スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー
皆さんのおすすめ宿についての探訪記をご披露いただくスペースを設置しました。
ミスコミュニケーション防止のため、投稿規程を以下のとおり定めています。必ずご一読の上、ご利用ください。


「皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー」投稿規程
<コーナーの趣旨>
ご自身が宿泊されたおすすめ宿について、これから宿泊を検討されている方の参考材料として情報提供くださる方からの探訪記をお待ちしています。
投稿のあった探訪記に対するご質問も投稿いただけます。その場合、どのコメントに対してのご質問かがわかる形で投稿してください。
また、ご質問いただいた方はご返答いただけますようご協力お願いします。

<投稿にあたっての注意1>
コメント欄に入力の上、送信する際には、「PASS:」の欄に必ずご自身で決めたパスワードを入力の上、送信してください。コメント投稿後の内容編集の際必要になります。管理人にコメント編集の権限はありませんので、パスワードが設定されていない記事内容を変更するには、一度削除して再投稿する必要があります。

<投稿にあたっての注意2>
URLの記述はご遠慮ください。宿の公式Webサイトの場合もです。営利目的や、アダルトサイトへの誘導、その他不正使用を防止するためです。大変申し訳ありませんが、ご理解ください。

<コメントの削除について>
以下の書き込みがあった場合には、管理人の判断によりコメントを削除します。あらかじめご了承ください。
・誹謗、中傷を目的としたコメント
・広告目的や営利目的で投稿されたコメント
・URLの記述のあるコメント
・その他、コーナーの趣旨と無関係の書き込み

<投稿規程の改訂について>
コーナー活用状況に応じ、投稿規程を改訂する場合があります。

なお、当ブログでは現在アフィリエイトプログラムに参加していませんが、今後参加する可能性もあります。このコーナー設置の趣旨は情報交換の場でありますが、お寄せくださる内容の充実に伴い、ブログ訪問者増加につながる可能性もあるため、念のためお断りさせていただきました。

それでは、皆さんの“クチコミ”宿探訪記をお楽しみください。
スポンサーサイト
2007/02/05(Mon) | “クチコミ”宿探訪記コーナー | トラックバック(0) | コメント (4) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

・・・温泉山荘 だいこんの花・・・

「みくのだいこんの花探訪記」 
(2007年2月下旬宿泊)

宮城県 遠刈田温泉に3年程前にオープンした、かわいい名前のお宿「だいこんの花」は私の一番お気に入りのお宿です。

いままで紅葉、新緑、紅葉の時期に訪れ、今回は初めて冬の「だいこんの花」を訪問しました。
部屋はサンルームのある「もみじ」です。 ずっと憧れていた雪が降る中のサンルームにはなりませんでしたが
太陽の陽をいっぱい浴びたサンルームは南国のように暖かくて快適でした。

そして雪をかぶった蔵王連邦と枯れた木々の下を流れる川、どの季節より冬景色が最高でした!

人気のお宿ですから、ホームページや雑誌などでは分からないことをお話しますね。

お部屋の冷蔵庫には水とお茶が用意され、その他に希望したドリンクを持ってきていただけます。
浴衣2枚と今年から新しくなった作務衣、茶羽織 ストールコート(暖かいです)などが用意されています。
鍵は一人に一個、それぞれミニライトがついています(グッドアイデアです)
脱いだ靴にはスタッフの方が墨の匂いけし袋をそっと入れておいてくださいます。天気が悪い日の為の長靴も用意されています。
館内で履く草履は大浴場で他の人の物と間違えないような工夫がされています。
その大浴場には バスタオル、フェイスタオルがたくさん置かれています。

一番の楽しみは自然の中にある4箇所の貸し切り露天風呂ですよね!

《通り雨》眺望が素晴らしい開放感バツグンのお風呂です、どの季節も早朝がお勧めです。
《雪待ち》湯船は少し狭いけど(2人でゆったりです)川と山が近くて、私の一番好きなお風呂です。
《朝かぜ》広くてのびのび、気持ちいい!初めて宿泊した時に一番気に入ったお風呂です。
《星の林》回りは囲われているけど寝湯で楽チンなお風呂です、夜電気を消して入ると星がいっぱい見えますよ。

だいこんの花では食べる楽しみもいっぱい!

おやつタイムがあります(16時~17時)今回は母屋の囲炉裏で焼いた干し芋でした(自然の甘みがなんとも美味でした)
昨秋は畑の落ち葉で焼いた焼き芋でしたね、私は家に持ちかえって食べましたがとっても甘くて美味しかったです。

「小とりサロン」で用意された夜食は(22時~23時)おでんと暖かいお茶でした。
何故かお腹に入ってしまうんですよね(夕食が体に優しいからでしょうか?) 
山形名物玉こんにゃくだったり、お汁粉だったり・・・夏の夜食って何だろう?

「小とりサロン」では 豆からひいたコーヒー 紅茶が暖められたカップで、
それに冷水が飲めるようになっています。

チェックアウトの時には囲炉裏で炙ったかきもちとお茶、
これがまた軽くてサクサクで美味しいのです。

夕食の後のワインサービス、初夏にはお庭で朝のハーブティーと食いしん坊さんには楽しみがいっぱいです。

そして私はだいこんの花の夕食が大好きです!!!

新鮮な野菜、地野菜を使った料理は献立を見るだけではどんな物が出てくるのか分かりません、
ワクワクしながら次のお料理を待つ時間も楽しみの一つです。
献立にない料理も出てきましたよ。
野菜のおつけものも他の宿とは違います(私たちは白菜で即席漬物をつくってしまいました)

人参の赤い色なのに人参の味じゃない・・・料理長さんが上手に優しくお料理してくださいます。

野菜が苦手な人も ここのお料理を食べたら好きになるかもしれません!

デザートの時に出される、スタッフのユキさんが描いたかわいい絵も毎回楽しみです、とってもお上手ですね!

朝食はお腹ペコペコでいってください!

もうたまらなく美味しいトマトジュースとミルク、具沢山のスープ、ガーリックトースト、新鮮な生野菜に温野菜、ヨーグルトとフルーツ・・・がバイキングスタイルで、これだけで満足してしまいます。
ここにまた和食膳がでます(自家製のお豆腐、野菜入り玉子焼き、焼き魚、煮物などなど・・・です)

ホームページに支配人の「渡辺千尋さんのブログ」が始まりました。

毎日楽しみに見ています! これからもずっと だいこんの花の様子を伝えて下さいね!
「小とりサロン」のお雛様の人形が愛らしくて、カメラを持ってなかったのが残念でした。
千尋さんは 若くてとてもかわいらしい女性です。

フロントには 武田真治さんによく似たもの静かなジェントルマンもいます。

若いスタッフの方たちはみんな礼儀正しくフレンドリーで、自然で心地よい接客をしてくださいます。

ここにいると自分の別荘にいるような気持ちになってしまいます、
このまま住んでしまいたくなるのは私だけでしょうか?

今度は どの季節に、どこのお部屋で、どんな料理を楽しみに行こうかな~~?
今度こそ かわいいりすっぺや小鳥たちが見れるかな~?

「だいこんの花」はそんなふうに思わせてくれる私のベスト1のお宿です。
by: みく * 2007/02/27 14:44 * URL [ 編集]
--定山渓第一寶亭留・翠山亭--

2007年2月下旬宿泊

みくさんのように立派な探訪記は書けませんが、簡単に紹介させてもらいます。

通常の一般客室もあるのですが、口コミで評判のよい7階檜露天風呂付客室に宿泊しました。
この7階の客室に宿泊すると、同じ7階にある二つの展望露天風呂のうちどちらかを40分貸切れるそうです。(どちらになるかは選べませんでした)
また、離れの湯屋「森乃湯」も無料で入れるチケットも付いていました。
通常は有料のようですが、私達は何回でもいいと言われました。
こちらには平日の昼間に行ったので、内湯も露天も一人で貸切状態でした。(かなり気に入りました)
あがってからは、1杯ドリンクがサービスされ、
いろいろなフルーツで作った「赤のジュース」と「緑のジュース」があり、どちらも美味しかったです。

部屋の広さやタイプが何種類かあるようですが、
私は718の10畳+檜露天風呂の部屋でした。
二人で宿泊したので、ちょうど良い広さでした。
あまり部屋数があっても落ち着かない場合もあるので、
ひたすらのんびりするつもりで行った私にはちょうど良かったかもしれません。
部屋の露天ですが、窓があるため半露天と言った方が正しいかもしれません。
この時期なのでほとんど開けずに入りましたが、
湯温が42度くらいかな?でちょうどよかったです。
バスローブ、浴衣、作務衣が人数分あり、布団を敷く時にもう1組浴衣をくださいました。
バスタオルは2枚でした。
館内はどこでも浴衣か作務衣で行っていいそうで、
エステも作務衣で行きました。(私は整体でしたが)

料理ですが、宿泊している階でそれぞれ場所が違うようです。
夕食は7階は部屋食のようで、私達は2晩とも部屋で「積丹御膳」というものをいただきました。
量は私にしたら「適量」でしたが、普通の男性だったら少ないと感じるかもしれません。
やはり海の物が中心で、新鮮で美味しかったです。
普段は蟹は面倒で食べないのですが、頑張って完食しました。
1泊目の食前酒の白ワインがとても飲みやすかったです。 
朝食は個室食事処でいただきました。
こちらは量が多かったです。
前日の夕食時に翌朝の干物を聞かれ鮭、鰊、ほっけから選びました。
どれもとても美味しかったです。
6階と7階の宿泊者は、朝食後に6階のラウンジでコーヒー、紅茶とクロワッサン等のサービスがあります。
これがパンがサクサクで美味しいんですよ。
口コミにもこれが結構書かれていたので、楽しみにしていたのですが、期待通りでした。
このラウンジでは夜もお酒等がサービスになっていました。(種類は少なかったです)

エステですが、館内にあるエステは女性限定のようですね。
私は別館の翠蝶館で整体をやってもらいました。
なにせ首のヘルニアと腰が悪いので、体がガチガチなんです。
当然女性しかいなくて、私一人だけ男性だったので小さくなっていました。
こちらのエステはアド街でも紹介されていましたね。
送迎は車でしてもらいましたが、帰りは光岡自動車のガリューでした。
滅多なことじゃ乗らない車だったので、ちょっと嬉しかったりしました。

バーもリニューアルしたそうで、こちらもワンドリンクサービスのチケットがあって、2晩とも1杯だけ飲みました。
直径5メートルの円形石テーブルがあるのですが、
なかなか雰囲気がよかったです。

これで1泊25000円くらいだったと思うのですが、
全体的によかったと思います。
スタッフの方の対応もよく、いつも笑顔で親切な対応だったと思います。
静かなところでゆっくりすることが目的だったので、
とても満足できました。

と、こんな感じでいかがでしょうか?
大雑把な説明で申し訳ありません。
by: くじら * 2007/03/06 19:00 * URL [ 編集]
--食事本位で行くならば--

宿の設備とか泉質云々は別としてください・・・

河津の八重垣の詳細千切り葱と鮮魚の蒸し物
奥山田温泉満山荘 牛乳豆腐と生湯葉
四万温泉のくれないのすっぽんコース
が良かったです

岩の湯やしおり絵も宿泊したのですが
それなりには美味しかったと思うのですが、
数日後にあの料理がまた食べたい!
と思うような印象の強い名物料理、
風土感が無かった気がいたしまして・・・
m(__)m
ただ好みの問題です ハイ
by: ニャーニャーニャー * 2007/03/12 17:02 * URL [ 編集]
--はじめまして!--

ニャーニャーニャさん、はじめまして!
ユルネバです。
早速返信が遅くなりすみません(汗)

まず、口コミ情報ありがとうございます!
こちらに返信はしないことにしていたのですが、
今回はお許しを。実は妻が“満山荘”に行きたい
と言っているもので・・・ 
口コミ探訪記の1読者としてもこちらに書きたい
と思いまして。

宿の設備、泉質は別としてとのことですが、
満山荘はトータルで良いような気がしています。
若い方がオーナーでしたっけ?
あのロビーにある椅子などセンスが良い感じが
しますし、露天風呂なども非常に魅力的です!
そして料理が良いとなれば、是非行ってみたい
と思いました。

ただ1つ気になっているのが、アクセスというか
道路なんです。私は車の運転にあまり自信がない
ので、躊躇しています。
そこまで悪い道ではないのでしょうか?

岩の湯は行ったことがまだないので、何とも言え
ないのですが、しおり絵は「信州の和牛の蕗味噌焼」
と、“ごはん類”はもう一度食べたいと思いました。
確かに「印象の強い名物料理」という意味では印象
はそこまで強くないですね~
風土感という意味では、和牛は信州のものなので、
地の物だと思うのですが、ごはん類はどうだったか
すみません、覚えていません。

実は探訪記を書く時に、むずかしいなぁ~と思って
いるのが食事なんですよ・・・
本当に好みがあると思うので・・・ 
もちろん、部屋、露天風呂、パブリックスペース等
宿の雰囲気なども好みがあると思います。
ただそれは写真をみてもらって、「ユルネバはそう
感じているけど、私は・・・」といったように、読者の
方ご自身の感覚で主観的に判断できると思います。
しかし、食事の場合写真で美味しそうに見えても、
実際食べてみると、「ユルネバが美味しいと言って
いたけど・・・」と一番なりうる部分だと思っているの
です。味覚って何気に人によって違いますからね・・・

ニャーニャーニャさんがおっしゃるように、本当に
好みの問題があるので、写真で味は伝えられないの
で難しいです。
例えば、みくさんは薄味が好きということなので、
私は結構美味しいのではと思っても、駄目な可能性
がある・・・ 料理に関しては、色々な人のブログや
サイトの口コミ情報を参考にしてもらうしか方法が
ないのかもしれませんね。
なので、このように色々と情報をいただけると、
本当にありがたいです。

これからもよろしくお願いします。
by: ユルネバ * 2007/03/13 22:37 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/124-51f0d3d0
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。