スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
奥満願寺温泉 旅館 藤もと 探訪記1
本日より熊本県にある『奥満願寺温泉 旅館 藤もと』についてリポートしていきます。本日は宿の入口と中庭、廊下等を簡単にリポートします。藤もとは温泉主体の宿ですので、それ以外はそこまで細かいリポートにはならないかもしれません。なるべく詳細にリポートしたいとは思いますが、うまく撮影できた写真があまりないので・・・(汗)

では外観の写真を。
藤もと 外観


実はこれは宿泊日とは別の日に撮影してきた写真です。

宿泊日は、宿に着く頃から雪が降り始め、翌朝には雪が結構積もっていました。

では、写真をみてください。
藤もと 外観


この写真は、チェックアウト日の朝に撮影した写真です。
田園風景の中に、シックに佇むこちらの宿は中々趣きがあります。けっして豪華ではないのですが、落着いた良い雰囲気の建物だと思います。

それは宿の中に入っても同じです。
宿の廊下から中庭を見ても、
藤もと 中庭


雪も手伝ってのこともあるでしょうが、本当に落着く雰囲気でした。

中庭を撮影した廊下は、
藤もと 廊下


こんな感じです。外観は黒で、内部は焦げ茶とベージュで統一されていて、何とも良い感じです。私の好みというのもあるでしょうが・・・
田舎風の良さをウマく表現しているように感じました。

その廊下には、
藤もと 廊下 ディスプレイ


ベンチでもあり、ディスプレイにもなっているこんな物もありました。
これ自体に凄くセンスや意味を感じるわけではないのです。
焦げ茶とベージュで統一しているだけだと、少々ドライな感じになる可能性があると思います。こういったちょっとした物があたたかみを出してくれるのかもしれません。

部屋の方に続く廊下も、
藤もと 廊下


当然ですが、同様の廊下です。

こちらの廊下の角には
藤もと 廊下 ディスプレイ


こんなディスプレイがありました。こういったものがあるのとないのとで大分雰囲気が違うと思います。もちろん他の宿でもされていることですが、それが雰囲気を良くしている場合とそうでない場合があると思うのです。藤もとの場合はどれも良くしていると思いました。

最後にかなり手振れしている写真ですが、廊下の夜の写真を2枚続けて。
雰囲気だけでも感じてください(汗)
藤もと 廊下 夜

藤もと 廊下 夜


次回はパブリックスペースについて簡単にリポートします。



-----以下 2007年5月14日追記 -----

※『藤もと』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。

パブリックスペースについて(探訪記2へ)

部屋について(探訪記3へ)

浴衣・アメニティ・洗面等について(探訪記4へ)

大浴場について1(探訪記5へ)

大浴場について2(探訪記6へ)

家族風呂(貸切風呂)について1(探訪記7へ)

家族風呂(貸切風呂)について2(探訪記8へ)

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)

『奥満願寺温泉 旅館 藤もと』探訪記まとめへ

スポンサーサイト
2007/03/06(Tue) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (2) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんにちは!

もうぼちぼち、更新されているころかなぁと思って久しぶりに覗いたのですがこれからでしたね。ソファで朝までうたた寝するユルネバさんは風邪治りましたか?

多忙といってもあることを夜な夜な自分で好んでしていることなので仕方ないのですよね。好きだから出来ることで先がみえてきたら?を始めるかもです。その時は今の仕事半分以下に減らすことになりそうです。で、ないと出来そうにもないから・・・

じゃあ~藤もとで少し感じたこと書いてみます。
相方が泊まってみたい宿だったんですよ。田園風景の中に建てられた館内は高い天井に黒光りした廊下、昔ながらのなつかしさを漂せている木造の雰囲気のどれもが相方好みです。

部屋は和洋室に泊まり、予約の段階で風呂つきにするか迷ったのですが風呂なしで正解でした。
やはりここは部屋以外の風呂で、風呂三味を過ごすのが最良のようです。風呂三味といえば当日は天気がよくて夜の川湯からは空いっぱいに星が眺められて柄にもなく感動です。。相方にその話をしたところうらやましがってましたけど朝、渓流を目の前に入る川湯を満喫できて満足したようです。

確か前は黒川で肉屋さんをやってみえたですよね?
宿泊時(4年半前)は牛、黒豚、鳥、馬さしの料理をメインに山の幸満載の素材を生かした料理だったと記憶しています。今はユルネバさんのアップを待ってのお楽しみですね。

田園風景を眺めながら食事処で食べる朝食も素朴な料理ですが味わい深くおいしかったです。
このての旅館でバイキング、スタイルもちよっとめずらしい?ですよね。食後のコーヒーもあったと思いますが今もありますか?

ここの朝食と風呂三味を味わうだけでも訪れる価値のある旅館なのでは?と思いましたよ~
バスタオルやかえの浴衣もそっと用意してあったりでコスパに優れた旅館で、高いばかりがよいとは限らないのでくじらさんにもお勧めしたい旅館の一つです

こちらから簡単に感じたこと書かせてもらいました。

平谷温泉旅館にはユルネバさんは泊まりましたか?

また間をみて寄らせてもらいますね。今度は何時これるかな?です。






by: くー * 2007/04/25 17:43 * URL [ 編集]
----

くーさん、おはようございます!
ユルネバです。

すみません、まだ記事アップしてないんです(汗)最近ではコメント返信まで遅延現
象が・・・自分でやれば解決することを現象とは言わないですね、スミマセン・・・

> > 好きだから出来ることで先がみえてきたら?を始めるかもです。
この「?」はブログのことでしょうか?そうだったらすごく期待してしまいますね
~!(違ったらすみません。でも、違っていたとしてもブログのことはちょっと考え
てみてください!)

藤もとの建物は、好みにもよるでしょうが素朴なセンスがほっとさせる感じでいいで
すよね。部屋の設備はそっけないくらいですが、お風呂を全部楽しもうとすると部屋
でのんびりする暇がないくらいなので(笑)私にとっては必要十分でした。
くーさんが泊まられたときはお天気に恵まれたんですね!周囲に邪魔な照明がないで
しょうから、夜の川湯から眺める星空はさぞかしきれいだったでしょうね~
2つの大浴場が男女入れ替えになるのも嬉しい配慮でした。交替がないと、男女どち
らかのお風呂だけ絶景だった場合、その眺めを楽しめた者は相手に対しちょっと申し
訳ない気持になりますし、入れなかった者はちょっと損した気分になるしで、微妙に
気まずい空気になりますから(笑)

食事については今くわしくコメントしてしまうと記事アップの際に間が持たなくなる
かもしれないので(笑)詳細は控えますが、建物の素朴な雰囲気とマッチした料理だ
ったと思います。朝食の食後のコーヒーもありましたよ!おいしくいただきました。

食事にしてもお風呂にしても、気取らず自然の恵みを生かした演出となっていると思
います。それって実は贅沢なことですよね!自然を生かすのには、お金だけを積んで
もままならないことですから。

「平谷温泉旅館」は泊まったことないです。1日1組のお宿なんですね。こちらの建
物もいい雰囲気じゃないですか!くーさんは泊まられたのでしょうか?

くーさんが次回見てくださる前に記事をアップしなくては!ですね。
by: ユルネバ * 2007/04/27 13:57 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/132-1875692d
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。