スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
琴平温泉 旅籠 かやうさぎ 探訪記6
本日は「爽」のテラスについてリポートします。

こちらの宿を初めて知ったのはある雑誌を読んででした。
その雑誌で私達が宿泊した「爽」と「隠れ倉」も紹介されていて、そこで「爽」に関してはこのテラスがあることも人気の1つと書かれていました。
そして公式Webサイトで離れ5部屋の確認をして、宿泊候補を「爽」・「隠れ倉」・「飛水」としました。宿泊希望日に「飛水」が全て埋まっていたことから、「爽」と「隠れ倉」に宿泊することにしました。

では写真をみてください。
かやうさぎ 爽 テラス


和室からテラスへのガラス戸は、中央に透明なガラスを使用し、まわりにすりガラスを配することで、地味ながら洒落た雰囲気を演出していると感じました。もしこれが全て透明なガラスであったら、急に平凡なものに思える気がしますから。
そうそう!これこれ、雑誌でみたのは、とガラス戸越しにみた時には思いました。

それではこのガラス戸を開けてテラスへ。
かやうさぎ 爽 テラス


これが雑誌掲載写真の角度です。
絨毯、丸テーブル、ベンチ、座布団、トータルでも、1つ1つとってもセンスが良いと思っていました。このどこかレトロな雰囲気が何とも言えません。

ただ実際に寛ごうとテラスにいくと、
かやうさぎ 爽 テラス


そう、なぜ雑誌であの角度で撮影されていたかがわかる瞬間です。ご覧の通り眺望があまり良くないのです。直ぐ下には道路があり、車の音も結構しました。

左側のベンチに座ると
かやうさぎ 爽 テラスからの眺め


高架の一般道がみえますし、

右のベンチに座れば、
かやうさぎ 爽 テラスからの眺め


この住宅街と畑をのぞむことになります。

このような眺望で、車の音もすると聞いたら、このテラスで寛ぐことはないと思われるかもしれません。
しかし、直ぐ下をはしる道と畑、住宅街の間に川が流れており、その川の音(そんなに大きな音ではない)と、静かに吹く風が中々の癒しを提供してくれます。
部屋の名でコンセプトでもあろう“爽やか”な気持ちにさせてくれると感じました。
でも、やはり夜の方が癒されたことは事実ですが(笑)
「爽」にこれから宿泊を予定、希望されている方はこの点を知っておいてから宿泊して欲しいと思いました。

次回から何回かに分けて「隠れ倉」についてリポートします。


スポンサーサイト
2007/08/04(Sat) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんにちは!

早速のご返事ありがとうございます。
私の休みは不定休でひさしぶりに今日はゆっくりとしていますので、またおじゃまにあがりました。
「またなんって思ってません?~笑」

あれ、あれと思っているうちにテラスの探訪記に・・
このテラスの雑誌掲載写真の角度、なるほど!
へぇ~こんな感じになっているとは・・凄く参考になりました。景観は別としても調度品はセンスよくまとめられているあたりはホント素敵ですね。

宿全体が、なんといったらいいのかしら~
どこもが観賞できるような造りといったらいいんでしょうか。

それとここは接客が本当によかったことも印象に残っています。

茜庵の情報も参考になりありがとうございました。
私が泊まった時は2万円代前半、あくまで料金から考えての値打ち感です。
ユルネバさんのおっしゃる通り、私的には雪月花のが食事も少し美味しいと思いましたし新館のことはよくわからなかったので伺うことが出来て助かりました~。

女3人なら山水閣のがよさそうな感じもしますね。
山水閣の話が出たところで、いつかユルネバさんが泊まられる時があればの参考までに・・
ネット等ではくわしくわからない回の部屋は2~3名なら一番新しい其の3か其の2あたりが良いと思います。好みもあると思いますので・・
ここも評価が分かれる旅館ですよね。

今月は岩の湯と満山荘に行ってきますので又行ってきましたら感想書かせていただきますね。その前にも寄らせてもらいますが・・(笑)




by: くー * 2007/08/05 13:36 * URL [ 編集]
----

くーさん、こんにちは!
ユルネバです。

くーさんがごゆっくりできるなんて珍しいですね。そんな貴重なお時間を
割いてコメントいただきありがとうございます。
また?なんて思っていませんが、もう(返信がきた)!とは思いましたよ
(笑)

宿泊前、テラスで寛ぐのを楽しみにしていました。実際「爽」に宿泊する
人は結構そういう人も多いのでは?と思うんです。あの景観がネット上や
雑誌でどこにもでていなかったので、これを是非知ってから宿泊して欲し
いと思っています。これは宿泊する人だけでなく、宿のためにも。人によ
ってガッカリ度が違うと思いますが、こりゃないぜ~と感じる人いると思
いますから・・・でもあの立地条件の中で最大限に工夫をして開放感を演
出しているというのは頑張っていると感じました。
折角良い宿なのに、騙された!なんて思って欲しくないので。
くーさんのおっしゃる通り、調度品はセンス良くまとめられていて素敵で
した。このテラスの大正ロマン風な雰囲気を板の間で是非表現して欲しか
ったなぁ~とも感じてしまいます。

そうなんですよぉ~ね! 宿全体が観賞できるような造りになっている気
がします。母屋や共同浴場なんか観ているだけで楽しくなるんですよね。

接客の件、先を越されてしまいました(笑)雰囲気も温泉も料理も良いん
ですが、接客が本当に良かったのが印象に残る宿だと思います。これ、“
ここがうれしい”か“まとめ”でうまく書けたらと思っています。1人1
人が宿を愛して、客に対して気持ちで接してくれているので、アドリブが
効いた接客が何とも心地良かったです。

茜庵の最初にできた2つの離れ、2万円台前半なら確かにコスパ高いです
ね。私達は3万7千円で新館に宿泊しましたが、私達が宿泊してきた中で
は今までの最高金額ということもあってか、コスパは高いと感じなかった
んですよね・・・
この新館と雪月花を比較すると、やはり私も雪月花に軍配といった感想で
す。まぁ好みも人それぞれでしょうが・・・

山水閣情報ありがとうございます。
女性3人旅ならパブリックスペース等も楽しめる山水閣の方が良いかもし
れませんね。
回も気になるのですが、やはり山水閣のあの離れにいつか宿泊してみたい
という気持ちがあるんですよね・・・金額が本来の予算より大分オーバー
してしまいますが(汗)

公式Webサイトで回をみてみたのですが、其の3と其の2と其の6が良
いかなぁと思いました。いつも的確なアドバイスありがとうございます。
好みが似ているというかこれまたお見通しということでしょうか(笑)

岩の湯と満山荘のご感想、是非聞かせてくださいね!!
もしかしたら、その時にはブログ完了しているかもしれませんが、くーさ
んのその情報があるまでは終われませんので(笑)

by: ユルネバ * 2007/08/05 14:39 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/151-21136be6
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。