スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
琴平温泉 旅籠 かやうさぎ 探訪記4
本日は、「爽」の和室についてリポートします。

では写真から。
かやうさぎ 爽 和室


まず和室をみて感じたのは、中々開放感があるということ。そんなに広くないにも関わらずです。多分天井が少し高いということと、その先にあるテラスのお陰なのかな~と思います。
(宿泊が冬の季節だったため炬燵です)

次に様々な角度からみた写真を。
かやうさぎ 爽 和室

かやうさぎ 爽 和室

かやうさぎ 爽 和室

かやうさぎ 爽 和室


和室で寛いでいると、やはり先述したように開放感を感じました。広く感じるといった方が良いかもしれませんが・・・
天井が高いというだけでなく、4方面全ての壁に何かしらの窓が配置されていることが、そう感じさせたのかもしれません。

窓は、
かやうさぎ 爽 和室 窓の1つ


テラスに続く窓を除いては、特に凝ったガラスや窓枠を使用しているわけではないのですが、このようなすりガラスを使用してプライバシーを守りつつ、光をとりこみ、安らぎの空間に一味加えてくれていました。

その安らぎの空間に、
かやうさぎ 爽 和室 調度品

かやうさぎ 爽 和室 調度品


部屋の雰囲気と統一感のある落着いた色合いの調度品が置かれ、さらに良い雰囲気になっていると感じました。

しかし、天井に飾られた古い襖とテレビの置かれている場所に使用されている“赤”が気になる人がいるかもしれないと感じました。私は気にならなかったのですが、アクセントとして使用されているのでしょうが、少し派手かもしれません。

ただ、天井が全て白だと面白みに欠けるとは感じます。かといって、他の収納で使用されているベージュや紺を使用すると、ボヤけたり重くなったりしてしまう・・・ う~ん難しい。

他には、
かやうさぎ 爽 和室 欄間


床の間の欄間が気に入ったので一枚。富士山からの日の出のように撮影してみました。完全な自己満足です。

最後に布団の敷かれた写真を。
かやうさぎ 爽 和室 布団


布団カバーは白の市松模様でした。寝心地は普通かと。
ただ4人で宿泊した場合に、炬燵やテーブルを残してもらったら狭く感じるかなぁとは思いました。
先日リポートした板の間に囲炉裏がない方が良いのでは?と書いたのはそういう理由もありました。何もない板の間であればテーブル等を移動し、布団をそちらに2枚敷けば良いのではと思ったのです。

こちらはトータルで満足度の高い宿なので、両親を連れて宿泊したいと考えています。だから色々と考えてしまうのかもしれません。

次回は「爽」の洗面スペースについてリポートします。

スポンサーサイト
2007/08/03(Fri) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんにちは!お久しぶりです。

暑い日が続いてますので体調崩されないように
気を付けて下さいね!

アップ、すごくがんばってるんですね~♪

部屋の調度品や建具に和室の模様ガラスとよい
雰囲気がでてますね。
私的にもいろりの部分は大正ロマン風の椅子や
テーブルが置かれていたらもっといいのになぁ~
って・・
スイッチに装飾がされていた旅館は前にもどこか
であったんですが、ちょっとした配慮がされてます
ね。

探訪記5の洗面の雰囲気もいいです。
椅子がまたいい感じで部屋によって椅子も違うの
ですね。飛水は確か円椅子だったと記憶してます

「爽」はテラスが付いているので一番人気の部屋
ですよね。
飛水は中庭があるのがなかなかです。
次のテラスの探訪記、楽しみにしてますね。
それをみたら又行きたくなりそうで~す(笑)

それと、那須の茜庵のことで伺いたいです。
私が泊まったのはオープン直後でユルネバさんは
いつ頃泊まられたんでしょう
新しい部屋ですか?食事、接客などの感想を時間
のある時にでも教えていただけるとうれしいです。

雪月花に泊まった友人ですがよかったと言ってまし
た。ユルネバさんに「よろしくお伝え下さい」です。
その友人が茜庵と山水閣の新しい部屋で迷ってい
るんですよ。山水閣に行かなければ女3人旅の候
補に上がってもいます。

引き続きも楽しみにしてます。
by: くー * 2007/08/04 12:16 * URL [ 編集]
--ご無沙汰しております--

くーさん、こんばんは! そしてお久しぶりです。
ユルネバです。

体調のことありがとうございます!
くーさんも、体調を崩されぬようご自愛くださいね。

アップはアップアップしながら何とかやっています。写真の整理が全然で
きていなかったので、まずそこからやっているとかなり時間がかかってし
まって・・・ 撮りそこない以外は全部使いたい写真ばかりなのですが、
それを全部使うととんでもない量になってしまうので・・・(汗)

部屋の雰囲気良いですよね~ 和室の居心地も、洗面スペースの使い勝手
も良かったです。それだけに、板の間が囲炉裏によってスペースが生かし
きれてないと感じてしまうというのが、何ともおしいなぁと思いました。
雰囲気は良いのにあまり寛げる感じがしなかったというのでしょうか。
で、考えた時に“大正ロマン風な洋室風”が一番良いのかなぁとパッと思
い浮かびまして・・・ 妻は同意してくれたのですが、他の人はどうか
な?とちょっと自信がなかったのですが、くーさんからも同意見がいただ
けて非常にうれしかったです! でも、今からは改築は難しいでしょうし、
宿には囲炉裏を配置する際にちゃんとコンセプトがあったでしょうから、
仕方ないですよね。 
和室で寛ぎ、テラスで涼み、温泉三昧と時間を過ごすには十分なので良い
のですが・・・

確かに「爽」は一番人気の部屋と聞いたような気がします。テラスが付い
ているからなんですよね。宿泊してみて、やはりこのテラスと個人的には
洗面スペースが「爽」の肝だと感じました。
やっぱり良いですよぉ~ ちなみに「飛水」を見学させてもらったのです
が、やはり中庭があるのは良いですね。あと二間続きというのも。広く感
じる気もしました。洗面の椅子は確認するのを失念してしまいました
(汗)それから「雅」にもちょっと惹かれているんですよねぇ~ 今度行
くとしたら何処に宿泊するか迷ってしまいます。

那須の茜庵についてですが、私達が宿泊したのはズバリ新館です。宿泊し
たのは昨年の秋頃でした。食事は美味しかったですよ~ ただ洗練された
味付けではないかもしれません。豪華食材が沢山使用されているのはうれ
しくもあったのですが、量も多く少し胃にもたれる感じがしました。
でも楽天トラベルで評判が非常に良いですから、私達が宿泊した時の料理
がそうだっただけかもしれません。ただお酒の値段設定が高すぎるかなと
は思いました。それでも個人的には雪月花の方が料理は好きでした。
雪月花が「温泉のあるこじんまりした隠れ家的温泉宿」とするなら、茜庵
は、「温泉・料理付きの別荘」という感じでしょうか。部屋と部屋付風呂
がそう感じさせるのだと思います。

接客については洗練されたホテルのような接客ではありません。でもこち
らの女将さんが私達は大好きです。気持ちが伝わってきて、それだけでこ
ちらも気持ちが良いといいますか・・・ 雪月花より接客は好きかなぁ。

最後に女将さんとお話した際、2人だったら新館でなくて以前からある2
つのお部屋で十分かと思いますから今度宿泊する際は是非そちらにも、と
言ってもらいました。コストパフォーマンスを考えると確かに新館に2人
だとあまり高コスパとは感じませんでした。もし、新館でなければコスパ
が高いと感じたかもしれません。こういうことをサラリと言ってくれる人
柄も私は好きでした。実際次行くとしたら、新館ではないと思います。

女性の3人旅だと、イメージでは茜庵より山水閣の新しい部屋という感じ
もしますが、山水閣は行ったことがないので・・・ ネットでみる限り賛
否両論なんですよね。実は山水閣は温泉にハマり始めた時から行きたいと
思っているにも関わらず、縁がないんですよね・・・ この日と思ったら
既に予約で一杯という感じでした。やはり人気は凄いみたいですね。

とりあえず、部屋付内風呂だけしか掲載していなかった、以前の記事に新
館の部屋の写真をアップしておきますね。
ご参考にしていただければと思います。(下記URLをご覧ください)

http://yururionsen.blog52.fc2.com/blog-entry-82.html


追伸

くーさんのご友人にもよろしくお伝えください!
また雪月花には宿泊したいと思っています。

by: ユルネバ * 2007/08/05 03:05 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/149-e6bf6e39
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。