スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
夏瀬温泉 都わすれ 探訪記その4
本日は部屋(和室)についてリポートします。
都わすれには特別室「瀬音」(書き物机付きの和室+ベッドルーム)、和洋室「月うさぎ」、和室の「唐くれない」(文机付き)・「雛ざくら」・「華あかり」・「しらね葵」、洋室の「木漏れ日」「川霧」と計8室あります。全ての部屋に露天風呂が付いています。

私達は「唐くれない」に宿泊しました。
都わすれ 部屋「唐くれない」鍵


都わすれに宿泊するなら特別室か和室と思っていました。中々行けないと思い、特別室に宿泊したかったのですが既に予約が入っていたため、諦めました。そこで、和室の中で1つだけ雰囲気の違う「唐くれない」にしてみました。

では部屋の写真を角度を変えて3枚。
都わすれ 部屋「唐くれない」

都わすれ 部屋「唐くれない」

都わすれ 部屋「唐くれない」


公式Webサイトで見るより狭く感じましたが、2~3人なら十分な広さです。和室のセンスは中々良いと思いました。以前は洋風の椅子がこの部屋には置かれていたようですが、文机に変わっていました。以前の写真と比較すると、こちらの方がよりセンス良くまとまった感じがしました。窓からは山と少しだけ川が見えて、非常に癒される空間となっています。ちなみに一番下の写真の左側に見えるのが部屋付露天風呂です。
ただ、こちらのお部屋だけか他のお部屋もかわかりませんが、悪い点もありました。それは、廊下の音がかなり部屋に響いてくることです。
子供が走っている足音と声がかなり響いてきました。宿泊時は、正直言うと部屋の造りより、親に疑問を感じましたが…最初は元気な子供だな~と、楽しんでいることを微笑ましく思っていました。ただ20往復くらい走られると、“少しは注意しなされ”と突っ込みを入れたくなりまして…。と、話がずれましたが、音が響いてくることは確かなので。

部屋に飾られているものでいうと
都わすれ 部屋「唐くれない」


このようなものがあり、部屋の雰囲気にあった感じがしました。先の探訪記でパブリックスペースについて統一感に欠ける部分が…と記述しました。それは部屋は統一感があるのになぜ?という疑問もあってのことです。またこれも私の好みになりますが、写真でみると洋室もあまり統一感があるように感じません。ただ、私が宿泊した際に洋室に宿泊された方が、次回の予約でまた洋室を選択されていたので、本当に好みなのでしょう。良い悪いと書きたいのではなく、あくまで私の感じたことですので、宿泊される前には「貸切温泉どっとこむ」で部屋の写真を確認されると良いでしょう。

また写真をみてください。
都わすれ 部屋「唐くれない」


先程の写真とほとんど同じものですが、「唐くれない」だけ他の和室と違うところが、文机以外にもあります。それは天井とドアなどの色が濃いということです。他の和室は、ナチュラルな白木風色合いになっています。それを見てもらいたく、アップしました。わかり辛いかもしれないですが…

では、「唐くれない」の特徴でもある文机の写真を。
都わすれ 部屋「唐くれない」 文机


これが足が“シュポ”と収まる感じがして、落着く空間でした。部屋に置いてある雑誌を読んだり、眺望を楽しんだりとここに座ると非常に落着きました。

また、この文机は動きます。
都わすれ 部屋「唐くれない」文机


座った方にスライドできるのです!結構これはうれしかったですね~。
ちょっとメモをとったりするのに。

一応部屋の夜の雰囲気を。布団が敷かれる前と後です。
都わすれ 部屋「唐くれない」夜

都わすれ 部屋「唐くれない」夜 布団が敷かれた時


この布団がフワフワで気持良かった~!那須の雪月花の布団も凄い気持良かったのですが、こちらもフワフワ度がかなりあって、私は好きでした。

次回は部屋の洗面やアメニティについてリポートします。


-----以下 2007年2月4日追記 -----

※『都わすれ』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。


宿の外観(外側)と周辺(探訪記1へ)

宿の外観・中庭(探訪記2へ)

宿の内部(パブリックスペース等)(探訪記3へ)

洗面やアメニティー(探訪記5へ)

共同浴場について(探訪記6へ)

露天風呂「夏瀬の湯っこ」について(探訪記7へ)

部屋付露天風呂について(探訪記8へ)

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)


スポンサーサイト
2007/01/14(Sun) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (6) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんばんは!

文机やっぱりいい雰囲気だしまくりですね~!!
しかも掘り炬燵のように足を入れられるんですね~。
これはHP等を見ても全く分かりませんでしたので非常に参考になりました!

窓から見える景色もほんのり木々が色づいて綺麗ですね。
今なら綺麗な雪景色でしょうか(*´д`*)

それと一点、質問させて下さい。
布団はやはり朝食中に片付けられてしまうんでしょうか?
(朝食後もお風呂に入って布団でうだうだするのがすきなもんで・・・w)

p.s.
トップの写真、冬バージョンに変わってますね!
僕のストライクゾーンど真ん中の絶景ですが、これはどこの温泉でしょうか?
気になります!
by: ハマー * 2007/01/14 19:34 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、こんばんは。
洋室の写真はまだネットで見ていないですが、
こちらの部屋は落ち着きそうですね!
私はまだほんの数ヶ所しか行ったことがなくて、
他と比べたりすることができないのですが、
布団が気持ちよさそうです。
by: くじら * 2007/01/14 21:30 * URL [ 編集]
----

ハマーさん、こんばんは!
ユルネバです。

そうなんです!文机、良い雰囲気でした。高級感があるわけではないのですが、私は気にいって押したり引いたりしていました。
確かにこの掘り炬燵式が重要だったと思います。正座が少々苦手ということもあり・・・
景色ですが、やはり部屋からよりも露天からみるともっと良かったです。後日リポしますね。

布団の件ですが、確か朝食時に片付けるか、そのままにするか聞かれました。私達ももちろんそのままでとお願いしました。ハマーさんと同様、朝食+入浴+うだうだ派なので。希望を聞いてくれるのはうれしいですよね~

トップの写真、気付いてくださってありがとうございます!
こちらは「熊本県 奥満願寺温泉 旅館藤もと」さんの大浴場の露天風呂です。(公式Webサイト-http://fuji-moto.com/)
ちなみに、丁度ハマーさんと雪見風呂の話をした後に宿泊した宿なんですよ。
まさか雪見風呂が経験できると思っていなかったのですが、思いがけず体験することができうれしかったです。川沿いに建つ宿なので、お勧めできる宿です。後日リポしますので、これまたよろしくお願いします。
by: ユルネバ * 2007/01/14 23:25 * URL [ 編集]
----

くじらさん、こんばんは!
ユルネバです。

「唐くれない」は結構落着くことのできるお部屋だと思います。他の和室の雰囲気も中々かと。
洋室も素敵だと言っている人がいますし、これは好みですね~。
ただ都わすれのお部屋で1番素晴らしいのは、やはり露天風呂かと。泉質と眺め、私は凄い好きな雰囲気でした。正直私の写真でどこまでリポできるか、少々不安なのですが・・・。奥行きといいますか、広がりというのか、それが私の写真で伝わるかが心配です。かなり撮影が難しかったです。
後日アップする探訪記を見てくださるとありがたいです。

あと布団ですが、フカフカ派の私としてはたまりませんでした。フカフカ派の人ならご満足されるのでは、と思います。
by: ユルネバ * 2007/01/14 23:41 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、こんばんは!

早速お返事ありがとうございます。
布団は片付けるかどうか確認して下さるんですね!
それはgood newsです!
布団を片付けられると朝食後うだうだ出来ない上に、
綺麗になった寒々しい和室を見ると、なんだか早く帰れと促されているようで非常に侘しい感じになるんですよね~w

トップの絵は九州の温泉だったんですね。
HP早速見させて頂きましたが、かなり(・∀・)イイ!!感じですね~。
大浴場の露天が素晴らしすぎますっ!
それと離れに付いている内風呂も気になりますね~。

九州、僕も数年前の年末に旅行した時に、黒川温泉付近は雪が若干積もっていて驚いた記憶があります。
九州なんか絶対積雪しないという偏見があったんですが、九州の懐の深さを感じた一瞬でした。
by: ハマー * 2007/01/15 23:17 * URL [ 編集]
----

ハマーさん、こんばんは!ユルネバです。

朝食後、布団が片付けられていると、座布団を枕に
無理やりゴロゴロしてしまいます。
その姿は、波打ち際に打ち上げられた魚のようですが…

藤もとの大浴場は自然と一体になれる感じでよかったですよ~
季節が変わるごとに風景を楽しみに行きたい宿だと思いました。
ちなみに離れは大人数用とのことで、2人だと指定できないような感じでした。
でも、客室8部屋に対し4つの家族風呂+大浴場2つ、ですから
必ずどこかの風呂は貸切で入れると思います。

雪は本当に予想外でしたが、黒川のあたりは標高が高いそうで、まあまあ降るみたいですね。

実は私も九州には積雪しないという偏見をもっていました。積雪した九州、中々良かったです!!

これから九州にハマってしまいそうで、交通費のことを考えると・・・、やはり近郊の温泉地と比較するとかなりかかりますので。回数を減らして九州に行くか、回数を減らさず近郊をせめるか、悩むところです。
by: ユルネバ * 2007/01/16 00:05 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/107-45fcc2e8
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。