スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
平山温泉 ほたるの長屋 探訪記その2
まず、「ほたるの長屋」の離れ2つ、それぞれのコンセプトについて記述しておきます。

「有為の奥山」(大きい離れ):「親孝行のための家」
「羅しゅう」(小さい離れ):「恋人たちの庵」

このコンセプトは宿の方に聞いたわけではありませんが、雑誌と本に同じことがかいてあり、両方とも女将さんにインタビューしているので確かな情報と思います。

私達が宿泊した「有為の奥山」には3部屋あるのですが、本日はその中の「居間」についてリポートします。玄関からすぐのところに居間はあります。

では、玄関からみた居間の写真を。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」


和風でも、和風モダンでも、古民家風でもありません。あえて言うなら、少しアジアンテイストがする感じとでも言うのでしょうか。
玄関に入って直ぐには感じなかったのですが、部屋で過ごすうちにそう感じました。居間にもある地紋ガラスによる印象かもしれません。

では、居間の写真を角度を少しずつ変えて3枚続けてアップします。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」

ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」

ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」


テーブルが大きく存在感があり、写真でみると狭く感じるかもしれません。しかし、皆でテーブルを囲んで会話をしたり、食事をしたりすることを念頭に置いてこの大きさのテーブルが置かれているのだと思います。寝る時は他の2つの部屋に行けば普通に(7人だとゆったりとまではいかないが)寝ることができます(次回リポートします)。そして、温泉があります。内湯と露天風呂が別々にあって、2世帯にはうれしいつくりになっています。なにせこちらの部屋のコンセプトは「親孝行のための家」です。普段中々話せない会話も弾む良い雰囲気がこの居間にはあると、私は思いました。
※「羅しゅう」の内湯と露天はつながったつくりになっています。

この居間は光の入り方で、朝になるとまた少し違った雰囲気になります。
その朝の写真を2枚続けて。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」

ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」


やはり、この部屋の顔は“ガラス”なのかと思いました。このガラスが普通のガラスだったら、このような雰囲気はでないと思うのです。

そして、こちらの居間には女将さんのコレクションであるグラス等がディスプレイされています。その飾り棚の写真を角度を変えて2枚続けて。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」 飾り棚

ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」 飾り棚


玄関のガラス同様、こちらのガラスも光によって違った表情をみせてくれます。素晴らしいガラスだと思います。

夜はこんな感じです。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」 飾り棚


夜は、蛍光灯でなくても部屋の明かりでガラスの良さがわかりづらくなってしまいますが、これは仕方がないですね~

では、先程記述した飾り棚にあるグラスやカップ類の一部の写真をまとめて。
ほたるの長屋 「有為の奥山」 グラス・カップ類


これは女将さんのコレクションらしいのですが、ディスプレイされているものは宿泊中、自由に使用して良いそうです。最初は割ってしまうのが怖くて恐る恐る使用していましたが… 部屋付露天でビールを飲むのに使っても良し、朝コーヒーを飲むのに使っても良し、そのうち次はどれを使おうかな~と楽しくなっていました!

最後にテーブルにディスプレイされていたものを。
ほたるの長屋 部屋 「有為の奥山」 テーブルの飾り


草もの盆栽です。岩と苔がいい味出してます。この盆栽に水をたっぷり含ませることで、部屋の乾燥を防ぐ目的もあるようです。そんなちょっとした気遣いがまたうれしいですね。

次回は寝室についてリポートします。


-----以下 2007年3月4日追記 -----

※『ほたるの長屋』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。

外観と部屋の玄関(入口)等(探訪記1へ)

寝室について(探訪記3へ)

部屋(居間)にある備品類について(探訪記4へ)

洗面とアメニティについて(探訪記5へ)

家族風呂について(探訪記6へ)

部屋付内湯について(探訪記7へ)

部屋付露天風呂について(探訪記8へ)

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)

ほたるの長屋 探訪記まとめへ
スポンサーサイト
2007/02/11(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (6) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんばんは。
このガラス、黄色がいいですね。
ホントに光が当たった時がいい色です。
カップやグラスは、どれを使うか楽しみになったということなので、
それならこれだけ置いてあってもいいですね。
それでなくて、ただこれみよがしに置かれているだけだったら
私は迷惑だなと思いましたけど。
一つ一つはいいなあと思いました。

盆栽ですが、こういうの部屋に置きたいです。
by: * 2007/02/12 19:31 * URL [ 編集]
----

こんばんは!ユルネバです。
ガラスの件、コメントをいただけるとは・・・ くじらさんですね!?

そうなんですよ、この黄色というか橙色というか・・・
とにかく光によって違う表情を見せてくれて!!
これから、洗面や内湯のガラス(写真でうまく撮れていないものもある
のですが・・・)も登場します。これらもまた良いんですよ!!

あと気付かなかったのですが、
>ただこれみよがしに置かれているだけだったら
>私は迷惑だなと思いましたけど。

確かに使用できなかったら、スペース的にも、気を使うという意味でも、
迷惑かもしれないですね(笑)

部屋に植物を置いているのですが、盆栽も良さそうですね。
by: ユルネバ * 2007/02/12 20:43 * URL [ 編集]
--いけね--

ユルネバさん、申し訳ありません。
名前を書き忘れました。
さっきは黄色と書きましたが、確かに光の具合によっては橙色にも見えてますね。
この微妙な加減がなおいいですよね!
他のガラスにも期待しちゃいます。

カップとかのことは、使用できなかったら変に気を使っちゃって困るなあと思ったんです。
by: くじら * 2007/02/12 21:20 * URL [ 編集]
--いえいえ--

くじらさん、こんばんは!
ユルネバです。

名前の件、全然OKです。私はくじらさんと直ぐわかりましたので(笑)

ガラスの色なのですが・・・ そうなんですよ~黄色とも橙色とも・・・
何と言って良いかわからないのですが・・・ とにかくくじらさんの
おっしゃるとおり、その微妙な感じが良いんだと思います。

他のガラスは派手に立派なものあり、地味に良いものありと、私は素晴ら
しいと思うガラスがいっぱいありました。
徐々に出てきますのでご期待ください!!

カップとかのことですが、私も同意見ですよ~~
すみまんせん、いつもうまく伝えられず・・・
多分、使用できず飾られているだけなら、
その近辺には近づかないと思います(笑)
by: ユルネバ * 2007/02/13 00:36 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、こんにちは!
篭るは篭るでも仕事で行っておりました。
飛行機が好きなユルネバさんがうらやまし~~い!

えっ!なんとほたるの長屋がアップされているではないですか~!それも当初の予定を変更してあり合わせてもらえたのでしょうか。本当にありがとうございます♪

玄関と部屋に板ガラスが使われていることで部屋の空間もより魅力的にアップされてとてもよい味わいを出している感じがします。光の具合で微妙に違って見えるのもいいですね。
このステンドグラスは多分輸入品なのでは?間違っていたらごめんなさい!なにげない盆栽もホッとしていいです。

女将さんのコレクションでもあるグラス等が部屋にディスプレイされているのも素敵!です。自由に使用できるようになっているところが又いいですね~。
九州の各地の焼き物が置かれているようですが?見て楽しめ飲んで楽しめ・・・さっそく部屋露天でビール飲んだら最高に気持ちよさそう♪あ~ユルネバさんはサイダーだったのですね(笑)

探訪期3の寝室からの田園風景と寝ながら見える目線に合わせた造りがなんともいいですね~。
掛け布団?が半分に折ってある旅館はたま~にしかお目にかかることはないですが良い感じですよね
寝室の雰囲気も気に入りました。HP等では分からない雰囲気が伝わってきてとても参考になっています

ユルネバさんは黒川温泉に行かれるのですか。良い宿がありましたらご紹介くださいね。九州はよさそうな宿が多くハマってしまいそうです(笑)

都わすれ、前より行きたい気持ちが増して次回の東北旅行時に予定しています。候補の宿はみなさんのおっしゃる通りの感想と同じなのでしばらくはおあずけになりそうです。福泉の景観はそそられますね。
泊まるとしたら改装後になりそうです。

私も名古屋と聞いて反応してしまいました。
もともと住んでいた所で今は電車で30分ぐらいの所に住んでいます。みくさんが住んでみえる知多ではないですが知多方面は海でよくいきましたよ。みくさんと同じ県だったのですね~

家族の中で中日と巨人ファンで分かれています。中×巨戦のときは大変です(笑)

ほたるの長屋、引き続き楽しみにしています。ユルネバさんのペースで無理なく更新していって下さい感謝です。
by: くー * 2007/02/13 13:00 * URL [ 編集]
----

くーさん、こんばんは!ユルネバです。
お篭りはプライベートでなく、お仕事だったんですね~。ご多忙な日々が続かれているようですが、無理なさらぬようご自愛ください。

「ほたるの長屋」探訪記ですが、折角レポするならお役に立てる方が嬉しいですし、私自身も大変気に行った宿だったので、早くみなさんに紹介したい気持ちもあり、当初の予定を変更してアップしております。
といっても相変わらずスローペース気味ですが、くーさんの旅立ちには間に合うよう(笑)まとめまで頑張ります。

ステンドグラスはご指摘のとおり、輸入品だそうです。雑誌によるとインドネシアからの取り寄せのようです。とにかくこのガラスの雰囲気がとても良く気に入ったので、この後の探訪記でもまだまだステンドグラスが登場します(笑)懲りずにお付き合いください。

グラスが自由に選べると、ついつい飲み物もすすみます!といっても私の場合、ジュース類ですね(笑)また後ほどの記事でご紹介しますが、部屋露天に好きなときに好きなグラスを持ち込んで好きな飲み物を楽しめる…というのがまた楽しいんですよ!

黒川温泉は人気の温泉地だけに、大浴場が混雑しているのでは?というのが気がかりなんですが、おそらくそんなことを行っていたら黒川温泉に行くことはできないでしょうから(笑)、雰囲気だけでも楽しんできたいと思っています。
九州は宿の相場が違う感じがしますね~。雑誌をチェックしていると「こんな宿泊料金でいいの!?」という所が結構ある気がします。以前は、交通費がかかるところを避けていたのですが、九州はコスパの良い宿天国ではないか??と気付きはじめてから、九州方面ばかり目が行ってしまっています。

都わすれ、くーさんもついに訪問されるのですね!先日都わすれに宿泊されたばかりのみくさんが、ご自身のご感想を寄せてくださるとのことですで、私も楽しみに待っているところです。
福泉も狙い面は改装後ですね。くーさんからも、みくさんからも、たくさん貴重な情報をいただき感謝、感謝!です。
くーさんもみくさんも中部地区のお住まい、またはご出身ということで、宿通のみなさんは中部地方に集中しているのではないか?という仮説を立ててみました。日本国内を旅して廻るのに良いポジションですよね~。という訳で(どんな訳だ?)、またまたいろいろと教えてください!
by: ユルネバ * 2007/02/13 23:27 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/119-b4c54a2c
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。