FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
奥満願寺温泉 旅館 藤もと 探訪記5
本日から3~4回に分けて温泉についてリポートしていきます。
まず泉質・風呂の種類ですが、下記のとおりです。

○泉質等
  泉質:ナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉
     源泉掛け流し  ※源泉温度:70~78℃とのこと
  ※温度はセンサーがあり、湯温によって掛け流される源泉が止まったり出たりします。

○風呂の種類
  
  大浴場
   男女別で各々に内湯・露天風呂・川湯(露天風呂)があります。
   男女別は朝入替わります。
  家族風呂(内湯タイプと露天風呂各2種類ずつの計4つ)
   内湯タイプ
   「○(まる)湯・□(ます)湯」
   露天風呂
   「天(てん)の湯・宙(そら)の湯」


本日は右側の大浴場(チェックインから夜まで男湯でした)についてリポートします。その前に浴場への通路について簡単に。

先日リポートした図書室と隣接する廊下に浴場への入口があります。 
藤もと大浴場・家族風呂への入口(図書室隣接)


露天風呂や家族風呂が沢山あることを知っているので、こんなシンプルな扉ですが、何かワクワクする感じがしました。

その扉を開けて少し進むと、
藤もと大浴場・家族風呂への階段


階段があります。

この階段の先にはさらに階段があります。
藤もと大浴場・家族風呂への階段


黒と白のモノトーンの感じで、非常に落着いた感じです。

この階段を下りて右には、
藤もと大浴場入口


大浴場への入口があります。本日リポートするのは、右側の“男”湯の浴場です。

ではまずは脱衣所から。
藤もと大浴場・右側・脱衣所


日帰りもやっていますが、宿泊客が8組しかないことを考えると十分といえるでしょう。

右側にはタオルが、
藤もと大浴場・右側・脱衣所にあるタオル


こんな感じで沢山置いてあります。その下には使用後のタオルの回収ボックスが付いています。

こちらの大浴場には、
藤もと大浴場・右側・洗面・マッサージ機


洗面の他にマッサージ機が置いてありました。
私が入浴しに行った時、こちらのマッサージ機を満喫している方がいました。気持ち良いかどうかを試す余裕がなく(なにしろこちらには写真を撮るべき風呂の種類が沢山あるので・・・)感想を書けませんが、一応報告ということで。

では、浴室へ行くと
藤もと大浴場・右側・洗い場


まず右手に洗い場があります。カランが2つしかないということではありません。あと2つか3つありました。使える写真がこれしかなくて・・・

左手には、
藤もと大浴場・右側・内湯


内湯がありました。この日は雪が降りはじめ非常に寒い日だったので、内湯に浸かっている人が多かったです。こちらのお湯はちょっと青みがかかっていて綺麗でした。浸かっても良し、目で見ても良しという感じでしょうか。露天に行くと風景が綺麗なので、お湯をみることはないですが。

内湯の左側には
藤もと大浴場・右側・サウナ


サウナがありました。中の写真は曇っていて撮影できませんでした。

先程の洗い場の先には露天風呂へ続く扉があります。その扉を開けると、
藤もと大浴場・右側・露天風呂


露天風呂があります。屋根がついているので、雪が降っていても入浴するのに全然問題がありません。もちろん寒いですが(笑)

ではもう少しアップの写真を。
藤もと大浴場・右側・露天風呂


上の浴槽のお湯が下の浴槽へ流れるようになっているからでしょうか、上の方がホンの少し湯温が高いように感じました。ただ、藤もとの浴槽には温度を感知するセンサーが付いているようで、一定の温度になると源泉が止まるようになっています。それを考えると上と下の湯温の差は気のせいかもしれません。

夜になると、
藤もと大浴場・右側・露天風呂・夜


結構暗いです(写真よりは明るく感じましたが)。夜中は入浴できないようになっているのが理解できます。お酒を飲んだ宿泊客が事故にあわないようにと、考えてのことらしいです。

さらにアップの写真と角度を変えた写真を2枚続けて。
藤もと大浴場・右側・露天風呂

藤もと大浴場・右側・露天風呂


上の写真は源泉が掛け流されているのがわかると思います。一方下の写真は、源泉が止まっているのが見えますでしょうか。センサーで感知して止まっていたようです。ただ源泉掛け流しに拘って、滅茶苦茶熱い温度になっている宿があったりしますが、こちらは適温で入浴できるように配慮してくれているのでしょう。

この露天風呂の先には、もう1つ露天風呂があります。
藤もと大浴場・右側・露天風呂・川湯


そう、川湯です(雑誌で川湯と書かれていたので、そう呼ぶことにします(笑))。本当に川に接するように創られた露天風呂です。

先程夜中は入浴できないようになっていると記述しましたが、
藤もと大浴場・右側・露天風呂・川湯・夜


これは確かにお酒を飲んだ人が足を踏み外す可能性がありますね。こちらも写真よりかは明るく感じましたが・・・(川の方でライトアップされている所があるので)

この川湯をアップで。
藤もと大浴場・右側・露天風呂・川湯


川にかなり近いのがおわかりいただけますでしょうか。大きさはあまり大きくないので、2人までで入浴したい感じでした。

入浴目線ではないですが、
藤もと大浴場・右側・露天風呂・川湯からみる川


頑張れば、川に手が届きそうでした。もちろんしない方が良いです。
危ないですから。しかし、夏なんかは凄く涼しげな感じがするでしょう。深緑の頃に入浴したいなぁと思いました。


次回は大浴場の左側をリポートします。



-----以下 2007年5月14日追記 -----

※『藤もと』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。

宿の入口・中庭・廊下等について(探訪記1へ)

パブリックスペースについて(探訪記2へ)

部屋について(探訪記3へ)

浴衣・アメニティ・洗面等について(探訪記4へ)

大浴場について2(探訪記6へ)

家族風呂(貸切風呂)について1(探訪記7へ)

家族風呂(貸切風呂)について2(探訪記8へ)

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)

『奥満願寺温泉 旅館 藤もと』探訪記まとめへ


スポンサーサイト
2007/04/02(Mon) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (19) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、みくさん、やっとかめだなも!ユルネバさん、「心配しています」ってまたまた本当はやらやれと思っているんでしょうに・・ね、みくさん(笑)
非常勤ということでいつのまにか場所がなくなっていたりして・・非常たりとて出勤して参りますので懲りずお付き合いしてくださいね!

藤もとの風呂がアップされましたね~
ユルネバさんも言われてみえたように川と一体化になった露天風呂は初めはこわごわ、でも入ってみるとこれがまた気持ちよくて・・つい川に手をのばしたくなって身を乗り出しかけたのですがやめときました。

おはぎの甘さかげんもちょうどよかったですね。
おはぎにしてもなんかなつかしい思いを起こさせてくれる宿です。

あせび野の話も出ていましたね~
初めに泊まった部屋が219です。この部屋もいいですよね。叔母が谷にも泊まったことあります。
そう、給仕してくれたオバハン(くー?)の一人がちょっとという感も、それ以外の人は気持ちのよい対応してくれました。ユルネバさんではないですが今泊まるとどんな評価になるか興味深いです。

みくさん、月は昨日ハマーさんに伺ってみたのでそちらも参考にしてみてくださいね!
メゾの露天は吹き抜けになっているので雨の時は部屋に常備してある傘をさしてということになりますね。
(共用の風呂にいく道も)
メゾは部屋じたいは広くはなりますけど水周りがすべて2階になるので1階は寝るだけのスペースになってしまうかとも思います。露天の開放感や部屋から見る目線も平屋のがよさそうです。メゾといっても2階部分は8畳ぐらいで値段から考えても私的には平屋にと思っています。延長もできるようにはなったみたいですよ。


明神館は前回泊まった時は残念な結果に終わってしまいましたがもしまたこの先行ってもいいかなぁと思う時があれば明神館のフィガロさんもみえますのでお話してみるのもよさそうですよ。
だいこんの花も候補に入れてみえるし吟遊の部屋の露天もずっーと憧れていたようで連泊しているのでみくさんとも話しが盛り上がりそうです。
みくさんをあまりひっぱり出すとユルネバさんがヤキモチやいたりしてね!
でもちゃんともどってくるとたかをくっているかもしれないですよ!(笑)みくさんにはまた一つ楽しい時間をふやしてほしいと思っているんです。姉心ですよ

女らしいくー?
CMで「何年恋を休んでいますか」ありましたけど恋と女が入れ変わった状態です。でも恋は適度にしていた方のが張り合いがあって楽しいですよね。えっ?最近ご無沙汰してますが、あっ、どこかのうぶなお二人さんもみえましたっけね(笑)






by: くー * 2007/04/04 14:51 * URL [ 編集]
----

・・・帰ってきたくー姉さん!・・・

ユルネバさん、こんばんは!
くーさん、やっとかめだなも!みくみくです。

まぁ、九州に詳しいくーさんがおらんで、おおじょうこいとったがね・・・(汗)
わたしだと分からんでいかんわ?!

ユルネバさん、よかったですね~くーさんがいないと心細いそうですから、
正社員とまでいかなくても派遣社員くらいの気持ちでちゃんと出勤して下さいね!

ハマーさんのブログの「月」のお話、もうとっくに見ましたよ!
延長30分一人千円ですね(詳しい!)
くーさんは平屋2部屋とるということはご家族宿泊ですか?いつ頃予定?

>雨の時は部屋に常備してある傘をさしてということになりますね。

なんか笑ってしまいました・・・じゃあ私も行くとしたら平屋にしますね。

くーさん、姉心嬉しいです(涙)
人間死んだら終わりだし、人生一度しかないから楽しまなくちゃソンだと思うことにしました。
嫌なヤツとは会わなきゃいいんだ、くらいの気持ちで・・・。

「何年恋を休んでますか」ってドラマありましたよね!
キョンキョンとか出ていたヤツ、見てました?

くーさんのお友達のフィガロさん、ただいま恋愛中で羨ましいですね~
恋人同士の方がいいなあ~
夫がいようと子供がいようと、女は一生恋をしていなくては!ですから私たちも頑張りましょう?!(笑)

ユルネバさんは何やらブログを放置するやら閉めるかもとかショックなこと言っておりますから?
私も少しユルユルばなれしなくてはいけないわ・・・と思っていたところです(泣)
そんなところに、くー姉さんが来てくれたので、すごく嬉しかったですよ(うれし泣き)

報告です!!くーさんにすっかりお世話になった「奥の樹々の山栗」  10月の平日に予約できました!
紅葉時期より早くなったのは、秋からの温泉計画が少し変わったからです。
行けたら11月の後半に「海」か「月」をもってこようかな?と思ってます。

どちらにしても、くーさんの報告を待っていますね!
今度の「旅サラダのみやちゃん」は「奥の樹々」ですよ!(それもあって早めに予約しました)
それよりくーさんの「欅」訪問感想の方が楽しみです!

ユルネバさんへ追伸:「編集」すると「タイトル」が消えてしまうみたいですよ?
by: みく * 2007/04/04 23:18 * URL [ 編集]
----

くーさん、こんばんは!
ユルネバです。

“非常勤”についてはまだ私は了承していないですよ~(笑)でも、ブログ本体の記事更新が“非常勤”ペースになっているので、うまくいけば更新するたび、くーさんに来てもらえるのではないかと目論んでいます!

藤もとの記事も、ようやくお風呂まで来ました。川沿いに配置されたお風呂の数々を早くみなさんに紹介したくてウズウズしてたんですよ!自分にとってはここがヤマ場なので、更新ペースが落ちすぎないよう頑張ります~。
川べりの露天風呂に入ったら私も川の水に触れてみたいと思っていたんですが、いざ入浴当日になってみると、寒くてそんな余裕がありませんでした(笑)深緑の季節に再訪できたら次回は是非やってみたいです。

こちらのおはぎの写真をみるとほっこりした気分になります。宿のあたたかさが思い出されるんですよ。

あせび野、はじめて泊まられたお部屋が219とは、くーさんまたうらやましい話をお持ちですね・・・ 今回の再訪は久々なので、自分自身がどう感じるかちょっと不安でもありますが、まずは楽しんできたいと思います。

> みくさんをあまりひっぱり出すとユルネバさんがヤキモチやいたりしてね!

ヤキモチはやいていないですが(笑)、みくさんが私のところにコメントをいれてくれたときには「くーさん、一緒に合いの手を~」と、くーさんが来てくれるかどうか、ヤキモキして待ってますよ!(笑)というのも、みくさんが宿泊されている宿について、私自身が同じ宿に泊まっているところが少ないので、体験談を共有できる方とお話されたいのではないかな?と思っているからです。ちゃろさんのところに書き込みをおすすめしたのも同じ理由ですし、くーさんおすすめのフィガロさんや、ハマーさん、あとリンクを貼らせてもらっているさくらさん・ひまわりさんのところでしたら伊豆・箱根方面の話題をたくさん記事にされているので、みくさんご自身がもっとコメントを楽しめるのでは??と思います。さらに、くーさんも皆さんのブログでコメントされているということは、みくさんとくーさんが遭遇される確立もぐーんと上がりますよね!
・・・と、勝手にくーさんとおせっかいな計画を立てていますが(笑)、みく姉さんにいろいろ楽しんでいただきたいという弟心?でした。

> あっ、どこかのうぶなお二人さんもみえましたっけね(笑)

お二人というのは、私とく○らさんのことですかね?うぶと見せかけて本当は・・・かもしれませんよ(笑)思えば、く○らさんが最近結婚されたのも、色男の年貢の納め時だったのかもしれませんし! どうですか、○じらさん?
by: ユルネバ * 2007/04/05 21:11 * URL [ 編集]
----

みくさん、こんばんは!
「やっとかめだなも」の意味をネットで調べてやっとわかったユルネバです。

> まぁ、九州に詳しいくーさんがおらんで、おおじょうこいとったがね・・・(汗)
> わたしだと分からんでいかんわ?!

私は私で「くーさんがいないと、みくさんが興味のある宿の情報交換ができないんじゃないか?!」とヤキモキしていたわけです。くーさん、非常勤だと急に心細くなる私達を助けてください(笑)

> 私も少しユルユルばなれしなくてはいけないわ・・・と思っていたところです(泣)
> そんなところに、くー姉さんが来てくれたので、すごく嬉しかったですよ(うれし泣き)

みくさん、くーさんを待つのではなく、追っていくという方法がありますよ!くーさんへの返信中でちょっと触れましたが、さいきん私の記事が九州方面つづきだったりもして、みくさん的に不完全燃焼なのではないかな・・・?と余計なお世話で心配しています。コメント入力方法について、もうパスワードも忘れず編集できていると思うので、普段みくさんがご覧になっているみなさんのブログでコメントされてみてはどうでしょう? そう勧めておきながらパタリとみくさんのコメントがなくなるのも寂しい気がしますが(笑)、折角いろいろな宿の宿泊体験をお持ちなのですから!
「ユルユルばなれ」云々ではなく(笑)、これだけいろんな人が勧めるというのも珍しいと思いますので、ぜひ検討してみては?

追伸:私の経験上では、編集するとタイトルが消えるということはなかったのですが・・・今度実験してみます。
by: ユルネバ * 2007/04/05 21:35 * URL [ 編集]
--ウブ・・・かなあ???--

ユルネバさん、こんばんは。
私はウブとまではいきませんが、ああいった場面には弱いです。
(見たい気持ちは人○倍ありますけどね)
私の結婚あ年貢の納め時だったんでしょうか?
自分でも分かりませんが、ここ数年いろいろなことがあって
落ち着きたくなったというのもあります。

話がそれましたが、川の温泉、いいですね。
体は温かいのに、他は涼しげみたいな感じで。
by: くじら * 2007/04/05 22:16 * URL [ 編集]
--ウブと見せかけて人○倍--

くじらさん、こんばんは!
ユルネバです。

見たい気持ち、人○倍・・・←左に同じです(笑)その気持ちがやましくて、混浴が苦手なのかもしれません!
年貢の納め時というのは勿論冗談ですよ!同じ時間を相手と分かち合える楽しみの始まりだと思いますから。そんなウブな男心を知ってか知らずか、いつでも恋していたいという女性陣の声も聞こえてきましたが・・・(笑)

藤もとの露天風呂はロケーション抜群ですよ。くじらさんにも是非体験して欲しいです。
by: ユルネバ * 2007/04/05 22:38 * URL [ 編集]
--パタリとやめるわけないですよぉ!--

ユルネバさん、こんにちは!みくです。

「やっとかめだなも」の説明書きを忘れてしまってごめんなさいね。
おかしかったので私も調べたことろ、

「あんまりきてちょぅでゃァせんもんだであんじとったぎゃァも ... 一ぺん寄ってちょうでゃァせ. お待ち申しとりますわナモ」八十日目と書いて「やっとかめ」と読む。 80日ぶりに会ったこと、転じて久しぶりだという意味 ...。

(注:くーさんも私も若いのでこういう言葉で育っていませんからね)

いろいろご配慮いただいて重ね重ね ありがとうございます!
そういえば高校生の時、クラスの女友達から「放っておけない人」と言われたのを思い出しました。
見ていて危なっかしいんでしょうねえ~
世話になりっぱなしの人生を歩んできて、今も変わってないということですよね・・・(汗)
やはり私が世話をするのは動物くらいでしょうか?

探訪記が九州だろうが北海道だろうが、好きな温泉宿だから楽しいですよ!
ユルネバさんのおかげで、くーさんとも姉妹関係の仲になれましたし、
ちゃろさんとも共通の話題でめちゃくちゃ楽しく盛り上がらせていただいていますし、
またチャンスがあったら他の方ともお話させていただきますね。

>同じ時間を相手と分かち合える楽しみの始まりだと思いますから・・・

ロマンチックですね~素晴らしい言葉です!ヤラネバさんは幸せですね!

私は生まれ変われるなら、結婚はしないで 動物関係の仕事について一生頑張りたいです!
恋人は年下の人がいいなぁ~で2人で温泉に行く!
北海道から九州まで行きますよ!まずは「藤もと」の露天風呂「川湯」に入りたいです!

追伸:くー姉>みく>ユル弟 という図式ができてますね?
これは実際年齢ではなくて、温泉経験年齢でしょうか?
by: みく * 2007/04/06 10:42 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、みくさん、こんばんは!

藤もとの風呂の数々をみなさんに紹介したくてウズウズしていた気持ちよーくわかります。
ロケーション抜群だからこうして写真拝見してしているだけで思い出して入りたくなってしまいますね。引き続きも楽しみにしています♪

みくさん、10月に山栗の部屋が予約できてよかったですね~♪今度のみやちゃんは奥の樹々なんですね。みくさんが教えてくれなかったら見逃したかもしれないです。前の風こみちにしても。
山栗かな?だとしたらなつかしいです。
欅に泊まってきたらまっ先にみくさんに報告しますね

月は多分6月頃?だと思います。
家族ではなく半分は付き合いです。
みくさんもこれからいろいろと行くんでしたよね。
又みくさんも感想知らせてくださいね!
そうそ、湖山荘の離れに私もまた泊まってみたい。
部屋の露天も最高に気持ちよいし食事も素朴ながらもいいですよね。

ユルネバさんは転職してもみなさんがコメントを寄せてくれる人がいる限りは更新は遅れても続けてくれると思いますよ。
みくさんも他の方との会話も楽しみながらもユルネバさんのブログではみくワールド全開でいて下さいね

ユルネバさんもなんだかんだといっていてもみくさんがいなくなってしまうとさみしがると思うし私だってい
っしょだから・・・そういう私もユルネバさんにじょうずに乗せられているわけで・・・ね!ユルネバさん(笑)
でも感謝していますから。。

>人間死んだら終わりだし、人生一度しかないから>楽しまなくちゃソンだと思うように

気持ちの持ち方一つで少しは変わってきますよね。悪いことがいつまでも続くわけではないですもんね

話はずれますけど仕事では欲がらみのたぬきときつねの多いこと(笑)我が家の庭はもう入る余地なしです。

みくさん、誰かさんが混浴たったの5分だけなのに、にわかに「ちょーすいとるよ」まだまだ~~。
・・・みせかけて人○倍・・・の誰かさんとでなんかうわ言、言っとりゃーすよ(笑)





by: くー * 2007/04/06 20:10 * URL [ 編集]
--放っっとけないよ♪(楠瀬誠志郎風)--

みくさん、こんばんは!
ユルネバです。

「やっとかめ」って八十日目ってことだったんですか~!“やっとかめに会えた”とかか
ら来てるのかと思ってました。日本語も奥が深いなーとプチ・ディスカバリージャパンな
気分になりましたよ。こんな風にしゃべってて欲しい気もします(笑)

「放っておけない人」って、演歌の曲のタイトルみたいですが(笑)、裏を返せばみんな
に愛されてるってことじゃないですか? それって自慢できることですよ! みくさんの
素直なお人柄が人をひきつけるのだと思いますよ、お陰で私もミクチュウですから!

同じ時間を分かち合える・・というのは、丁度ヤラネバと話していたことなんですよ、実
は。でも、これって夫婦に限らないことかもしれませんね。そういう意味では、ブログコ
メントのコミュニケーションというのは、書き込む時間・読む時間はそれぞればらばらで
あっても同じ空気を共有できるという面白い場所だとおもいます。

> 私は生まれ変われるなら、結婚はしないで 動物関係の仕事について一生頑張りたいで
す!
> 恋人は年下の人がいいなぁ~で2人で温泉に行く!

みくさんのことですから、結婚しないで動物関係の仕事に打ち込んだら、きっと休日も動
物たちが気になって、温泉にも行けなくなっちゃうのでは? 
藤もとの川湯、ビーさんも気にいってくれないかなー?チャンスがあったらぜひ行ってみ
て欲しいです。

追伸:くー姉>みく>ユル弟が実年齢かどうかはミステリーとしておくとして(笑)、温
泉経験年齢ではまさにこの図式ですよ!! 頼れる姉御衆に囲まれ幸せです(笑)
by: ユルネバ * 2007/04/07 00:45 * URL [ 編集]
----

くーさん、こんばんは!
ユルネバです。

お風呂紹介のつづきを今日アップしようと今朝は思っていたのですが、手付かずのうちに
日付が変わってしまいました・・・間が空かないように明日こそ、いや今日こそですね
(笑)頑張ります~

奥の樹々の山栗、旅サラダで放映されたらしばらく予約が難しくなりそうですね~みくさ
ん、ぎりぎりセーフでよかったですね。私もくーさんに山栗がおすすめと教えてもらって
いつか行きたいと思っています。欅も気になるところですので、くーさん、是非感想を教
えてください。

> ユルネバさんは転職してもみなさんがコメントを寄せてくれる人がいる限りは更新は遅
れても続けてくれると思いますよ。

万一、更新が続かなくても、コメント承認だけは続けます(笑)日々コメントをくださる
みなさんには本当に感謝しています!
くーさんは「みくさんの姉御」としてもお世話になっていますが、私に対しても行間、さ
らに行間の行間とでもいうのか心の中を読んでくださっているな~と感じる言葉をいただ
き、時々勝手にじーんと感動してます
(笑)これからもよろしくご指導ください。

> 話はずれますけど仕事では欲がらみのたぬきときつねの多いこと(笑)我が家の庭はも
う入る余地なしです。

↑うまい表現ですね!この手のたぬき・きつねの扱い、くーさんお得意なのでは?

「ちょーすいとる」も調べてしまいましたよ、最近、名古屋弁の学習が毎日の宿題となっ
ています(笑)
by: ユルネバ * 2007/04/07 07:38 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、おはようございます!
休日だというのに起きるの早いですね!
僕なんかは先程もそもそ起きだしましたw

ようやく決算作業が終息を迎えつつあり、来週後半ぐらいからまったりした生活に戻れる感じです。
ユルネバさんのブログも更新のたびに訪れていたのですが、ご無沙汰になってて失礼致しました。

重たい仕事が片付いた今こそ眺めのいい露天に浸かりながらでゆったりぼけ~っとしたいですねぇ。

渓流を眺めながらの露天は僕のツボの一つなんですが、ここの川湯は極限まで川に近いんですねw
う~ん、今すぐふらっと浸かりに行きたい!
by: ハマー * 2007/04/07 11:16 * URL [ 編集]
----

ハマーさん、こんにちは!
ユルネバです。

本日は休日だったのですが、ちょっと出勤することになりまして・・・ 今帰ってきました。
ということで、今朝コメントの返信をさせていただきました。普段なら昼前まで寝ていま
すよ!! もそもそ起きる気持ち良さプライスレス、といった感じです。

決算作業お疲れ様です。なぜか私が決算報告をすることになり、その報告の細部で揉めて
いて本日出勤して後片付けをしていたのです。決算とは無縁の部署のはずなのですが・・・
だからハマーさんのように重い仕事ではないのですよ~。しかし、ちょっとしたイレギュ
ラーなものがあると、責任逃れをしたいのか管理職がトンチンカンなことを言いましてそ
の軌道修正を課員でするのに時間がかかり・・・ といった感じです。ちなみに会計はほと
んどチンプンカンプンでして。苦手です(汗)

お忙しい中でも記事を見ていただいていたのですね! うれしいです。
そう、実は露天風呂をリポートする頃にハマーさんが来てくださるのでは?と期待してし
まっていました(笑)何しろ藤もとの露天風呂には絶景風呂がありますから! 

眺めのいい露天に浸かりながらゆったりぼけっ~と、良いっすね!。最近、どこか気にな
る宿ありますか? 探してみると、絶景露天のある宿って意外と少ないんですよね・・・ 
やはり場所の確保が難しいんでしょうか。

渓流を眺めながらの露天がツボというのは、妻と同じです。妻がこの藤もとの露天風呂を
雑誌でみつけた(もう何年か前ですが)時に、「ここ良いよね~、行きたい!」と言って
いました。本当に雰囲気が良い露天風呂だと思います。今回は雪が降っていたので、雪見
風呂を楽しむことができたのですが、実は深緑の頃とかが1番良いのでは?とも思ってい
ます。どうでしょう? 深緑の季節にふらっと浸かりに、とういうのは(笑)

以前のトップページに使用していた藤もとの露天風呂、本日リポートする予定です。あと
家族風呂もありますので、是非みてくださいね。

by: ユルネバ * 2007/04/07 15:48 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、休日出勤ご苦労さまです!
僕はようやく落ち着いたので都内を散歩してきたのですが、やはり桜は殆ど散って葉桜になってしまってました・・・。とほほ。


>ちょっとしたイレギュラーなものがあると、責任逃れをしたいのか管理職がトンチンカンなことを言いましてそ
の軌道修正を課員でするのに時間がかかり・・・

僕も今回ずばりこれでしたww
昨年秋より新しい部署に移って勝手が違ったのもあってかなり梃子摺りましたw

この旅館は、トップページの写真の旅館ということで興味津々だったのですが、露天のロケーションもさることながら館内の造りも味があって非常に惹き付けられるものがあります。
正しく、疲れを癒しにいく宿といった印象です。
単に僕が疲れてるだけだからでしょうかw

絶景露天の宿探しはライフワークと思って探してるんですが、ほんとなかなか見つからないですよね~。
しかも、同じ宿でも部屋の位置などによって全然見え方や開放感も違いますし、こればっかりは経験を積んでいくしかないのかなと思ったりもしています。

とりあえず景色が良さそうということで最近目をつけている旅館は・・・

・オーシャンビュー
海のしょうげつ
http://www.shougetsu.jp/sea/
下呂温泉のしょうげつが今秋に知多半島にオープンする宿です。
下呂のしょうげつは非常に良い宿でしたので景観以外も期待大というところです。
ちなみにオーシャンビューは「月」で嵌ってしまいました。それまでは自称秘境・山里派だったのですがw

・リバービュー
絵かきの宿 福泉
http://www.ryokan-fukusen.co.jp/index.html
ここの夕光の部屋にいつか泊まってみたいと思っています。
口コミなどを見ると旅館自体はぼろぼろらしいんですが、館内をちょっとずつリニューアルしていっているようです。そして眺望は間違いなく最強クラスのようですw
冬に雪景色を堪能できればと思っています。

・渓流沿い
湯の花荘
http://www.yunohanaso.co.jp/index.html
かなりお値段が張りますが、武蔵の部屋に一度泊まってみたい!!

・山岳系
水上山荘
http://www.minakamisansou.co.jp/
ここも冬の晴れた日に是非行きたい!!

なんだかんだで結構ありますねw
しかし時間も予算も限られて、いつになったら全部制覇できるのやら・・・
by: ハマー * 2007/04/07 20:12 * URL [ 編集]
----

ハマーさん、こんにちは!
ユルネバです。(返信遅れてすみません)

私も出勤したついでに、桜をちょっと観てきたのですが・・・ 結構散ってしまっていまし
た。雨の影響もあったのでしょうね。やはり寂しい感じがしました。

ハマーさんの所にも同じ様な管理職が・・・ トホホですねぇ~
早く温泉に行って癒されましょう! 前部長から現部長になることは想像できていたので
(二人ともトンチンカン)嫌な予感はしていました。だから、4月中の温泉を予約してお
いて良かったと思っています。

藤もとの館内の造り、同様の感想を持って宿泊してきました。期待を裏切られなかったで
すよ。シンプルなんですが、味があって私はイイッ!と思いました。
ハマーさんのおっしゃるように疲れを癒しにいくには持ってこいの宿だと思います。温泉
楽しみ疲れするかもしれませんが(笑)おすすめします!

絶景温泉宿情報ありがとうございます!!!

絶景露天の宿についてですが、本当にそう思います。
探しづらいだけでなく、同じ宿でも部屋の位置によって・・・ということ! これは宿泊し
にいって、あぁあそこら辺の部屋の方が眺めが良さそうだなぁと行ってみて初めてわかる
ケースが結構あったりします。

ハマーさんが最近目をつけている旅館ですと、『海のしょうげつ』『水上山荘』は知らな
かったです。名前は聞いたことがあったかもしれないのですが・・・ 良さそうですね~
『海のしょうげつ』は結構宿泊料金高そうですが、凄いロケーションだと思いました!
これはオーシャンビューとしてはかなりイイ部類に入りそうな(イラストの通りだった
ら)気がします。夕日か朝日を眺めながら温泉満喫したいですね~

今、私は絶景宿では、『岩手県 ひぃなの丘 湖山荘』の“離れ”に非常に行きたいと思っています。

まだ先になりそうですが・・・
by: ユルネバ * 2007/04/08 13:30 * URL [ 編集]
----

・・・眺望マニア・・・

ユルネバさん、こんにちは!みくです。

素晴らしいお風呂がアップされましたね!
眺望マニアの私たちには最高の景色です!
(ビーは前から九州に行きたがっています)

またくーさんと話をさせてください(いつもすみません)

くーさん、こんにちは!
いつも暖かい言葉をかけてくださって、ユルネバさんのようにジーンと感動するばかりか、
いつも泣き虫みくになってしまいます。
もし本当の姉妹だったら、やっぱり喧嘩したりしてしまうのかしら?

みやちゃんの「奥の樹々」は「山栗」でしたね、くーさん懐かしかった?
二方向の景観が素晴らしく開放的だったのを思い出します(見学時の感想)
露天風呂も大きいですね(4人でゆったりくらい?)
眺望と静かさと露天風呂の大きさではこの部屋が一番ですよね、秋は「山栗」春は「欅」!

私的には温泉じゃないジャグジ-内湯は要らないしトイレも一箇所でいいから、
前に泊まった和洋室(ぶな)も十分満足できる部屋だと思います。
2室ある和洋室は「山栗」の隣だから静かな位置にありますものね。

くーさん、二期倶楽部も訪問されてますよね?!←決め付けです。
5月上旬に東館に初めて行くので何かアドバイスがあったら教えてください!

その前4月に名月荘「扇」に再訪して来ますね(ビーは初めて)
どこに行っても「ああだ、こうだ」と言うけど、蔵王が見渡せるこの部屋ははたしてどうかなぁ~?
「川がない」と言いそう・・・(山が迫りすぎてるとか遠景が臨めないとかいろいろ)
前に行った時はオープン10年にしては古く感じました。

くーさんは連休は海の向こうでお仕事でしたよね、
その前の忙しい時ですけど、急ぎませんから「藤もと」のお風呂の感想の時に聞かせてください!

「月」は6月だったらもうすぐですね!お話をすごく楽しみに待ってますね!(海から月に変わりそう)
6月は毎日お天気でありますように祈ってますよ!
私の「岩の湯」と感想交換ですね。

ハマーさんが言ってらした「湯の花荘」は知らなかったので見てみたら、
館内をリニューアルしたんですね。
この辺りは古い宿が多いですものね、どこまでのリニューアルなんでしょう?
「武蔵」の部屋露天風呂いいですね。
平日だと12時~12時まで一室プラス5,000円で24時間ステイできるそうです。

追伸:私も改めて名古屋弁を調べてみたらおもしろくて(笑)
知らない言葉もありましたよ「まわし」と「もうやーこ」
家は3人共、在所が愛知県だもんで「こりゃ標準語かなも?」と時々辞書をひかんとあかんだわ・・・

ユルネバさん、お忙しいところ、ごぶれいしました!

by: みく * 2007/04/08 14:04 * URL [ 編集]
----

みくさん、こんばんは!
ユルネバです。

藤もとのお風呂は本当に素晴らしいと思いました。
非常にひらけた眺望ということではないかもしれませんが、
眺望マニアでしたら、一度は体験してもらいたいと思いました。
ビーさん、九州に行きたがっているんですね・・・
いっぱい良い宿があるので、最初に何処に宿泊するか迷うと
思いますよ~~
by: ユルネバ * 2007/04/10 23:31 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、ご無沙汰しています。
やっと藤もとのお話を読んでいます(遅くてすみません)

お風呂、いい感じですねぇ。
さくらはこんな風に写真が撮れない(何でだ?)から、
いい感じが伝わるユルネバさんのブログはうらやましいです(笑)

お風呂、さくらはどれも気に入りました!
川のそばの露天もいい感じだし、木のお風呂も好きなんですよねぇ。

夜でなくても、酔っ払って気持ちよくなっちゃってる人には危険な階段もありますねぇ(笑)
お風呂上りに階段登るのがきついのはさくらだけかしら?(爆)

温度センサーがついているのは嬉しいですね。
源泉の温度が高いとすぐ加水しちゃったりする所も
ありますが、掛け流しはこれでないと^^
by: さくら * 2007/05/07 17:39 * URL [ 編集]
----

ユルネバです。さくらさん、コメントありがとうございます!また明日ちゃんと返信させてください!ひとまずコメント予告?まで・・・
by: ユルネバ * 2007/05/08 01:15 * URL [ 編集]
--お湯も気になるけど浴槽も・・・--

ユルネバです。さくらさん、お忙しいところ記事を読んでくださってありがと
うございます!藤もとのお風呂をチェックいただけたとは嬉しいです~

写真は私の腕ではなく(笑)お風呂自体が絵になるのだと思います。
狭いスペースに無理矢理お風呂を沢山つくったような宿もありますが、ここの
お風呂は川沿いの斜面を利用して、いい感じに浴槽が沢山つくられていました。
お風呂が沢山あると、ついつい写真も沢山とりたくなってしまうのが難点です
ね・・・でも、写真って面白いと思うんですが、同じ被写体でも違う人が撮ると全
然違う雰囲気だったりしますよね。さくらさんとひまわりさんも、同じものを
撮っても全然違う角度から撮られてたりすることありませんか?

こちらの宿では、やはり川湯に一度は入ってみたい気がしますが、お風呂でゆ
ったりくつろぐという意味では家族風呂のほうがよかったですね。そうそう、
川湯に行くための段差はきついですよ(笑)!私が入ったときは石の表面が凍
っている部分があったので、滑らないように慎重に上り下りしましたから・・・

温度センサーは予想以上に快適でしたね~。浴槽が小さいところに源泉が大量
に掛け流されていると、びっくりするほど熱くなっていることがありますが、
ここでは安心してジャボーンとお風呂を楽しむことができました。
by: ユルネバ * 2007/05/10 01:09 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/136-81668bed
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。