FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント (-) | page top↑
夏瀬温泉 都わすれ 探訪記その2
本日は宿の外観(中庭?)についてリポートします。

では早速、写真を見てください。
都わすれ 中庭(午後)


正面に見えるのは食事処のある建物です。やはり、建物は広大な自然に溶け込むような色合いで好感が持てます。そして、中庭には洋風の物(ハンモック、ベンチ、ブランコなど)があちらこちらに置かれているのですが、あまり違和感がありません。これも青銅のような色合いと緑を基調としているからでしょうか。

では、ちょっと別の角度からの写真です。
都わすれ 中庭(午後)


真ん中やや右にあるのが、日帰り入浴客を対象につくられたと考えられる出入口です。右側にあるのが、宿泊棟です。
その場にいる時には感じなかったことですが、木々の配置もよく考えられているのかなと写真をみて思いました。宿の名称にもあるように、都を忘れて、自然の中に身をおいてリラックスしてくださいと言われているかのような雰囲気が感じられました。

反対側に目をやると、
都わすれ 中庭(午後)


真ん中よりやや右にあるのが共同浴場の建物で、左側は宿泊棟が続いてあります。そして、共同浴場の建物の右手に露天風呂があります。

では、その共同浴場の建物を正面から。
都わすれ 中庭-共同浴場(午後)


共同浴場の建物は木の温か味を活かしたつくりになっています。

その建物の前を素朴に飾っているのが、
都わすれ 中庭-共同浴場の飾り(午後)


笠です。ちょっとしたことですが、こういったものが雰囲気を変えるのでしょうね。

では、夕方の雰囲気を一枚。
都わすれ 中庭(夕方)


天気が良いと、周りを山に囲まれた中にポコッと空が広がり、月や星を眺めることができます。

最後に朝の写真を。
都わすれ 中庭(朝)


夜から早朝まで雨が降っていたこともあり、ちょっと霧がかかるような雰囲気でした。これも中々良かったです。

次回は宿の内部(パブリックスペース等)についてリポートします。


-----以下 2007年2月4日追記 -----

※『都わすれ』その他の探訪記リンクは下記からどうぞ。


宿の外観(外側)と周辺(探訪記1へ)

宿の内部(パブリックスペース等)(探訪記3へ)

和室について(探訪記4へ)

洗面やアメニティー(探訪記5へ)

共同浴場について(探訪記6へ)

露天風呂「夏瀬の湯っこ」について(探訪記7へ)

部屋付露天風呂について(探訪記8へ)

夕食について(探訪記9へ)

朝食について(探訪記10へ)

この宿のうれしかった点について(探訪記11へ)


スポンサーサイト
2007/01/10(Wed) | 探訪記 | トラックバック(0) | コメント (10) | page top↑
ゆるり温泉宿探訪コメント
コメント     【コメント投稿する方はこちら(←クリック)】
----

ユルネバさん、こんばんは。
いい雰囲気ですね。
こういうところで日帰り入浴もやっているところがちょっと気になりますが、それ以外はとてもいい感じです。
次のアップも期待しています。
by: くじら * 2007/01/10 22:53 * URL [ 編集]
----

くじらさん、こんばんは!!
ユルネバです。

この外観までは統一感があって良いのですが・・・
宿の内部には少々統一感に欠ける部分があるのですよ~。探訪記3(今書いている最中です)で詳細をリポします。
しかし、この日帰り入浴は宿泊者にとっては時間をもう少し制限してくれたらな~という感じでした。
チェックインを14時にしてくれていることがそう感じさせているわけではないです。
共同浴場が小さいのに多くのお客さんが来ていて、かつ日帰りの終了時間が遅いのですよ。結果として、日帰り入浴を受け付けている時間帯は、共同浴場がずっと混んでいることになってしまいます。
平日はもしかしたら気にならない程度なのかもしれませんが・・・日帰りを受け入れる体制が整っていないと言うべきかもしれません。

記事のアップはアップアップしながらも楽しく頑張ります(笑)探訪記5くらいから遅くなるかもしれませんが・・・

追伸
新しい生活にはもう慣れましたか。
変化が色々あると体調を崩しやすいと思いますので、気をつけてくださいね。
by: ユルネバ * 2007/01/10 23:59 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、こんばんは。
アップ頑張って下さいね(笑)
日帰り入浴は、やはりそれなりの態勢が整っていないと厳しいかもしれませんね。
新生活は慣れてきたところですが、毎日残業しているのもあって疲れがたまっています。
なので、早く温泉に行ってのんびりしたいですね。
ところで、秋山が失格になりましたね。
クリーム塗ってたなんて、柔道時代から前科がある選手ですから、
FEGが折り合いをつけてごまかした感じがしてすっきりしないです。
桜庭本人も納得していないようですし。
思いがけず大問題になったので、仕方なく失格にした印象です。
by: くじら * 2007/01/11 23:38 * URL [ 編集]
----

くじらさん、こんばんは。
ユルネバです。アップ頑張りまする(笑)

疲れが取れるよう、早く温泉に行ってのんびりしてください。新生活と残業のコンビネーションはキツイですから、本当に体調には十分気をつけてくださいね。

秋山vs桜庭は正直どちらも好きな選手なのでどちらが勝っても良いと思っていました。当初桜庭が打撃系で行ったのは意外でしたが・・・
だからこそスッキリした勝負を期待していたので、残念な結果になってしまいました。
桜庭が抗議したり、試合後にあのような発言をすることもめずらしいので、ビックリはしていたのですが・・・。

桜庭は昔のように戻れるのでしょうか。あのような空気感を持った選手は本当に貴重だと思いますので。
個人的には再戦を期待しています。

ちなみにこの大会では、須藤元気の引退がショックでした。
by: ユルネバ * 2007/01/12 00:37 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、おはようございます。
日帰り入浴は、自分が利用する時はあまり気にしないのですが、
宿泊する側になるとちょっと気になりますね。
我が儘はいけませんね(笑)
話がまたそれますが、
秋山の問題は徹底的にやって欲しかったです。
プロモーターが売り出したい選手だから期待はしてなかったですけど…
一度や二度じゃないですからね。
今回は桜庭が相手だったからうやむやにすることが出来なかっただけで、これからもやっていくんでしょう。
柔道時代のことは堂々とジャンクスポーツで話してたくらいですから。
しかし桜庭はもう危ないと思いますね。
話し方とか時々おかしいし。
残念ですが、引き際をうまく用意してあげてもらいたいです。
須藤元気は首のヘルニアがよくないみたいですし、
芸能活動とかに向いてるんじゃないですか?
偶然にも同じ首のヘルニア仲間なので少しは状況が分かります。
キツいんですよ…
by: くじら * 2007/01/13 10:01 * URL [ 編集]
----

くじらさん、こんにちは。
ユルネバです。

日帰り入浴ですが、これまで自分もあまり気にしたことがなかったのですよ。自分が日帰りで利用する場合も、宿泊する場合も。都わすれの場合はキャパに対して人気が凄いといいますか・・・圧倒されまして。私が我が儘なのかも(笑)

秋山のことは勉強不足でした・・・。
柔道時代の頑張っていたシーンなど良い部分しかみていなかったのですね。色々な逆境をはねのけてきたところにちょっと感動していまして。
強いことは確かなんですよね?だったら素のままでいって欲しいですね~。様々な意味で。マスコミの演出はうっとうしい時がありますので。

桜庭については頑張って欲しい反面、私も“引き際をうまく用意してあげて欲しい”と考えていました。これまでの格闘技の人気に重要な足跡を残していることは誰も認めるでしょうから。う~ん、でももう少し頑張って欲しいですねと、こういうファンや主催者等が引き際を難しくしてしまうんでしょうけど。

須藤元気は、立ち技の睨み合いから、突然寝技に入るシーンを見てからファンになったのですが、怪我がそこまで酷かったとは知らなかったので・・・
確かに芸能活動に向いているので、これからの活躍に期待しています。

首のヘルニアってキツそうですね。私は腰がヘルニア気味なのですが、洗い物をしているだけで辛くなるので・・・。
日常生活にかなり影響がありそうな気がするので、お大事になさってください。
by: ユルネバ * 2007/01/13 17:30 * URL [ 編集]
----

ユルネバさん、はじめまして。
 夏瀬温泉の出身(いまは横浜在住)の純べと申します。 
 夏瀬温泉は中学校の頃に行ったっきりだったかな。古い木造の宿でした。
 で、家族で帰省するようになった頃には閉鎖されていましたが、おととしぐらいに乳頭温泉「妙の湯」さんによって再建されています。

 実は完成したころから帰省できていないので、時々検索して「夏瀬温泉入浴記」を探して楽しんでいるしだいです。
 今年の夏には久しぶりに帰省します。

我が家の近くなんで宿泊することはなく「ちょっとジャマな日帰り客」になってしまうますが、このブログを見て、さらに楽しみが増えました。

カミさんは帰省の度に「玉川温泉」「乳頭温泉」など温泉三昧です。

 今年の夏は楽しみが増えます。
by: 純べ * 2007/01/13 20:58 * URL [ 編集]
----

純べさん、はじめまして!!
ユルネバです。

そう、「妙の湯」さんによって再建されたというのが宿泊する契機になったのですよ。それは、国際人流(第231号)という雑誌を妻が見て、女将さんの夏瀬温泉にもう1度宿を建てる際の“心”、“方針”に感動して宿泊することにしたのです。

ジャマなんてとんでもないです!!これは共同浴場のキャパと受入れるお客さんの人数のバランスに問題があるということですので・・・。
あの泉質の良さを考えると、日帰り入浴をしたいと考える人が多いのは当然だと思いますので。

やはり昔から泉質が良かったのですか?少し硫黄の香がして本当に気持良かったです。

また奥さんの温泉三昧は非常にうらやましいです。

ちなみに都わすれに日帰りで行かれる時は、“夏瀬の湯っこ(露天風呂)”の入浴時間を確認されることをお勧めします。
私達が行った時は、16時を境に男女の浴場が入れ替わるとのことでした。
15時ごろ日帰りに来ていたご家族で、お父さんが
先に風呂から上がって中庭で待っていたところ
まだ入浴中の奥さんと娘さんが露天風呂の塀越しに「パパー!」と顔を出し
お父さんが「なんだ、そっちは露天風呂があるのか!」
と、うらやましそうにしていた姿が印象的でした。
by: ユルネバ * 2007/01/13 22:53 * URL [ 編集]
----

ヘルニア仲間のユルネバさん、また共通点が増えましたね(笑)
腰は私も中学時代から悩まされています。
去年から首のヘルニアが加わって非常につらいところです。
ユルネバさんは何か腰の治療はされていますか?
あまりに長い付き合いなのであきらめていたのですが、
最近いい方法がないかと考えるようになってきたんです。
一時期整体にも通っていたんですが…
お互いに悪化はさせたくないですよねぇ。
by: くじら * 2007/01/14 21:40 * URL [ 編集]
----

何かと共通点の多いくじらさん、こんばんは!
ユルネバです。

ハマーさんとも結構共通点が多いのですが、何かと共通点が多いとうれしくなってしまう私です。

実は座って長時間仕事をすることが結構キツイので、意味もなく立って仕事をしたりすることもあります。不審者ですね。
私もあきらめています。手術しかないのかなぁ~と。引っぱってもらったりしてもその場だけで・・・。

本当に、お互い悪化させたくないですよねぇ~。
これから雨になるという日には、腰の痛みでわかるユルネバです。つらいですね~~。
by: ユルネバ * 2007/01/14 23:51 * URL [ 編集]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

ゆるり温泉宿探訪トラックバック
トラックバック
トラックバックURL
→http://yururionsen.blog52.fc2.com/tb.php/105-3355b416
前のページ ホームに戻る  次のページ
【これまでの探訪記】
<評価マークとおすすめ度>
☆=ハイコストパフォーマンスで是非おすすめ/★=◎の中でも特にお気に入り
◎=総合的におすすめ/□=条件付の◎
●=◎と○で迷った宿(ホスピタリティは文句なく◎)
■=◎と○で迷った宿/◇=私は◎、妻は○の宿/◆=妻は◎、私は○の宿
○=もう一歩で◎/△=部分的におすすめ

あせび野探訪記へ
あせび野〔◎〕
(探訪記へ)
積善館の探訪記へ
積善館〔◎〕
(探訪記へ)
無双庵枇杷探訪記へ
無双庵枇杷〔△〕
(探訪記へ)
たてしな薫風探訪記まとめへ
たてしな薫風〔△〕
(探訪記まとめへ)
芳泉荘探訪記へ
芳泉荘〔○〕
(探訪記へ)
せきや探訪記まとめへ
せきや〔●〕
(探訪記まとめへ)
栗駒山荘探訪記まとめへ
栗駒山荘〔◎〕
(探訪記まとめへ)
花木の宿探訪記まとめへ
花木の宿〔◎〕
(探訪記まとめへ)
しおり絵探訪記まとめへ
しおり絵〔◎〕
(探訪記まとめへ)
もずも探訪記まとめへ
もずも〔◇〕
(探訪記まとめへ)
都わすれ探訪記まとめへ
都わすれ〔■〕
(探訪記まとめへ)
ほたるの長屋探訪記まとめへ
ほたるの長屋〔☆〕
(探訪記まとめへ)
藤もと探訪記まとめへ
藤もと〔★〕
(探訪記まとめへ)
【皆さんからの“クチコミ”宿探訪記コーナー】はこちらへ
※コメント欄に皆さんからの探訪記を投稿いただいています。
(試験運用中)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。