいしないです。
でね、ユルネバさんが詳しいと言ったのは天候のことだったんだけど・・・これも明後日?
イエ、イエ~これは私の聞き方が悪かったです(笑)

「湖山荘離れ」は私も再訪したいからライバルがいっぱいですね!
3室しかない上に露天風呂付きは1室だけでしょ、横に土地がいっぱい空いていたからもっと作ればいいのにね。

「転職」って気になる言葉がよく出てくるけど、転職可能性ありですか?
いまはチャンスかもしれないけど、そうなると忙しくなりますよね・・・。

メイ?駄目!だめ!若い子は自分の遊びが忙しくて家になんかいませんよ。

テンプレートって?SNSって? ほらっまったく分からない・・・
ユルネバさんに相談したっていつ返事がくるか怪しいもの嫌だわ。
そうなったら、当然携帯番号聞きますからね!でもって「教えに来て」となるから止めた方が無難だと思います!
by: みく * 2007/04/03 09:19 * URL [ 編集]
--明後日の方は見ないようにしているはずのユルネバより--

みくさん、こんばんは!
ユルネバです。

昨日のタイトル、私も承認したら消えていたので、なぜだろう?と思っていました。
編集する権限がないはずなので・・・

今回、春っぽい写真を使用してレイアウト考えたら?とヤラネバに言われ、バックカラーをどうしようかと思っていました。春っぽい色だと何かボヤけたり、目にやさしい感じの色でなかったりと、良い色が見つからなかったのです。色々と試した結果、この赤茶色になりました。ヤラネバとみくさん、趣味が合いますね~

くーさん、お忙しいのでしょうね・・・ なんかみくさん、くーさんの会話がないと寂しい気がしますね。私からも「顔だしてちょ」っと!

今日も前日の歓迎会、出席ね~と課長に言われました(汗)きっぱりと理由も言って断りました(笑)現在は課のメンバーにも恵まれているので言いたい放題しています。
4月は温泉に行かないか?・・・ とりあえず、夏は多分行かないとだけ言っておきますね(笑)

「ふらふら温泉日記」さんのリンクに“本サイト”というのがあってそちらを見ました。
まぁこの話も先日のネチケットに触れるかもしれないのでこの辺で(汗)

あせび野は219には宿泊したことがないので感想が言えないのが残念ですが、215はヤラネバが大のお気に入りです。1番初めの部屋写真、よくわかりましたね~ その通り
215です。「木の蔵」は好みが分かれるかもです。私は風情があるというのでしょうかあの木の窓で囲われている感じに、時間帯によって陽が差し込んでくる雰囲気が何気に好きでしたが、ヤラネバは花の蔵の方が好きなようです。

1人宿泊は駄目な所の方が多いのはわかっているのですが、あせび野がなぜ駄目としているのかがわからなくて・・・ あせび野はそうしたお客さんを受入れそうな感じがしたので・・・ 結構平日だと空いている時ありますよね? “突然1人宿泊贅沢プラン”なんていってやったら結構人気でたりしそうですが・・・

那須ですが、天候も詳しくないですよ~ 冬以外行ったことがあるので、何となくこれくらいの気温で、とかそれくらいですよぉ~

「湖山荘離れ」は宿泊できないと正直思っています。土曜日くらいしか宿泊できないと考えると、一か月に4組しかあの部屋には泊まることができないわけで・・・ いつか行ってみたいです。まぁ気長に待ちます。みくさんの方が先に宿泊しそうな予感がします(笑)

転職、したくてしたくて仕方ないです(笑)まぁこんなヤツどこも採用してくれないのはわかっているのですが、受けなければ始まらないので(汗)今より忙しくなるとは確かに思っています。その時は更新をサボるか、放置するか、ブログを閉めるかになると思います。

メイはだめですか・・・そうすると確かにアドバイザーが必要になりますね~ 私に相談ですか? 知識ないですよ! 返事はなるべく早くしますけどね(笑)どなたか他の方が良いかもしれないですね(汗)距離的に、教えには行けないと思いますが、電話なら確かに何とかなりそうですね・・・ どうやって交換するんだ? ・・・ コメントに記述しないでくださいよ~~
by: ユルネバ * 2007/04/03 22:30 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/2-63d1816e
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。