スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
琴平温泉 旅籠 かやうさぎ 探訪記7
本日より2泊目に宿泊した「隠れ倉」についてリポートしていきます。
本日は外観と土間について簡単にリポートします。

早速写真をみてください。
かやうさぎ 隠れ倉 外観


外観はこんな感じです。これは入口の写真ですが、「隠れ倉」というだけあって、昔の倉を使用してメゾネットタイプの離れになっています。

「隠れ倉」の入口には
かやうさぎ 隠れ倉 表札


こんな表札が。「爽」とは違い落着いた感じのものになっています。

では中へ入ってみます。
かやうさぎ 隠れ倉 土間


玄関の扉を開けると直ぐに土間で、こんな感じでした。中々良い雰囲気でした。

逆からみてみると、
かやうさぎ 隠れ倉 土間


こんな感じです。結構スペースがとられているのがわかるかと思います。
正直この土間にスペースをとるのはどうかなぁというのが私の感想です。その分、部屋の1つである板の間を広くとることができたのでは?と思ってしまいました。
もっと言うとこの土間の部分を全部板の間にして欲しかったなぁと感じました。

かやうさぎ 隠れ倉 土間


この写真は階段から撮影した土間と板の間ですが、板の間から2階の畳スペースに行くためには、その度に草履を履いては歩いて脱いでを繰り返さなければならないのです。

“倉”をイメージし、昔の家を再現しているのはわかるのですが、居心地や使い勝手を考えると、板の間と階段の間を土間にするのは・・・と感じました。
2世帯で宿泊して、それぞれの世帯が1階と2階にわかれて過ごすというのなら良いのでしょうが、トイレ・洗面・お風呂といった共用の水まわりは土間のつきあたりにあるので、どちらの部屋に滞在するにしても草履に履きかえる必要があり、少し億劫な感じがしました。

ただそういった気持ちを持ちながらも、雰囲気づくりとイメージの統一感には感心します。

土間の奥の方は、
かやうさぎ 隠れ倉 土間


このような感じになっていて、レトロ感溢れる感じに仕上がっています。

板の間への上がり口の脇には、
かやうさぎ 隠れ倉 土間


このような靴置きがあります。

階段下には、
かやうさぎ 隠れ倉 土間


このようなものがありました。雰囲気づくりの飾りのために置かれているのかと思いきや、

かやうさぎ 隠れ倉 土間


冷蔵庫が入っていました。こうした工夫、他の宿でもやっていることかもしれませんが、感心させられます。

最後に、
かやうさぎ 隠れ倉 土間


板の間から土間を覗く窓がしつらえてありました。
ただの壁にするのと、窓になっているのでやはり違うと思います。またこの部屋の雰囲気を良くするものでした。

次回は「隠れ倉」の板の間についてリポートします。

スポンサーサイト
2007/08/05(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (3) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんばんは~。

隠れ倉の土間の部分、良い雰囲気は伝わってくるんですけど、使い勝手を考えると確かにめんどうですよね。でも、なんか懐かしさがよみがえってくるんですよ~。幼い頃によく遊びに行ったおばあちゃん宅も同じような造りで、その都度はきかえるのがいやでよく怒られましたもん(笑)

叔母の年齢ぐらいだと、土間や戸や窓を見てネ、ワァ~懐かしい、いいなぁ~なんって言っているんですよ
ただ単になつかしいだけなんでしょうが・・(笑)

板の間がもう少し広いとよさそうな感じも伝わってきますね。あと、家具一つにも拘りを感じます。
どこを見ても絵になって写真もすごく充実してますね


by: くー * 2007/08/08 21:53 * URL [ 編集]
----

くーさん、おはようございます!
ユルネバです。

くーさんのおばあさまのお宅も土間づくりだったんですか~。勝手にもの
すごく大きい家を想像しています(笑)蔵でもありそうな・・・
土間を介しての移動ですが、私は写真をとるためにやたらと部屋を移動し
たので、いっそう面倒に感じたのかもしれません。でも、これが土間とな
っているのと、板の間となっているのでは、懐かしい雰囲気の度合いが違
うかもしれませんね。
とはいえ、やはり履きかえるのが面倒でした・・・子供の頃のくーさんと話があいそうです。

叔母様も写真をみてくださっているのですか、ユルネバです、ありがとう
ございます(笑)かやうさぎは古い民家の建材を集めて建てられたとのこ
とでしたので、窓や戸のひとつひとつに年月が刻みこまれているようで、
どれも味わいがありました。しゃれたつくりになっているものも、どこか
ほっとする感じがしました。

「倉」はアンティークな家具が好きな方には是非おすすめです。2階の和
室にもちょこちょこと物が置かれていましたので、後日レポートします。

by: ユルネバ * 2007/08/09 08:35 * URL [ 編集]
--承認待ちコメント--

このコメントは管理者の承認待ちです
by: * 2007/09/29 13:59 * [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/152-412b5bcc
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。