スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
平山温泉 ほたるの長屋 探訪記 まとめ
これまで11回にわたって『平山温泉 ほたるの長屋 探訪記』の探訪記をリポートしてきました。そこでこれまでのまとめと、【総括】を記述しておきます。

【宿全体の印象】
1日限定2組の宿で、部屋は離れ形式です。それに家族風呂形式の日帰り温泉施設があります。だから、温泉宿としては非常にこじんまりした感じです。広いパブリックスペースもないですし、大浴場があるわけでもありません。ただ、決して広いといえない宿泊棟ゾーン・日帰り温泉施設ゾーンともその中に入れば、ある種のテーマパークのように楽しい雰囲気はあります。住宅とのどかな田園風景の中にぽつりと佇むこの宿は、俗に言う温泉宿として楽しむ感じとは違うと思います。
一言でいうとそれぞれの離れに篭って楽しむ宿と言えるでしょう。

詳細は下記探訪記をご覧ください。

外観と部屋の玄関(入口)等(探訪記1へ)


【部屋】
私達は2つある離れのうち、大きい方の「有為の奥山」に宿泊しました。もう1つの「羅しゅう」はこじんまりした感じのようです。
和風でも、今流行りの和風モダンや古民家風でもなく、少しアジアンテイストがする感じです。居間、浴室、玄関で、違う地紋ガラスを使い、朝、昼、夕、晩でまたそれぞれが違った表情をみせ、その光の感じで部屋も洗面スペースも雰囲気が変わる感じがしました。この宿の特徴は私的感想でいうと「ガラスと光に拘りをもって建てた宿」ということです。それが女将さんの自己満足でなく、癒しやワクワク感につながっていると感じました。本当に素晴らしい離れだと思います。女将さんのセンスの良さと統一感を感じました。

詳細は下記探訪記をご覧ください。

居間について(探訪記2へ)

寝室について(探訪記3へ)

部屋(居間)にある備品類について(探訪記4へ)

洗面とアメニティについて(探訪記5へ)



【温泉】
泉質・風呂の種類は下記のとおりです。

○泉質等
  泉質:アルカリ性単純硫黄泉
     源泉掛け流し
  源泉43℃ 加水なし
  ※ 部屋付の風呂は、内湯・露天とも源泉が掛け流されています。
  このほか、温度調節用として以下の2つのバルブがあります。
  『加温した源泉を流すバルブ』
  『加水用のバルブ(水)』
   家族風呂のバルブについては未確認です。(すみません)
  pH…9.7 トロットロッのお湯です!! 

○風呂の種類
  家族風呂「以・呂・波・仁・保・部・と」の7室
  (半露天風呂)
  部屋付内湯
   石製タイプ。部屋によって違います。   
  部屋付露天風呂
   ほたるの長屋の名物!!と言えるでしょう。詳細は探訪記8にて。

○補足
 冬など寒い時期は、朝希望する時間に合わせてお湯を張り替えてくれます。うれしい配慮です!! 詳細は探訪記11をご覧ください。

詳細は下記探訪記をご覧ください。

家族風呂について(探訪記6へ)

部屋付内湯について(探訪記7へ)

部屋付露天風呂について(探訪記8へ)



【食事】
良い素材を探して、かつ地元の素材を大事にしていると思いました。それは夕食・朝食ともに共通して言えることです。周りが田園風景なのに、海の幸が結構多くでてきます。車で30分の所に大牟田漁港があるため、新鮮な海の幸が手に入るからでしょう。そして、何といっても“ごはん”が本当に美味しかったです。卓上釜炊きだからというのもあるのでしょうが、「菜の花米」というその米自体が美味しいからでしょう。こちらの食事は質・量ともに大満足でした。

詳細は下記探訪記をご覧ください。

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)



【これがうれしい】
『冬など寒い時期、朝希望する時間に合わせてお湯を張り替えてくれる』
『チェックアウト時間を延長できる宿泊プランがある所(ゆめうつつプラン)-22時間滞在』
『マニュアルではない、あたたかい接客』

詳細は下記探訪記をご覧ください。

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)



【総括】
一言でいうと、「もてなしの気持ちが宿全体に染みわたっている宿」と感じました。もてなしとは、接客だけで表現されるものではないと思います。“どうすれば客がリラックスできるか、癒されるか”そういった考え・気持ちが部屋等で表現され、もてなしとは間接的にでも受けられるものだと思っているのです。ほたるの長屋は、チェックインからアウトまで、形ある物、空気感のような形ないもの、トータルで癒しや楽しみを提供してくれます。本当に心地の良い宿でした。
それは、元々は温泉マニアで宿経営者に転身した女将さんだからできたことかもしれません。雑誌や本でみた情報では、自分自身の目が届く限界として見極め、大小2つの離れにしたとのこと。女将さん自身が客として「どうしてできないの?」と思っていたことを可能な限りできるようにしたとのことです。そういう女将さんだから客の声に耳を傾けないわけがありません。例えば、以前この宿を紹介していた情報では、卓上釜炊きごはんは食事の最後にでていたそうです。それに対して自由に選べないのが…と記述されていました。私達が宿泊した際には、食事の際にごはんを持ってくるタイミングを聞かれました。
「お客が宿にあわせるのではなく、宿がお客にあわせるべきだと思うんです。」(コメント:美的旅情温泉:東京カレンダーより)という気持ちが、この宿をまた進化させていくのでしょう。どの宿にもこういった気持ちは持っていて欲しいと思いますが、経営・サービスということを考えると結構難しいことだと思います。正直全ての宿にこの気持ちを持ってくれということは少々酷だとも思うくらいです。この気持ちが、体現されているからこそあの素晴らしさがでるのだなぁ~と思います。
チェックイン時にスタッフの方に「今日1日ご自分の家だと思って、ゆっくり寛いでください」と言われたのが印象に残っています。次は是非親を連れて宿泊したいと思っています。
本当にお勧めの宿です!!!!!


【宿情報】
公式Webサイト-http://www.hotarunonagaya.jp/
住所-〒861-0556 熊本県山鹿市大字平山字丸の内5206-7
問い合わせ
TEL:0968-48-1222
FAX:0968-48-1333
E-mail-info@hotarunonagaya.jp
アクセス
公式Webサイトの“交通アクセス”をご覧ください(2007年3月現在)
(URL…http://www.hotarunonagaya.jp/kotu.html)

宿泊料金等は宿に直接お問い合わせください。
【参考-基本料金(消費税・サービス料・入湯税を含まない料金)】
平 日 1人 1泊2食付  23,000円
休前日 1人 1泊2食付  26,000円
年始年末・お盆 1人 1泊2食付  26,000円
お正月 1人 1泊2食付  35,000円円
(カード使用不可)

 ※詳細は公式Webサイトの“料金案内”をご覧ください。
(URL…http://www.hotarunonagaya.jp/price.html)

スポンサーサイト
2007/03/04(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (18) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
--おつかれさまでした--

ユルネバさん、こんばんは。
今回もご苦労さまでした。
かなり気になってます。
いつか行きたい宿の候補に入れておきますね。
私はひとまず旅行は休止状態になってしまいます。

そういえば、今日のDrive A GoGoは箱根でしたね。
華ごころ、天翠、湯葉丼直吉など、みなさんの行かれている宿やお店が出ていてよかったです。
やっぱりなんとかして天翠には一度行きたいなあ。

by: くじら * 2007/03/04 21:41 * URL [ 編集]
--ありがとうございます!--

くじらさん、こんばんは!
ユルネバです。
気にいられてうれしいです。
旅行の休止状態がとけた時、是非思い出してください!
本当に素晴らしい宿ですから。

地上波テレビ… 最近全然見ていないんですよね~ だから放送情報が…
天翠、私も凄く気になっています。もう最近行きたい宿が沢山できてしまって
困っています。どんなに頑張っても、行くことのできる宿の数は限られていま
すから・・・ 九州だけでも10以上ありますから。

by: ユルネバ * 2007/03/04 23:03 * URL [ 編集]
--ただいま--

日常へと無事に帰って参りましたぁ~。
え~、とりあえずご報告まで。
レポートはどこに書けば良いでしょうか?
この続き?
それとも都わすれの
探訪記まとめのあとが良いですか?
by: ラー * 2007/03/06 00:30 * URL [ 編集]
--おかえりなさ~い--

ラーさん、こんばんは!
ユルネバです。

おかえりなさいです!
まず、ご無事で何よりです。
リポート書いてくださるのですね!!
都わすれ探訪記まとめの後が良いのでは、と思って
います。
ちなみに、テレビで紹介されたみたいで、最近
都わすれを見る人が多いようです。
by: ユルネバ * 2007/03/06 00:40 * URL [ 編集]
--てんぱって--

帰って来た早々ちょっとテンパッテいます。
いつアップできるか分かりませんが、
ゆるゆると書かせてください。
簡単なリポートになったらすみません。
by: ラー * 2007/03/06 14:15 * URL [ 編集]
--無理をなさらないでくださいね。--

ラーさん、こんばんは!
ユルネバです。

ラーさんの都わすれ探訪記、確かに楽しみにさせて
いただいていますが、無理はしないでくださいね!
お仕事が忙しいのは先日から知っていますので、
本当にお時間があるときに、ゆるゆるとお願いしま
す。それに無理だったら、何々が良かったよ~とか
でも良いと思いますし。義務ではないですからね(笑)

風邪などひかぬよう、あまり無理せず、お体を大事
にしてくださいね。

by: ユルネバ * 2007/03/06 20:20 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、みな様こんばんは!
ご無沙汰している間にも盛り上がってますね~
北海道旅行に行くまでは仕事でしたが北海道ではゆっくり骨休みすることが出来ました。

ほたるの長屋の露天風呂のステンドガラスといい一工夫されている露天風呂もよく考えられていて早く入ってみたい衝動にかられます。

食事も口に合いそうで「たてがみ」私も食するまでく
わしいこと知らなかったですよ~でもおいしいです。
ごはんが美味しいこともたまらないですね。
好き嫌いがほとんどないので旨い物ならなんでもオッケーです。
ユルネバさんの「探訪記」を見て読んで感じたほたるの長屋は私好みの予感です。

温泉マニアでもあった女将さんの拘りが随所に伝わ
ってくるようです。
九州は5月と11月で前後の宿と今、調整中で必ず泊まってユルネバさんに報告できることを楽しみにしてます。

山みず木はこれからでしたか?
自然を巧みに融合した開放感のある露天風呂や郷土食を感じる料理もなかなかよかったと思います。
ただ風邪気味だったため断定はできませんが。。
部屋の露天も気持ちよかったです。部屋の名は思い出せないですが相方のパソコン覗いてこれば・・です

湯布院や黒川温泉は人が多いのが難ですがこの周辺の周りにはよさそうな宿が点在してますね。

北海道の然別湖の冬限定の何もさえぎるものもない氷上露天風呂はとても気持ちよかったですよ!寒さはきびしいですがとても温まる温泉です。間がよかったのか二つある露天は誰も入っていなく入ってしまいました。女性でもバスタオルや水着等で入る人も多いそうです。

道東の景色はきれいで道中自然もたっぷり満喫できました。宿についてはハマーさんのブログに簡単に書かせてもらいましたので次の旅行の機会にでも書かせてもらいますね。

まだ少しばたばたしてますので落ち着いたらゆっくり寄らせていただきますね~

みくさん、こんばんは!
だいこんの花の探訪記読ませてもらいました。
友人3人で泊まった楽しい一時がなつかしく思いだされます。朝食のジュースやヨーグルト、他と充実した内容で美味しかったです。ここはぶらっと一人でも立ち寄れる雰囲気を持ち合わせていますよね。

よかった旅館はしぼりきれないですがバランスからいえば誰もが知っている有名?旅館でしょうか
湯布院、修善寺、箱根、京都、かわせみ、今回の北海道といったところです。好みとしては別に20~30軒ぐらいあると思います。

くじらさん、こんばんは!
くじらさんの探訪記もわかりやすく参考になりましたよ~よい旅になられたようでよかったですね。
さくさくのクロワッサンも大好きで書いているだけでも食べたくなっちゃいますね。
冬の北海道は初めてですがくじらさんのコメントを読む限りでも雪は例年に比べて少ないようですね。




by: くー * 2007/03/08 20:58 * URL [ 編集]
--温泉談義--

ユルネバさん、疲れてませんか?
みくっぺです!

久しぶりに少しだけ、くーさんとおしゃべりさせてくださいね。

くーさん、こんばんは!おひさしぶりです!みくです。

「だいこんの花」の探訪記、読んでくださってありがとうございます!

>ここはぶらっと一人でも立ち寄れる雰囲気を持ち合わせていますよね。

ほんとうですね!私は昨年11月に一人で行ってきました、それもお誕生日月だったんですよ。
でもあえて友人を誘わないで一人宿泊して、のんびりゆったり楽しかったです。

ハマーさんのブログのコメント、読みましたよ!
北海道から九州まで行けるくーさんが羨ましいです!
やっぱり遠くに行くには気候のいい時を選んだほうがいいですね(5月と11月なんて最高ですものね)

私が九州にはまったら大変そう・・・いまはみなさんの話を聞いて指をくわえている方がいいかもですね。

「明神館」のフレンチ、いい席をゲットできるように早めに行きますね!
季節はずれの雪を期待したのに、雨になりそう・・・。

追伸:修善寺と箱根は大体分かりますよ、かわせみもいいですね。
くーさんのブログも楽しみにしていますね!
by: みく * 2007/03/08 21:55 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、またこんにちは~
昨日は忙しいところにお疲れの中おじゃましてしまったようですみません。

みくさんと少し話しをさせて下さいね。
みくさん、早々のコメントありがとうございます。
明日から明神館に出掛けられるのですね~何とか天気もくずれないでもってくれるといいですね。道幅がだんだんと狭く険しくなるにつれ宿が近づいてくるといった感じです。

フレンチはひょっとしたら?みくさんいは少し濃く感じるかも?しれないですが口にあうといいですね。
野菜が美味しく感じられました。

よかった旅館ですが、アメニティ、寝具、備品と上質な物を揃えているところも多いですが、その分料金もいいということですよね。料金云々よりハードもよいにこしたことはないですが、やたらお金をかけたところよりも、なんか、ほっとする暖か味を感じる旅館の方のがどちらかといえば好きです。いろいろなタイプの旅館に泊まることで気が付くことってありますもんね。よいと感じる旅館は金額には関係ないようです。

みくさんがブログ持ったら時間のある時いつでも遊びにいくかもしれないですよ~本当です!
泊まってない宿もどんどん質問してしまうかもです
でもブログって好きでまめでないと出来ないですよね。こうして時々おじゃましてコメント書いていたほうのが性に合っているのかも・・
見る分にはいいけれどまめではないから正直迷います。どちらにしてもまだ当分は無理ですよ。
月の内約10日は留守するし別に旅行もちゃっかりするわけで私よりみくさんに期待したいで~す。

でも我が家にはワンコがいるんですよ。知人からもらったマルチーズで可愛いです。留守する時は母に預けたり近くに住む叔母に預けたりしてます。
みんな動物好きなので喜んで預かってくれるのでとても助かってます。ワンコも留守にする時はわかっているみたいです?

明神館では冷やさないようにゆっくり、まったりして楽しんで来てくださいね~♪


みくさんがブログ持ったらユルネバさんそっちのけで


by: くー * 2007/03/09 12:15 * URL [ 編集]
--ユルネバさんに感謝です!--

ユルネバさん、くーさん、こんにちは!
みくです。

昨日「明神館」から帰ってきました(ハプニングの件は予告の欄にまた書きますね、
私達にとっては 交通費全て払ってもらってこのまま帰るかというほどの出来事でした)

くーさんに教えてもらったように、夕食は早く行って「サンルーム席」で、
朝食もタイミングよく窓際のテラス席で食べれました(なんせ雪景色ですから待ってでもテラスにしますよ)
夕食のオーガニックフレンチは味が濃いというより、変わった味のお料理ですね、
野菜とパンは美味しかったけれど、もう一度食べたい?と聞かれたら返事は「ノー」です。
ここのフレンチは評判いいらしいから、私の好みに合わなかったんでしょうね。

シンクの水はねもそれほど気にならなかったですよ(交換したのかしら?と思ったけど違うみたい)
それから覚悟していた廊下の音も運よくまったくなかったです。
それより消燈してから隣の引き戸の開け閉めの音が まるで私たちの部屋の音のように近くに聞こえて、
ビーが見に行ったくらいでした。壁 かなり薄いのかしら?

よく口コミで見る信じられないような苦情を 実体験させてもらった宿でありました。

ただお天気だけは恵まれて、晴れ→雪が舞う銀世界→青空の雪景色 で最高でしたよ!
それに全然寒くなくて、毛糸のハイソックスは不要でした。

私は典型的なA型なので とってもまめだし時間もあります、
ただ一番必要とする知識と技術がない・・・。
いろいろ質問すると、ユルネバさんが丁寧に答えてくださるけど、その中の専門用語?の8割が私には分かりません(汗)
私の「時間とまめさ」と くーさんの「豊富な情報と技術」を足せばブログができますね!

だからこうしてくーさんと楽しくお話できるのは すべてユルネバさんのおかげです!
ユルネバさ~ん 感謝してますよ!
100歳までブログ続けてくださいね!!!

くーさんちにもワンちゃんいるんですね!動物ってかわいいですよね!
預かってもらえる方がいらしていいなあ~私は近くに身内がいないので羨ましいです。
それに私が動物を飼うと過保護になってしまって駄目なんですよね~。

>よいと感じる旅館は金額には関係ないようです

本当にそうですよね!私ももっとエリアを広げられれば、そういうよい旅館に巡り合えるのに・・・です。

私はどうしても同じようなタイプだと「吟遊」と比べてしまうのですが、
(最も重要な泉質はちょっと横に置いておいて)
「風こみち」も「明神館・青龍庵」も「仙寿庵」も高いですよね?!
箱根宮ノ下にあって あの料金の「吟遊」が安いのか、他が高いのか分からないけど、
私ほど吟遊が好きではないビーでさえ そう言ってますもの。

その「風こみち」ですけど、今週の「旅サラダのみやちゃん」で登場しますね!
どこの部屋が出てくるのか楽しみ!支配人の青木さん(だったかな?)が案内されるのかなあ?

まだまだくーさんにお聞きしたいことありますから、また教えてくださいね!

もうユルネバさん そっちのけでおしゃべりしている?
女は話が長いってか?!
ごめんなさい・・・優しいユルネバさん 寛大なるユルユル先生 尊敬するユルネバ教祖さま!!!!!  
心から愛しています♪
by: みく * 2007/03/12 12:32 * URL [ 編集]
--くーさん、お久しぶりです1--

くーさん、お久しぶりです。そしてこんばんは!
ユルネバです。
本当に返信が遅くなりすみません。先日コメント返信している途中で・・・
気付いたら寝てしまっていて・・・ごめんなさい。

ご無沙汰している間にコメントがかなり入っていて正直ビックリしました。
うれしいことです。あとは私がしっかりすることですね(笑)

ほたるの長屋、くーさん好みの感じと聞いて、うれしいです。あちらは、
女性、男性問わず好きな人は本当に好きになると私は思いました。
女将さんの拘りがおしつけがましくないというのでしょうか。良さが自然
と伝わってくるんです。是非宿泊後、ご感想を聞かせてください!!

山みず木、女性に人気の宿と聞いています。温泉の数が・・・。男湯が少ない
んで、食事と部屋付露天に期待していました。くーさんの情報で、期待がで
きます。凄くうれしいです!!混浴の写真を見ると入浴したんですが・・・

>湯布院や黒川温泉は人が多いのが難ですがこの周辺の周り
>にはよさそうな宿が点在してますね。

妻が同じことを言っていて、この周辺の宿が宿泊候補に結構入っています!
黒川温泉は人が本当に多いですよね~ でも先日立ち寄って雰囲気が好きに
なってしまいました。

北海道、やはり良いんですね! 九州の後は北海道も、と考えています。
友人に、温泉旅行に行っていると言った所、北海道にいきなよ!と真っ先に
言われました。氷上露天風呂、なんか凄そうですね!!
写真を撮る時、自然手振れしそうです(笑)

今度、“別の20~30軒”も是非お聞かせください!!よろしくお願いします!
はやく、落着くと良いですね~ バタバタすると温泉に行きたくなります・・・
いや逃げたくなる(笑)
by: ユルネバ * 2007/03/12 22:49 * URL [ 編集]
--くーさん、お久しぶりです2--

くーさん、またまたこんばんは!
ユルネバです。

みくさんとのお話に少しだけ(笑)
良いと感じる宿、また来たいと思う宿・・・ 私も、人・ハード面・ソフト面
トータルであたたかみを感じる宿です。
ただ、温泉三昧の宿も好きなので、その時の気分でそういった宿を選択する
こともありますが・・・ 癒し=あたたかみというのでしょうか。体が温泉で
あったまっても、心が寒くなると・・・

追伸
ブログはまめでなくてもできますよ~ 私がやっているのですから(笑)
ただ、凄くお忙しいと確かに難しいとおもいます。
時間ができたら是非ゆっくりと始めてください。

わんこ、良いですね~ 私はゴールデンと暮らしたい!
by: ユルネバ * 2007/03/12 23:21 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、みくさん、こんばんは!

ユルネバさんはこっそり、旅行に行ってみえるのかなあ~って想像してました。返信遅れても全然かまわないので気にしないで下さいね~
三拍子揃った宿にはなかなかお目にかかれないですよね。温泉三味もいいですね。
のちほど又寄らせてもらいます。その前にみくさんと話をさせてもらいますね。

みくさん、明神館ではハプニングですか!!
今までの食事のみくさんの好みを聞いていて明神館のフレンチが口に合うか少し気になってました。
結果は・・・ですね。泊まった時は隣は空だったかもしれないです。でも壁が薄いことは確かです。雪景色を堪能できたことだけでも幸いでした~


吟遊に出掛けられるのですね~みくさんはいつもどこの部屋に泊まってるのでしょう~
私は1階と4階の「風」に泊まりました。1階の時はオープン間もない頃でハード○食事とサービスは×で4階の時は友人と泊まって板さんも変わっていて食事も随分改善されサービスもよくなってました。1階に泊まった時は自腹でなかったことは救われましたけど。

なんといっても展望がすばらしいですね。景色を眺めながら入る風呂もとても気持ちがいいです!
4階の部屋からの景色の方が好きです。

吟遊になる前(火事で)にも泊まったことあるんですよ。その頃は今の2階にあたる部分に露天付の部屋が三部屋だけあってまだ、おお女将さんが健在のころで支配人といっても高齢の男性で昔ながらの旅館って感じでしたよ。
昔からこの旅館をひいきにしている人の縁で泊まったのが最初です。

仙寿庵の特別室も泊まった当時より1万円も上がっていてびっくりです!風こみちもコスパが?都ちゃんで登場するのなら見てみますね。「きりつぼ」ぽいですね。

しょうげつ、10月の予定らしいですよ!フラットとメゾのタイブがあるそうで大浴場はなさそうです。
叔母が10月に予約入れてと言ってきたのはいいけどまだ予約開始してないてば~です。

友達と年に3回も旅行に行けるみくさんは羨ましいです。せいぜい年に1~2回ぐらいでまだ友人の子供が小さいこともあって・・次回の友人との旅行はこれ幸いに奥の樹々に泊まりたいといってきたので花の季節なので欅で予約しました。「○○○○安」の二の舞はゴメンですから(笑)

「心から愛しています」はワンコです。みくさんと同じでどうしても過保護にしてしまいます。ユルネバさんはゴールデンと暮らしたいそうですよ!次回はそうしようかな!?

今度は吟遊で楽しんできてくださいね~♪

明神館のハプニングも読ませてもらいますね!
by: くー * 2007/03/13 20:11 * URL [ 編集]
--ブログ引退は101歳で--

みくさん、またまたこんにちは。
ユルネバです。

「明神館」のハプニング、大変な出来事だったんですね。
みくさんが「このまま帰るかというほどの出来事」と言う
なんてよっぽどだと思いますよ。
私だったらちゃぶ台を50台くらいひっくり返さないと気
がおさまらないかも・・・
(私がひっくり返す側からヤラネバが次々とちゃぶ台の脚
をたたんで撤収してそうですが(笑))
のちほど詳しく聞かせてくださいね~

ブログは知識は殆ど必要ないですよ~ だから皆ができる
んです。私も知識は殆どありません。断言します。サイト
を作成したこともないですし。
やりたいことがあったらgoogleで検索すれば大体教えてく
れますから!みくさんもブログを始めましょう!!

女性が話が長いなんて思っていませんよ。私の職場では
男性・女性1人ずつ凄く話の長い人がいます(笑)

感謝なんてとんでもないです。私以外にもブログをやって
いる人が沢山いる中でこのブログ上で色々な話や情報を展
開してもらって、こちらこそ感謝しています。
こういうのも縁ですからね~

愛しているなんて大げさなことを言われると少々恥ずかしい
です・・・ 先生・教祖さまっていうのも大げさです。
ただ、自分の宿泊感想を掲載しているだけですから・・・
by: ユルネバ * 2007/03/13 21:58 * URL [ 編集]
--またまた温泉談義ですね--

ユルネバさん、くーさん、こんばんは!
みくです。

くーさん、実は「吟遊」も「仙寿庵」もくーさんのお世話になっているんですよ!

吟遊は始めて行ったのは3年くらい前で3階の「銀河」でしたが(ここで女友達と泊まった)
くーさんの言葉通り ハード○食事は×で、アンケート用紙に「思い切って料理長変えてはどうですか」と書いてきました。
昨年の夏に久しぶりに 2階の「彩雲」と1階の「名月」に泊まったのですが、お料理 美味しくなっていました!

私は吟遊が大好きでありまして(近いということもあるけど)今度は2階の「紫雲」 5月が3階「北斗」
で7月と9月が くーさんが他の方のブログでお勧めです と言ってらした4階「渓風」 なんです。
行く相手はみんな違うんですよ、「渓風」は1年前に予約したので すごく楽しみです。
ここはやっぱり上階の方がいいですよね!

くーさんは火事で焼ける前から行ってるんですね、普通の旅館だったんですよね。
私は雑誌で見つけたのが最初です。
ここの作務衣の着心地よくないですか? 

実は「風こみち」に行ってよかったことが一つ、作務衣の気心地がよくて安くて買ったこと!(これだけかもしれない)
とても重宝してます、色が濃い緑色なので、もう一枚欲しいので吟遊のを買おうかなと思ってます。

それから仙寿庵は 2年くらい前の10月に1階の「やまぶき」に泊まったけどあまり景観がよくなくて・・・・
またまたくーさんお勧めの3階の「楽雪」か2階の「翠月」に目をつけて、1月に「楽雪」に泊まりましたが、
雪をかぶった谷川岳が素晴らしかったです!もう最高の雪景色!ここは冬の上階がぜったいいいですね!

でもすごい値上がり、平日と土曜日の差がすごいですよね、来年は平日に「翠月」で行きたいです。
値段からいったら お料理もイマイチ・・・でもあの壮大な雪景色には魅せられます。

友達と年3回といっても、相手がみな違うんですよ、でもって私から誘ってるんです。

奥の樹々いいですね!和洋室しか泊まったことないので、秋には山栗に泊まってみたいですけど、
2人だと平日しか駄目みたいです。だからなかなか予約できません・・・。
春は欅がぜったいいいですね、桜の木がきれいそう~

翔月の感想がいまから楽しみです!なんたってくーさんちからは近いからすぐ行けそう、叔母さまも温泉お好きなんですね。
でも内海と聞くと、客層悪くないかしら・・・なんて心配してしまいます。

ユルネバさん、私にも返信くださったんですか!
嬉かとよ!!!

メイが「ブログなんか簡単にできるよ」なんて言うんですよ。
でもまずくーさんが先ですよねえ~

私がブログを作ったら、ちゃろちゃんさん風になってしまいますよ「このお、なんとか観音」って、あれ受けましたねえ!
わたし立ち寄り湯で行ったことあるだけに笑えました!
でも無理ですからね!つくりませんよ!!!

わたしは愛するユルネバさんのブログにコメントしたり、尊敬するユルネバさんのお役に立つだけで十分なのですから!
(ユルネバさんってホントに真面目だからおかしい・・・ねえ、くーさん)

ユルネバさん、バスタオルでも混浴恥ずかしかったら、「岩の湯」には行けませんね。
名物の洞窟風呂は混浴だし、男性専用時間帯はないですからね~

じゃあプールも駄目なのかしら?ビキニの女性の方が露出度すごいと思うけど・・・?

合鴨ちゃんに会いたくて行ったのは 「かわせみ」ですよ。
カメラを持っていたので写してばかりいて寒くて風邪をひきましたです。
2匹の合鴨は おばさんと姪なんですって、でも温泉になってからはまだ行ってないです。

わぁ、また長くなったしまった~ごめんなさ~い(汗)
by: みく * 2007/03/13 23:24 * URL [ 編集]
--ユルネバさんに代わって--

みくさん、こちらでもこんばんは。
バスタオルもビキニも30代の男には妙に刺激が強いです・・・
by: くじら * 2007/03/13 23:59 * URL [ 編集]
----

くーさん、こんばんは!
ユルネバです。

すみません、こっそりと旅行しようと思ったのですが、色々と忙しい状況
が重なり、バレバレですね(笑)
“三拍子揃った宿”、そうなんですよ! そう感じることのできる宿が
かなり揃ってきたら、“毎年この宿に宿泊する”としようと考えています。
ブログ的にはあまり面白くなく情報が少なくなるので、継続できなくなり
そうですが・・・ 
先日、温泉三昧してきました。全てのお風呂に入浴することはもちろんで
きなかったですが(笑)

では、みくさんとの会話をおたのしみください(笑)
by: ユルネバ * 2007/03/14 00:19 * URL [ 編集]
--激しく同意です!--

くじらさん、ユルネバです。

>バスタオルもビキニも30代の男には妙に刺激が強いです・・・

本当~~~~~に激しく同意します!!!!!
意識しすぎと言われようとも、意識していなくても、
刺激が強すぎて、私は何か戸惑ってしまいますよーー
by: ユルネバ * 2007/03/14 00:52 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/130-e7a6223a
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。